編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

「LINE FX」、ローンチから約8か月で口座開設数10万口座突破!2020年3月~9月における新規口座開設数は業界No1*に

LINE株式会社

From: PR TIMES

2020-11-26 19:16

*月次でFX口座数を開示している同業5社(GMOクリック証券、YJFX、ヒロセ通商、外為どっとコム、トレイダーズ証券 )との比較(2020年3~9月/当社調べ)

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、外国為替証拠金取引(以下、FX取引)サービス「LINE FX」において、2020年11月にローンチから約8か月で口座開設数10万口座を突破し、サービスを開始した2020年3月から9月において、新規口座開設数が業界No1*となりましたのでお知らせいたします。あわせて、「LINE FX」の利用ユーザーを対象にアンケートを実施しましたので、調査結果を公開いたします。



[画像1: (リンク ») ]

■口座開設数10万口座を突破
「LINE FX」は、高機能チャートを備えた直感的に使いやすいアプリと、経済指標や相場の急変動を分かりやすくお届けする「LINE」ならではの通知機能で、必要な情報に素早くアクセスし、タイミングを逃さずに取引できるFXサービスです。いつでもどこでも、24時間スマホひとつで、為替市場の値動きや、今後の為替動向を予測するための材料を確認しながら取引が可能となっており、忙しい「働く世代」にご利用いただきやすいサービスとなっております。加えて「かんたん本人確認」(eKYC)のご利用で、最短約3分で口座開設申込みができ、申込み後郵送のやり取りなしで、最短即日での取引が可能です。既に「LINE証券」に口座をお持ちの場合は、書類の提出なしで口座開設を申込みいただけるので、簡単かつスピーディーに口座開設ができます。

この度、高機能チャートを備えた直感的な使いやすいさ、「LINE」ならではの通知機能、簡単かつスピーディーに口座開設いただけることが好評をいただいたことに加え、新型コロナウィルスの感染拡大によるFX取引への関心の高まりが後押しとなり、サービスローンチから約8か月で口座開設数が10万人を突破し、サービスを開始した2020年3月から9月において新規口座開設数が業界No1*となりました。
[画像2: (リンク ») ]

あわせて、「LINE FX」の利用ユーザーを対象にしたアンケートを実施いたしましたので、以下にて調査結果を公開いたします。

■調査データサマリ
・「LINE FX」を始めたきっかけは、「お得なキャンペーン」がトップ、「LINEから利用できる点」や「通知機能」が続く、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけの一つとしてFX取引を始めた人は3割を超える
・好評な点は、「急変動通知がLINEで届くこと」が最も多く、「通知機能があるからLINE FXを利用している」と言った回答も
・「LINE FX」のサービス満足度は81%

調査期間:2020年11月14日~11月16日
調査対象: 「LINE FX」を利用しているユーザー
回答者数:3,256人

■「LINE FX」を始めたきっかけは、「お得なキャンペーン」がトップ、「LINEから利用できる点」や「通知機能」が続く、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけにFX取引を始めた人は3割を超える
「LINE FX」でFXを始めた理由については、「お得なキャンペーン」が最も多く37.9%、続いて「LINEから利用できるから」が34.3%、「LINEの通知機能が便利そう」が32.8%と「LINE」というサービスの特性が「LINE FX」始めるきっかけの5割を超える結果となりました。その他の理由としては、「操作性が良さそう」21.2%「スプレッドが狭いから」が19.4%がはじめた理由となりました。加えて、新型コロナウイルス感染拡大をきっかけにFX取引をはじめたのか聞いたところ、「新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに取引をはじめた」が11.3%、「新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに本格的に取引している」が2.0%、「新型コロナウイルス感染拡大は、FX取引をはじめるきっかけの一つではある」が19.1%と、約3割の人が新型コロナウイルス感染拡大をきっかけの一つとしてFX取引をはじめたと回答しました。新型コロナウイルス感染拡大をきっかけに取引をはじめた理由は、「お金に対して危機感を持ったから」が27.7%と約3割が危機感を感じている回答となりました。


[画像3: (リンク ») ]

■好評な点は、「急変動通知がLINEで届くこと」が最も多く、「通知機能があるからLINE FXを利用している」と言った回答も
「LINE FX」のよかった点については、「急変動の通知がLINEで届く」が最も多く41%、続いて「スマホで利用しやすい」が38.8%、「すぐ口座開設ができる」が32.7%という結果となりました。「LINE FX」の通知機能に関しては、「この機能があるからLINE FXを利用している」が10.4%、「非常に便利」が12.6%、「便利」が31%と5割以上の方が便利と回答いただいており、急変動通知がご好評いただいていることがわかりました。
[画像4: (リンク ») ]

■「LINEFX」のサービス満足度は81%
サービスの満足度については、「大変満足」が6.2%、「満足」が38.8%、「やや満足」が36.2%と81%が満足していると回答となりました。LINE FXでは、今後も機能拡充などを進めることでユーザーの皆様に満足いただけるサービスを提供してまいります。
[画像5: (リンク ») ]

「LINE FX」は、今後も機能拡充を進めていくことで、「働く世代」にご利用いただきやすいサービスを目指してまいります。

*月次でFX口座数を開示している同業5社との比較(2020年3~9月/当社調べ)
5社:GMOクリック証券、YJFX、ヒロセ通商、外為どっとコム、トレイダーズ証券

【LINE証券について】
「LINE証券」は、2019年8月のサービス開始以来、1株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、投資信託、FX取引サービス「LINE FX」、取引所取引(現物取引・信用取引)の取扱いと、わずか1年にも満たない期間で株式取引に関するサービスについてフルラインナップを取り揃え、直近では、「投資信託のつみたて投資」の提供など、お客さまのニーズに寄り添いながらサービスラインナップを拡充しております。総口座数は31万口座を突破しております。(2020年8月時点)

■LINE証券サービストップ画面: (リンク »)
■LINE証券株式会社コーポレートサイト: (リンク »)
■LINE公式アカウント: LINE ID:@linesec
■公式サイト: (リンク »)
■公式Twitter: (リンク »)
■公式note: (リンク »)

■LINE証券株式会社の概要
(1) 名称 LINE証券株式会社
(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者 代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび
        非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金 400億円(2020年4月10日時点)
(6) 設立年月日 2018年6月1日

ご注意事項
FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。
預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。
当社でお取引を行うに際しては、「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。
金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]