編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

『Pokemon GO』とのパートナーシップをスタート 小田急グループのバス停 約2,400カ所がポケストップとして登場!

小田急電鉄株式会社

From: PR TIMES

2020-12-01 10:00

~地域のちょっとしたお出かけをより楽しく~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区、社長:星野 晃司)は、Niantic, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジョン・ハンケ)および株式会社ポケモン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原 恒和)とゲームアプリ『Pokemon GO』におけるパートナーシップ契約を締結し、2020年12月1日(火)から、お出かけを楽しくするためのゲーム内での取り組みを開始します。



[画像: (リンク ») ]

(C)2020 Niantic,Inc. (C)2020 Pokémon. (C)1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ ゲームフリークの登録商標です。

『Pokémon GO』では、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどがゲーム内において、ポケモンを捕まえるために役立つ道具などが入手できる「ポケストップ」や他のプレーヤーのポケモンとバトルを楽しめる「ジム」となって登場しています。今般のパートナーシップ契約の締結により、2020年12月1日(火)から東京都・神奈川県・静岡県内の小田急グループ6社のバス停約2,400カ所が順次「ポケストップ」となります。

また、当社では、現実世界を移動してプレーする『Pokémon GO』をより楽しく遊んでいただくための施策を検討しています。MaaSアプリ「EMot」を活用し、バスの乗降・周遊にお役立ていただけるデジタルチケットの造成や、プレーヤー向けの特典施策など、スマートフォンを活用したウィズコロナ時代のお出かけを提案します。さらに、自治体をはじめ沿線内外のパートナーと連携して、ポケストップを設置する各地域でのちょっとしたお出かけをより楽しくサポートしていくことを目指してまいります。

ゲームアプリ『Pokémon GO』における取り組みの詳細は下記のとおりです。



1 開始日
2020年12月1日(火)

2 内容
ゲームアプリ『Pokémon GO』内において、小田急グループ各社※1のバス停 約2,400箇所※2(東京都・神奈川県・静岡県)を「ポケストップ」として取り扱います
※1 株式会社江ノ電バス、小田急バス株式会社、神奈川中央交通株式会社、立川バス株式会社、株式会社東海バス、箱根登山バス株式会社
※2 ポケストップとなるのは一部のバス停です

3 その他
キャンペーンなどの今後の取り組み施策については、ゲーム内や小田急電鉄公式『Pokémon GO』サイト(URL: (リンク ») )等にてお知らせします

【参考】MaaSアプリ「EMot」について
1 名称
EMot(エモット)
2 基本機能
(1)複合経路検索
(2)電子チケットの発行
(3)オンデマンド交通の手配・決済
3 公式ホームページ
(リンク »)
4 ダウンロード
iOS: (リンク »)
Android: (リンク »)

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]