編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

上越妙高駅の周辺店舗でLINEミニアプリによるモバイルオーダーサービス提供開始

クラスメソッド株式会社

From: PR TIMES

2020-12-07 18:46

新潟県の企業・団体として初のLINEミニアプリをリリース

クラスメソッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)と株式会社北信越地域資源研究所(本社:新潟県上越市、代表:平原匡、以下「北信越地域資源研究所」)は、上越妙高駅周辺事業協同組合(理事長:飛田 尚文)から委託を受けて、上越妙高駅の周辺店舗共通で使えるモバイルオーダーアプリ「上越妙高ウェルモ モバイルオーダー」を作成、12月7日からサービス提供を開始します。
新潟県に本拠をおく企業・団体で、独自のLINEミニアプリの運用を開始するのは上越妙高駅周辺事業協同組合が初となります。



[画像1: (リンク ») ]

「上越妙高ウェルモ モバイルオーダー」は、LINEアプリ上から利用店舗とメニューを選び、モバイルオーダーを行うことができるLINEミニアプリです。
アプリアイコンとして、新潟県出身のイラストレーター 大塚いちお氏がデザインした上越妙高駅お出迎えキャラクター「ウェルモ」のモバイルオーダー版が登場し、利用者をお出迎えします。
12月7日のサービス開始時はフルサット内の「Café Sweets Nekoji」「Tea×Sweets 雪の香テラス」の2店舗で利用が可能です。将来的には上越妙高駅周辺の20店舗程度での利用を想定しております。

本プロジェクトは、新潟県の「「消費喚起・需要拡大プロジェクト」応援事業」から上越妙高駅周辺事業協同組合が補助を受けて取り組んできたものであり、北信越地域資源研究所はアプリ作成と運用体制の構築を委任されてクラスメソッドとともに「上越妙高ウェルモ モバイルオーダー」を作成しました。
店舗での滞在時間と、人との接触機会を減らして新型コロナウイルス感染症の拡大防止に努めることを狙いとしています。また、各店舗のテイクアウトメニューにユーザーが簡単にアクセスできるようにすることで、新たな需要を開拓することを目指しています。
アプリの実装には、クラスメソッドが提供するモバイルオーダー用LINEミニアプリ作成・運用サービス「CX ORDER」を利用し、開発と運用コストの低減をはかっています。

本件に関する各社コメントは以下の通りです。
クラスメソッド株式会社 代表取締役社長 横田 聡 氏:
2020年に上越妙高駅フルサットにて行った「Developers.IO CAFE上越妙高店」の実証実験に引き続き、IT技術で新潟県の地域活性化に貢献してまいります。

北信越地域資源研究所(フルサット運営) 代表 平原 匡 氏:
フルサットは上越妙高駅西口で開業5年目となりました。組合と共に駅周辺事業者と連携した地域づくりに貢献したいと考えています。

上越妙高駅周辺事業協同組合 理事長 飛田 尚文 氏:
上越妙高駅周辺事業協同組合は事業者と連携して新型コロナウィルスに対応した商業環境整備に取り組み、上越妙高駅を上越妙高地域の玄関として環境整備して行きたいと考えています。

【「上越妙高ウェルモ モバイルオーダー」アプリの使い方】
1)LINEのサービスに追加
[画像2: (リンク ») ]


2)店舗を選んでメニューを選択、注文
[画像3: (リンク ») ]


3)店舗にて商品を受け取り
※サービス開始時はLINEミニアプリでの注文、店舗での支払いのみとなります。以降、LINEミニアプリでのクレジットカード決済を追加し、モバイル注文&決済を実現予定となります。

【CX ORDERについて】
CX ORDERは、企業が自社店舗用のモバイルオーダー機能をLINEミニアプリとしてノーコードで簡単に作成・運用できるクラウドサービスです。
国内月間アクティブユーザー数が8,600万人*を超えるLINEアプリをプラットフォームに、LINEミニアプリの形でユーザーにサービスを提供することで、アプリダウンロードや会員登録などの煩雑な操作が不要となるため使い始めのハードルを大きく下げることができます。
2020年7月2日にβリリースしており、2021年6月末までの1年間は月額費用無償にてサービス提供を行っています。
*2020年9月末時点

詳細:「CX ORDER」 (リンク »)
関連ニュースリリース:
モバイルオーダー用LINEミニアプリを簡単に作成・運用可能なクラウドサービス「CX ORDER」をβリリース
~テイクアウト対応店舗支援!モバイルオーダー機能を1年間無償化~
  (リンク »)

【LINEミニアプリについて】
LINEミニアプリは、「LINE」アプリ上で企業の自社サービスを提供可能にするウェブアプリケーションです。
「アプリダウンロードや煩雑な会員登録不要」等の特長で“快適なサービス体験”をユーザーに提供でき、企業はLINEアカウントに紐づいたユーザーデータを取得し、サービスの改善や「LINE公式アカウント」等を通じたマーケティング施策に活用いただけます。
詳細は公式サイトをご確認ください。
(リンク »)
*「LINEミニアプリ」の利用には「LINE」アプリのインストールおよびアカウントの作成が必要です。

【クラスメソッドについて】
クラスメソッド株式会社はアマゾン ウェブ サービス(AWS)をはじめとしたクラウドサービス、データ分析基盤、アプリ開発、IoT連携、AI/機械学習の技術を活用した企業向け支援を行っています。現在までにAWS技術支援を中心に2,000社以上、AWSアカウント数では10,000件以上の支援実績があり、2015年からは6年連続でAWSパートナーネットワーク(APN)のプレミアコンサルティングパートナーに認定されています。また、社員による技術情報発信にも力を入れており、オウンドメディア「Developers.IO」では2万5千本以上の技術情報を公開中です。「すべての人々の創造活動に貢献し続ける」という企業理念のもとに幅広い分野で活動しています。

本社所在地: 東京都千代田区神田佐久間町1-11 産報佐久間ビル8階
代表者  : 代表取締役社長 横田 聡
事業内容 : クラウド導入支援、ビッグデータ基盤構築、モバイルアプリ開発、LINEサービス総合支援、AI/機械学習技術支援
オフィシャルサイト : (リンク »)
技術ブログ「Developers.IO」: (リンク »)
Facebookページ : (リンク »)

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

クラスメソッド株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]