スケーラブルシステムズ、オーバークロック対応サーバベースのスケーラブルサーバORION HSの国内初導入を発表

スケーラブルシステムズ株式会社

From: PR TIMES

2020-12-10 13:46

高い動作クロックのCPUコアと高速メモリをスケーラブルに拡張し、先端的な研究所やグローバル企業のニーズに応えるアプリケーションプラットフォームを提供

スケーラブルシステムズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:戸室 隆彦、以下 スケーラブルシステムズ)は本日、オーバークロックで全コア5.3GHzで動作可能な高速化サーバORION HF210-G5をSMPとしてスケールアップした、スケーラブルサーバORION HSの国内初の導入が完了し、稼働を開始したことを発表致します。



国内での初導入に際して、スケーラブルシステムズ代表取締役の戸室 隆彦は次のようにコメントしています。「スケーラブルシステムズは、これまでにもVirtual SMPを活用したサーバシステムの豊富な国内導入実績があります。今回稼働を開始した最新のオーバークロックサーバを基盤としたVirtual SMPの導入に際しては、これまでのサーバとワークステーション導入のノウハウを最大限に活用し、高速・大容量メモリのVirtual SMPシステムの開発・構築を短時間で実施することが出来ました。今後スケーラブルシステムズでは、特に先端的な研究所やグローバル企業で増加を続ける膨大なデータを高速に処理するため、最速のプロセッサでの処理能力と大容量メモリの双方を提供するこのORION HSの積極的な展開を図ってまいります」

◇ スケーラブルサーバORION HSの特長
ORION HS はオーバークロックされたプロセッサを搭載し、メモリをスケーラブルに拡張したサーバシステムです。システムはセットアップを完了した状態でご提供されるため導入後直ぐにご利用することが可能です。

ビッグデータをインメモリでデータを処理できれば、その効率は劇的に向上します。さらに、よりシンプルなアプリケーションの処理が実現し、システムのさらなる最適化も促進可能となります。このインメモリでのデータ処理を、オーバークロックしたプロセッサのすべてのコアを活用して一般のサーバ動作クロックを超える高速で実行できるスケーラブルサーバが、ORION HSです。

ORION HSは、独自の技術でプロセッサの動作速度の制限を解消し、全コア5GHz以上での動作が可能となっています。また、仮想化技術を利用してサーバ単体でのメモリサイズとコア数の制限を解消し、Virtual SMP環境を実現しています。CPUやチップセットに依存せず、アプリケーションで必要なコア数とメモリ空間を柔軟に利用可能とするORION HSは、革新的な性能向上を実現します。

[画像: (リンク ») ]


スケーラブルサーバORION HS 情報ページ
(リンク »)

高速化サーバORION HF 情報ページ(Orion HSの基盤サーバ)
(リンク »)

Virtual SMP仮想化ソフトウエア情報ページ
(リンク »)

◇ サーバ製品ライン - 製品ライン名とその特長
スケーラブルシステムズは、「ORION」シリーズとして、サーバ製品を提供しています。 この「ORION」シリーズのサーバ製品は、サーバの機能と特長に応じて、RS、HF、SS、HSというシリーズ名を付加しています。

RS、HF、SS、HSは、それぞれ、Rack Server、High Frequency、Scalable Server、High Frequency Scalable Serverというシリーズの機能と特長を表しています。

スケーラブルシステムズは、様々なハイパフォーマンスな計算機環境と高速でのアプリケーション実行のための最適なプラットフォームのニーズに対応可能な、ユニークなサーバ製品ラインのご提供を目指しています。

◇ スケーラブルシステムズについて
スケーラブルシステムズは、既存の製品やソリューションではニーズを満たせないケースに対応し、お客様のニーズがあるにもかかわらず,商品の供給・提供がなかった市場に対応する製品ソリューションをご提供しています。

最新のサーバプラットフォームをベースとするクラスタシステムやそのクラスタシステムのリソースを動的に統合することを可能とする新しいクラウドシステムの提案、高速処理が要求されるアプリケーションの実行プラットフォームとしてオーバークロックをサポートするワークステーションとサーバ製品、スケールアウトNAS製品など常に新しい技術を取り入れた製品ラインをご用意しています。

【スケーラブルシステムズ ニュースルーム】
(リンク »)

◇ お問い合わせ先
スケーラブルシステムズ株式会社
〒102-0083 東京都千代田区麹町 3-5-2 BUREX麹町
電話:0120-090715
WEBからのお問い合わせ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]