編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

「LINE証券」、最大4,000円相当の株が0円で買える「株の福袋」キャンペーンを開催!

LINE株式会社

From: PR TIMES

2020-12-10 18:46

最高3株分の購入代金がもらえる「初株チャンス」キャンペーンを、12月9日(水)から期間限定で増額してプレゼント!

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、スマホ投資サービス「LINE証券」において、2020年12月9日(水)から2021年1月15日(金)の期間限定で、簡単なクイズに正解すると、最大4,000円相当の株の購入代金がもらえる「株の福袋」キャンペーン(以下、本キャンペーン)を開催いたしますので、お知らせいたします。

キャンペーンページURL: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]


本キャンペーンは、これまで投資に興味を持っていたけど始めるきっかけがなかった方など、年末年始から新たに投資デビューするユーザーに向けたキャンペーンです。

これまで開催している、簡単なクイズに正解することで、対象銘柄の3株または2株分の購入代金をプレゼントする「初株チャンス」キャンペーンの特別バージョンで、いつもより株価の高い銘柄を対象にして実施いたします。

新規口座開設後に、簡単なクイズに正解することで、対象銘柄の3株または2株分、最大4,000円相当の購入代金をもらえるキャンペーンに参加することができます。クイズ正解後、キャンペーン専用画面にて表示される対象銘柄の中から好きな1銘柄を選択し、購入することができます。

今年挑戦しようと思っていたけれどきっかけを逃してしまった方や、証券会社を決めれずになかなか踏み出せなかった方など、今年こそ来年こそは「LINE証券」の「株の福袋」キャンペーンをきっかけに、お得に株取引を始めることが可能です。

また対象銘柄を最大7%OFFで注文することができる「株のタイムセールキャンペーン」を、2021年1月21日(木)17時より開催します。詳細が決まり次第、「LINE証券」公式アカウントより改めて発表いたします。
[画像2: (リンク ») ]


「LINE証券」はこれからも、本キャンペーンでの体験を通じて、全ての「働く世代」のユーザーに「LINE」を通して株取引へのきっかけをつくり、その楽しさを知っていただけるよう努めてまいります。


■「株の福袋」キャンペーン概要
▼内容
当社で口座開設が完了後、2020年12月9日(水)09:00~2021年1月15日(金) 14:50に簡単なクイズに正解することで、対象銘柄の3株または2株分、最大4,000円相当の購入代金をもらえるキャンペーンに参加することができます。
クイズ正解後、キャンペーン専用画面にて表示される対象銘柄の中から好きな1銘柄を選択し、購入することができます。

▼参加方法
1.口座開設完了後、「LINE証券」サービスのトップ画面に表示されるキャンペーン専用バナーからキャンペーン画面にアクセスし、クイズに解答します。クイズに正解すると、クイズの正答率に応じて、3株または2株分の購入代金を受取る権利が付与されます。
2.銘柄選択画面内でお好きな1銘柄を選択し、「買う」をタップすることで、取引が成立します(株の購入代金は当社がプレゼントいたします)。
※株の取引可能期間は、2020年12月9日(水)9:00~2021年1月15日(金)14:50となっており、それ以降は最大4,000円相当ではなく、通常の購入代金のプレゼントとなります。
3.「買う」ボタンをタップした時点で取引が成立します。購入した株は、取引が成立するとすぐにお客様のポートフォリオ画面に保有株式として表示されます。
※「買う」ボタンをタップできるのは、いちかぶ取引の取引時間内のみとなります。

▼その他ご注意事項
・本キャンペーンは、購入代金をプレゼントする仕組みです。キャッシュバックする仕組みではございません。
・キャンペーン申込画面に表示される対象銘柄の一覧および各銘柄の購入代金は、お客様およびお申込みを行うタイミングによって異なる場合があります。
・対象銘柄の一覧は、特定銘柄の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。
・株価の変動によって、キャンペーン対象となる銘柄は変動します。相場次第では3株分の購入代金の合計額が最大4,000円とならない場合もあります。
・口座開設の完了までには、お申込みから4営業日程度かかる場合がございます。お申込みの混雑状況や審査の状況により、日数がかかることがあります。余裕をもって口座開設のお申し込みをしてください。
・本キャンペーン申込み後、ご購入時までに口座を解約されている方は対象外となります。

■LINE証券サービストップ画面: (リンク »)
■LINE証券株式会社コーポレートサイト: (リンク »)
■LINE公式アカウント: LINE ID:@linesec
■公式サイト: (リンク »)
■公式Twitter: (リンク »)
■公式note: (リンク »)

■LINE証券株式会社の概要
(1) 名称 LINE証券株式会社
(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者 代表取締役Co-CEO落合 紀貴(LINE株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)
(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等
(5) 資本金及び資本準備金 400億円(2020年4月10日時点)
(6) 設立年月日 2018年6月1日

ご注意事項
当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
国内株式等※の相対取引は、市場価格に取引コストを適用した価格でお取引いただきます。
国内株式等の取引所取引は、売付の場合、約定代金に対して最大1,771円(税込み)の取引手数料をご負担いただきます。買付の場合、取引手数料はかかりません。なお、電話による受注の場合は約定代金に対して最大5,500円(税込み)の取引手数料をご負担いただきます。詳細についてはLINE証券の取引ルールをご確認ください。
国内株式等の信用取引にあたって取引手数料はかかりません。ただし、電話による受注の場合は約定代金に対して最大5,500円(税込み )の取引手数料をご負担いただきます。また、別途管理費および名義書換料をご負担いただきます。加えて、買付の場合、買付代金に対する買い方金利を、売付けの場合、売付け株券等に対する貸株料および品貸料をご負担いただきます。詳細についてはLINE証券の取引ルールをご確認ください。
投資信託のお申込み(一部の投資信託はご換金)にあたっては、購入手数料(換金時手数料)はかかりません。また、換金時に直接ご負担いただく費用として、換金時の基準価額に対して最大0.5%の信託財産留保額をご負担いただく場合があります。投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、国内投資信託の場合には、信託財産の純資産総額に対する運用管理費用(信託報酬)(最大2.09%(税込み・年率))のほか、運用成績に応じた成功報酬をご負担いただく場合があります。また、その他の費用を間接的にご負担いただく場合があります。外国投資信託の場合も同様に、運用会社報酬等の名目で、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。なお、上記記載の手数料等の費用の最大値は今後変更される場合があります。
※「国内株式等」とは、国内株式、国内ETF、国内ETN、国内REIT、国内インフラファンド等、東京証券取引所に上場している商品のうち、当社が取り扱う商品を指します。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
国内株式は株価の変動により損失が生じるおそれがあります。また、国内ETFおよび国内ETNは連動する指数等の変動により損失が生じるおそれがあります。国内REITは運用する不動産の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。国内インフラファンドは運用するインフラ資産等の価格や収益力の変動により損失が生じるおそれがあります。
国内株式等の信用取引は、一定の委託保証金を当社に担保として差し入れ、差し入れた委託保証金を上回る取引を行うことができます。委託保証金は、約定代金の33%以上で、かつ30万円以上の金額が必要です。信用取引では、委託保証金の約3倍までのお取引を行うことができるため、株価の変動等により委託保証金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある資産を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた資産の取引価格の変動や為替の変動等により上下するため、これにより損失が生じるおそれがあります。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。

金融商品取引業者 LINE証券株式会社 関東財務局長(金商)第3144号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]