編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

主要ネット証券初、リアルタイムでの外国為替取引サービスを開始

マネックス証券株式会社

From: PR TIMES

2020-12-17 09:00

 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)は、2020年12月18日(金)22時(予定)より、証券総合取引口座内の外国為替(両替)取引の約定タイミングを、従来の1日1回から、リアルタイム化いたしますのでお知らせします。
 これにより、外貨建て商品(外国債券や外貨建てMMF等)の取引利用者が日中の為替レートの変動に合わせ、円貨⇔外貨の両替を行うことができるようになります。
 なお、外国為替(両替)取引の約定をリアルタイムに対応するのは、主要ネット証券(※1)で初めてです。




[画像1: (リンク ») ]

■背景
 マネックス証券では、外国債券や外貨建てMMF等、様々な外貨建て金融商品を提供しておりますが、外貨建て商品の購入に必要な外貨両替は1日1回のみの対応でした。そのため、急な相場変動時にお客様が希望する時間・為替レートで外国為替(両替)取引を行えずご不便をおかけしておりました。この度、多くのご要望にお応えし外国為替(両替)取引のリアルタイム化を実現いたしました。

■概要
 証券総合取引口座を開設しているお客様が、お預り金・MRF(円)と外貨お預り金との外国為替(両替)取引をリアルタイムにその時点の為替レートで行うことができるようになります。購入した外貨で外国債券や外貨建てMMF、米国株(※2)のお取引が可能(※3)です。
 また、外貨での利金・償還金もすぐに円貨に両替でき、より機動的に外貨を活用できるようになります。

          主要ネット証券外国為替(両替)取引のサービス比較(日中約定頻度)
[画像2: (リンク ») ]

※1 2020年12月17日(木)現在。主要ネット証券とは、auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券、
  マネックス証券を指します。
※2 米国株取引に本サービスで両替した外貨(米ドル)を利用する場合には証券総合取引口座から外国株取引口座
  へ資金振替(資金移動)が必要です。
※3 円貨から直接購入することも可能です。
※4 夜間は為替取引(リアルタイム為替取引)サービスを提供しております。
  (対象時間:16:00~05:00(冬時間6:00))

 詳細はマネックス証券ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

 今後もマネックス証券は、マネックスグループのブランドステートメント「For Creative Minds」に掲げる、従来の枠組みを超えた新しい発想や視点に基づき、創造性を携えて、新しい「お金の未来」を常に提案してまいります。
                                         以  上

【マネックス証券でのお取引に関する重要事項】
  マネックス証券が扱う商品等には、価格変動等により元本損失・元本超過損が生じるおそれがあります。
  投資にあたっては、契約締結前交付書面、目論見書の内容を十分にお読みください。

【マネックス証券株式会社について】
 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、
      一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マネックス証券株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]