編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

「2020ミス・ユニバース・ジャパン」日本代表・杤木愛シャ暖望さん、菅義偉内閣総理大臣を表敬訪問

ぴあ株式会社

From: PR TIMES

2020-12-17 21:00

ぴあ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:矢内廣)と 株式会社MY groupが共同主催を務める「 2020 Miss Universe(R) Japan Final 」で2020ミス・ユニバース日本代表が、10月29日に決定。本日12月17日、日本代表となった杤木愛シャ暖望(とちぎあいしゃはるみ)さん、「ミス・ユニバース・ジャパン」を運営する株式会社MY group美馬寛子代表取締役兼ナショナル ディレクター(本社:東京都港区赤坂)が、首相官邸にて、菅義偉内閣総理大臣を表敬訪問いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

ミス・ユニバースは1952年から続く世界で最も歴史あるコンテストです。(「Miss Universe Japan ミス・ユニバースジャパン」 (リンク ») )今年度は新型コロナウイルスの影響により、オンラインでの審査等を行い、ファイナリスト11名を選出。10月29日、東京都内で行った選考会にて、杤木愛シャ暖望さんが選ばれました。杤木さんはガーナ人の父と日本人の母を持ち、10歳からガーナに移住。17歳で日本に帰国し、日本の高校、大学を卒業し、現在は一般企業で働いています。
[画像2: (リンク ») ]



表敬訪問は、超党派でつくる女性活躍を国際的に推進する議員連盟事務局長であり、「2020 Miss Universe(R) Japan Final」の審査員を務めた、防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官・参議院議員松川るい氏の紹介で実現。
[画像3: (リンク ») ]



松川政務官から菅総理に紹介された杤木さんは、「平等な世の中を作りたいというメッセージをミス・ユニバースの活動を通して発信していきます」と伝えました。

[画像4: (リンク ») ]



続いて、自身も2008年の日本代表である美馬代表は、「ミス・ユニバース・ジャパン」がこれまでのイメージから時代に合わせて進化した“Run by run Women for Women” 「女性が女性のために作る組織」というテーマを掲げて運営していることを説明。「若い日本の女性リーダーを発掘し、今の日本の象徴として、世界へ女性の活躍を発信していきたい」と語りました。
[画像5: (リンク ») ]



途中、菅総理の計らいで、日本・ガーナ友好議員連盟会長である坂井学官房副長官が同席。杤木さんと首都・アクラの話で盛り上がる場面も。

[画像6: (リンク ») ]



最後に「コロナ禍で今大会をどのように進めていいのか悩んでいた中、松川政務官、ぴあ、ほか皆様のご協力によってようやく日本代表を決めることができました。女性たちの運営で女性たちが選んだ女性たちの声を、これからしっかりと届けていきます」と語った美馬代表。菅総理は杤木さん、美馬代表に「がんばってください」と激励の言葉を送りました。

[画像7: (リンク ») ]



「2020ミス・ユニバース・ジャパン」世界大会は、現在2021年、3月開催を予定。2021年度募集等、詳細はオフィシャルサイトにてご確認下さい。

◆Miss Universe Japan ミス・ユニバース・ジャパン  (リンク »)


「ミス・ユニバース・ジャパン」とは……

豊かな人間性・知性・自信に溢れ、社会に前向きな変化をもたらす女性リーダー
スーパーモデルのようなビジュアルや立ち振る舞い、煌びやかな美しさ……
このように、表面的な美しさを「女性の美の定義」と考える時代は終わりました。
現代社会において、 世界で活躍する ” 本当に美しい女性 ” とは……
豊かな人間性と知性をもって人々を魅了し、社会に影響を与え、社会的に自立している女性です。

私たちは、ミス・ユニバース・ジャパンのプラットフォームを通し、真に美しい現代女性の発掘と育成・発展を総合的にプロデュースし、日本そして世界で活躍をする女性リーダーを世に送り出します。

◆Miss Universe Japan ミス・ユニバースジャパン  (リンク »)

□株式会社MY group 美馬 寛子 代表取締役兼ナショナルディレクター
2008ミス・ユニバース日本代表、同大会でTop15, Best of Asiaの成績を収める。
その後、インターナショナルモデルを務めまた、ミス・ユニバース受賞者を多く輩出した指導者による美に対するメソッドを学んだ。
2018年に当社を設立、そして日本人女性初となる「ミス・ユニバース・ジャパン」の運営権を取得し、ナショナルディレクターとして任命される。
女性リーダーの発掘と育成や、女性の強さを世界へ広げるミス・ユニバースブランドのさらなる向上と共に、現代の日本人の魅力を世界に広める活動を開始。ファッション・ヘアメイク・ウォーキング・立ち居振る舞いなどの外見の美しさのみならず、メンタル部分の内面を磨いていくメソッドを日本女性のみならず多くの人々に指導している。

■「2020ミス・ユニバース・ジャパン」日本代表 杤木愛シャ暖望 プロフィール
生年月日:1996年01月04日(24歳)
出身地:東京都
職業:会社員
ガーナ人の父と日本人の母のもと日本で生まれる。10歳から17歳までガーナで過ごした。日本とガーナでの生活から、家族をはじめ多様な文化を持つ人々に囲まれ、多様性を理解することのすばらしさを教わった。その中で家族や友人に対し、そして世界で繰り返される差別を目の当たりにしたことをきっかけに、多様性を受け入れ、理解をすることのできる平等な社会を実現したく、2019年度ミス・ユニバース日本大会に応募、Top5の成績をおさめた。

◆Miss Universe Japan ミス・ユニバースジャパン  (リンク »)

<報道・メディアの方からのお問い合わせ>
ぴあ株式会社 メディア宣伝企画室
担当:粟村  kaori.awamura@pia.co.jp
TEL:03-5774-5262 / FAX:03-5774-536

<一般の方からのお問合せ>
ミス・ユニバース・ジャパン運営事務局(株式会社 MY group内)
MAIL:info@missuniversejapan.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]