セキュアワークスより年頭のご挨拶

セキュアワークス株式会社

From: PR TIMES

2021-01-01 10:00



[画像: (リンク ») ]


新年あけましておめでとうございます。新しい年を迎えるにあたり、旧年中に皆様から賜りましたご支援、ご厚情に深く御礼申し上げます。

2020 年は新型コロナウィルス ( COVID-19 ) の感染拡大により、日本のみならず世界中が未曽有の事態に直面する一年となりました。罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、感染の終息と皆様の健康維持を心よりお祈り申し上げます。

このパンデミックは、私たちの働き方にも急激な変化をもたらしました。世界中でテレワークが急速に普及し、クラウドサービスの利用が加速、個人デバイスへの依存度が増加し、多くの組織でサイバー攻撃対象が大幅に拡大した一年となりました。一方で、国内においても大規模なサイバーインシデントが多発し、新たな IT ・ネットワークインフラの隙を狙った APT 攻撃やランサムウェア、フィッシングなどの被害が多数報道されました。昨年 8 月の日本経済新聞の記事では、VPN脆弱性対応、日本企業に隙「ゼロトラスト」不可欠 ( (リンク ») ) として、テレワーク環境における VPN の脆弱性への対応を改めて呼びかけられました。

これを受け、セキュアワークスは、昨年 4 月には VPN をはじめとするリモートアクセスシステムを対象とする診断サービス リモートアクセス脆弱性アセスメント や テレワークリスクアセスメント ( (リンク ») ) を発表し、急遽テレワークを余儀なくされた組織に対するセキュリティ診断サービスを提供してまいりました。

さらに昨年 5 月には、サイバーセキュリティソリューションの需要拡大に対応し グローバル・パートナー・プログラム ( (リンク ») ) を市場投入し、日本においても急増するサイバーセキュリティの需要にお応えするため、より多くのパートナー様とともに日本中の企業・官公庁をご支援する体制の強化を開始しました。

そして 12 月には、激増するインシデントの抜本的対応強化を狙った、インシデント管理リテーナー ( (リンク ») ) を刷新いたしました。これにより、インシデントが発生してからのリアクティブな対応のみならず、セキュアワークスのセキュリティ・リスク・コンサルティング及び各種診断・テストサービス、サイバー・リスク・コンサルティング及び CSIRT 構築支援、アドバイザリー・サービスを、リテーナー契約でご活用頂けるようになりました。リテーナー契約を有効的に活用することで、インシデント発生リスクの最小化だけでなく、万一のインシデント発生時もプロアクティブな対応をご利用をいただけるようになりました。

結果として、2020 年も弊社は日本事業の中期計画目標である年率 30% 売上増を大きく上回ることができました。これも関係各位、皆様のご愛顧の賜物であり深く感謝申し上げます。

来る 2021 年は、丑年です。我慢の年、発展への準備の年と言われます。
弊社は引続き、世界最先端でセキュリティの国際基準である「NIST SP800 – 171」、「NIST CSF (サイバーセキュリティフレームワーク) 」 の技術・プロセスに則り、業界最高レベルのセキュリティ・リスク・コンサルティング ( SRC ) 、マネージド・セキュリティ・サービス ( MSS ) 、インシデント対応 ( IR ) などのソリューションを駆使し、日本中のお客様の「ビジネスレジリエンス・事業継続・拡大」を支援して参ります。

更なる体制強化を図ってゆく、「セキュアワークス」に今年も、ぜひご期待下さい。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。


2021年元旦 セキュアワークス株式会社代表取締役社長 廣川 裕司

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]