編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ライブストリーミング用エンコーダー/デコーダー『VS-R265』ならびに『VS-R264』が3系統のRTMPサイマル配信に対応。無償アップデートファームウェア『V1.1.0』をリリース

ティアック株式会社

From: PR TIMES

2021-01-07 19:16



ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英 裕治)は、4K/UHDライブストリーミング用AV Over IPエンコーダー/デコーダー『VS-R265』ならびにFull HDライブストリーミング用 AV Over IP エンコーダー/デコーダー『VS-R264』の両機種において、RTMPを同時に3系統出力を可能とするファームウェアの無償アップデート『V1.1.0』をリリースしました。
[画像1: (リンク ») ]


[表: (リンク ») ]


[画像2: (リンク ») ]




3系統のRTMPサイマル配信をVS-Rシリーズ本体だけで実現

PCレスでライブ配信を可能にするエンコーダー/デコーダーとしてご好評をいただいている『VS-R265』および『VS-R264』用のファームウェア『V1.1.0』をリリースいたしました。

今回のアップデートにより、RTMPまたはRTMPSプロトコルを使用する3つのプラットフォームにサイマル配信が可能となりました。(YouTube Live、Facebook Live、Twitch、ニコニコ生放送、SHOWROOM、ツイキャス、LINE LIVE、Wowza、Vimeo、Boxcast、DaCastなど)


様々な運用に対応するRTMPサイマル配信


[画像3: (リンク ») ]

従来のRTMPサイマル配信はパソコンの配信ソフトを使うか、複数の『VS-Rシリーズ』を使用する必要がありました。配信ソフトを用いる方法はパソコン本体への負荷が大きく、配信のクオリティにも影響をおよぼし、複数のハードウェア・エンコーダーを用いる方法は運用コスト面などで敷居が高いものでした。

今回のアップデートでは、同じ番組を最大3つのRTMPストリームへ『VS-Rシリーズ』本体だけで容易に安定したサイマル配信を行うことができます。

またYouTubeなどメインのストリームサーバーとバックアップサーバーを持つ配信サービスに対しては『VS-Rシリーズ』本体のみで、同時に別のRTMPアドレスに送出することも可能です。


異なるプロトコルへ最大8系統の同時配信を実現

またRTMPの3系統サイマル配信に対応したことにより、ストリーム出力の総数が8つに増加します。(3 x RTMP / RTMPS、1 x RTSP、1 x HLS、2 x RTP / UDPユニキャストおよび1x RTP / UDPマルチキャスト。ストリーミングのパフォーマンスは解像度設定や転送レート、ネットワーク環境に左右されます。)


ファームウェア V1.1.0の主な特長

・3系統のRTMPプロトコルにサイマル配信が可能
・異なるプロトコルへ最大8系統のサイマル配信に対応

製品サイト
『VS-R265』 (リンク »)
『VS-R264』 (リンク »)

[画像4: (リンク ») ]

TASCAMは、確かな音質と高い耐久性で長年に渡り支持され世界中の放送・録音現場に導入されています。
その実績と経験を活かしプロフェッショナルのための音響に関わるトータルソリューションを提供するブランドです。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]