編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ブランディア、LINEで申込完結機能を提供開始

株式会社デファクトスタンダード

From: PR TIMES

2021-01-08 14:16

-宅配買取を、もっと簡単・便利に!ー

BEENOS株式会社(東証一部 3328、以下「BEENOS」)の連結子会社で、モノを通じて人と人とをつなぐ「ブランディア」を運営する株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:仙頭健一、以下「デファクトスタンダード」)は2021年1月8日(金)より、LINEアプリ内での宅配買取の申込完結サービスの提供を本格的に開始いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

◆LINE宅配買取の申込機能の開発背景
これまでも、ブランディア公式LINEアカウント内に宅配買取のお申込メニューはありましたが、必要情報の記入にはwebページへの遷移が必要でした。LINEアプリ内で申込を完結したいというお客様からのご要望を受け、宅配買取をさらに簡単・便利にするため、LINEアプリ内で申込を完了するシステムを開発いたしました。LINEの操作性を活かし、買取メニュー選択後はアプリ内で質問に答えていくだけで、宅配買取のお申込が完結いたします。また、ブランディアを初めてご利用されるお客様の場合、宅配買取の申込完了と同時に会員登録も完了いたします。

ブランディアのLINE公式アカウント登録者数は65.5万人※1以上と業界内でも友だち数が多いアカウントとなっており、LINEの機能拡充は多くのお客様の利便性の向上に寄与すると考えています。
デファクトスタンダードでは、今後もお客様の声に応え、簡単・便利かつ透明性の高い安心感のある買取体験の提供を目指し、サービスの向上に務めてまいります。

※1:2021年1月6日時点のブランディアのLINE公式アカウントの友だち登録者数


◆宅配買取LINE申し込み概要
【ブランディア公式アカウント】
(リンク »)

【サービス利用イメージ】
<STEP1>メニューの選択
<STEP2>お客様情報・必要事項の入力
<STEP3>お申し込み完了
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



◆「Brandear(ブランディア)」の概要
ブランド品宅配買取サービス「Brandear(ブランディア (リンク ») )」は、不要になったブランド品を「ダンボールに詰めて送るだけ」で査定・買取を行う、ブランド品宅配買取サービスです。インターネットからお申し込みいただくと届く宅配キットにお品物を詰めて送るだけの手軽さ、買取対象が約7,000ブランドという幅広さ、査定結果に納得がいかない場合には、無償でお品物を返却する安心感から、これまでに述べ300万人以上の方にご利用いただき、リコマースにおけるオンラインマーケットを拡大してきました。
また、店頭で買取を行う専門店「ブランディア( (リンク ») )」、オンライン査定「ブランディア Bell( (リンク ») )」など買取の間口を広げ、オンライン、オフライン双方の利点を活かし、常にお客様の安心と利便性の向上を目指しています。さらに国内だけでなくグローバルリコマースにおけるマーケットを積極的に開拓し、国内外で求められるアイテムをお客様に直接、適正な価格で世界で販売することにより、買取価格の向上に努めています。ブランディアは、価値ある品物を次に繋いでいく「バリューサイクル」な社会の実現を目指します。

■株式会社デファクトスタンダードの概要
(1) 社名 : 株式会社デファクトスタンダード
(2) 代表者 : 代表取締役社長 仙頭健一
(3) 本店所在地 : 東京都大田区平和島3-3-8 山九平和島ロジスティクスセンター 5F
(4) 設立年月 : 2004年4月27日
(5) 資本金 : 100百万円※BEENOS株式会社(東証一部:3328)の連結子会社です。


(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]