編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

メタウォーター株式会社 経営企画本部が、社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」を導入

株式会社ジェナ

From: PR TIMES

2021-01-13 12:16

業務フロー改革の一環として社内業務のデジタル化を推進

社内向けAIチャットボット業界を牽引する株式会社ジェナ(本社:東京都千代田区、代表取締役 五十嵐 智博、木村 彰人、以下 「ジェナ」)は、メタウォーター株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 中村 靖、以下 「メタウォーター」)において、社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」を導入いただきましたことを発表いたします。今回の導入により「hitTO(ヒット)」は、メタウォーター様の問い合わせ対応業務の効率化と社員が働きやすい環境作りの促進に貢献して参ります。



[画像1: (リンク ») ]



【 導入背景 】
メタウォーターでは近年、テレワーク環境の整備、所定就業時間の短縮など働き方改革を推進しています。さらに今後は、第2ステージとして『業務フロー改革』の方針のもと、社員が伸び伸びと生産性の高い仕事ができる職場環境の構築に取り組んでいます。しかしその一方で、以下の課題を抱えていました。


テレワークなど新しい働き方にシフトするための社内問い合わせ環境が整っていない
社員から経費精算システムに関する定型的質問が担当部署に多く寄せられており問い合わせをする側、問い合わせを受ける側双方の業務効率が低下している
今後の制度変更や法改正などを見据えた時に、社員が混乱しない体制を作る必要がある
労働人口が減少し採用が難しくなる中で、人でしか出来ない業務に集中したい


これらの課題を解決する手段として、社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」の導入検討を開始しました。

【 hitTO(ヒット)採用理由 】
社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」を採用した理由は、以下の3点です。


「社内向け」に特化したAIチャットボットであること
大手企業への導入実績が高いこと
導入支援から活用促進まで、充実したサポート体制があること



【メタウォーター株式会社 執行役員 中川 雅幸 様 コメント】

社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」の活用により、社内業務のDXがさらに加速することを期待しています。問い合わせを受ける管理部門の対応工数の削減だけでなく、在宅勤務などで業務の疑問点を「聞きづらい」環境下においても社員が気軽に質問することができます。会社として自己解決できる環境を社員に用意することで、会社全体の生産性向上につながると考えています

メタウォーター株式会社 様: (リンク »)


■ AIチャットボット市場シェアNo.1「hitTO(ヒット)」について: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]

hitTOはユーザーが自然言語で質問ができる、AIと連携した法人向けのチャットボットサービスです。管理画面やユーザー画面の使いやすさやデザイン性、コミュニケーションツールとの連携などが評価され、AIのビジネス活用を目的として多くの法人様で採用されています。総務人事部が担当する社内の問い合わせ対応、情報システム部が担当するITヘルプデスク対応など、法人における幅広い業務の効率化を実現しています。

[画像3: (リンク ») ]

※画面はサンプルです


■ 企業の「新しい働き方」をサポートする人事/労務/総務向け特設サイトのお知らせ

この度、ジェナでは人事・労務・総務部門のよくあるお悩み解決をサポートする、特設サイトをオープンいたしました。ジェナでは、これまでの200以上の支援実績をもとにAIチャットボットを通じて、人事・労務・総務部門の業務効率化や従業員の働きやすい環境作りに貢献いたします。「お役立ち資料」も無料配布しておりますので、是非ご覧ください。


▶︎▶︎▶︎ 人事・労務・総務部門向け特設サイトはこちら: (リンク »)

その他にもAIチャットボットのビジネス活用に関わる内容を中心に、働き方改革や生産性向上の推進に向けて、お役立ていただける情報を「hitTOブログ」にて発信しておりますので、是非ご活用ください。


■ AIチャットボットに関する「おすすめ記事」

[ 1 ] AIチャットボットと社内FAQの違いとは?
- 「FAQ」では解決しなかった、社内問い合わせの課題をAIチャットボットが解決 -
(リンク »)

[ 2 ] 失敗事例に学ぶ!AIチャットボット社内利用を検討する際の注意点
  -導入前に知っておきたい失敗パターンと対策 -
(リンク »)

[ 3 ] 働き方改革をサポートするAIチャットボットの導入効果とは?
-社内の問合せ対応業務の自動化で活用が進むAIチャットボット -
(リンク »)

[ 4 ] 【開催レポート】100名を超えるユーザー様がご来場! hitTO User Conference 2019
-当日のセミナーやhitTOユーザーアワード、懇親会の様子をご紹介 -
(リンク »)


■ 株式会社ジェナについて

株式会社ジェナは、社内向けAIチャットボット『hitTO(ヒット)』を提供しています。AIチャットボットを社内に「配属」し一緒に働くことで、問合せ対応工数の削減だけでなく、ナレッジ共有や24時間365日対応、従業員の潜在ニーズの見える化など、あらゆる面で業務改善を進めることができます。今後も、AIチャットボットの社内導入の価値を社会全体に発信し、企業の組織力の向上をサポート致します。

設立 :2006年3月
代表者 :五十嵐智博 木村彰人
資本金 :1億9,465万円(資本準備金を含む)
事業内容:AIチャットボット「hitTO」の提供

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジェナの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]