編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

OBC、『奉行Edge キャッシュレスクラウド』を1月28日発売

株式会社オービックビジネスコンサルタント

From: PR TIMES

2021-01-14 15:46

すべての企業で“すぐに・かんたん・手軽な“ 法人向けキャッシュレスを実現

勘定奉行・奉行クラウドをはじめとする基幹業務システムを開発・販売する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区/以下OBC)は、すべての企業で “すぐに・かんたん・手軽な” 法人向けキャッシュレスサービス『奉行Edge キャッシュレスクラウド』を1月28日から発売いたします。




[画像1: (リンク ») ]

企業で支払う経費は、一般的に従業員が立替し、小口現金で精算が行われていますが、現金を金種別に用意したり、定期的に残高を確認するなど経理部門にとって手間がかかる業務となっています。実際に経理担当者へのアンケートによると一般企業の小口現金の利用率は61.4%(※)となっており、さらに84.4%(※)の経理担当者が「小口現金を減らしたい」と感じています。世の中では電子マネーやクレジットカードをはじめとしたキャッシュレスが急速に普及しているにも関わらず、企業業務ではいまだ非効率な小口現金・立替精算が行われているのが実態です。

この背景には、運用上のキャッシュレス利用状況を会計システムに仕訳入力する必要だったり、キャッシュレスの運用ルールにおいて社内検討が必要などの課題があることや、そもそも法人のキャッシュレス化の主な手段であるクレジットカードでは、全従業員にカードを持たせることができないなど、企業全体のキャッシュレス化のハードルが高いことが考えられます。
(※)引用:TOMOWEL Payment Service調査 「経理担当者1,000名に聞いた会社のキャッシュレス化に関しての実態調査」

こういった現状を踏まえ、すぐに・かんたんに・手軽に法人が利用できるキャッシュレスの活用を目指して、従業員の立替をキャッシュレスに変えるだけで経理業務の自動化できる商品を新たに開発しました。『奉行Edge キャッシュレスクラウド』では、法人が利用できるチャージ方式に対応したプリペイドカードとキャッシュレス利用情報から経理仕訳までを自動化できるアプリケーション、さらに経理に求められるキャッシュレスの運用ルールを標準化することが可能です。

『奉行Edge キャッシュレスクラウド』では、累計65万社の導入実績を誇る奉行シリーズの業務ノウハウを凝縮した従業員向けサービス「奉行クラウドEdge」と、法人用キャッシュレスプリペイドカードを提供するTOMOWEL Payment Service株式会社(代表取締役社長:大橋 輝臣/本社:東京都文京区)の「Bizプリカ」、会計・税務コンサルティングのプロフェッショナルであるアクタス税理士法人(代表:加藤 幸人/本部:東京都港区/以下アクタス)が監修した「キャッシュレス運用ガイド」をすべてオールインワンで提供します。今後は、奉行シリーズのお客様を中心にキャッシュレス化を推進するとともに、中小企業の業務のデジタル化とDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現を支援していきます。

■概要と特長
『奉行Edge キャッシュレスクラウド』は、経費の利用を法人専用のプリペイドカードに変えるだけで、会計仕訳まで一連の業務プロセスを自動化することができます。また、キャッシュレス運用を標準化するためのガイドブックを提供することで、業務ルール・規程の作成を容易にし、最短1週間でキャッシュレス化を実現できる特長を備えています。


経費の利用から仕訳まで一連のプロセスを自動化

従来まで現金や個人のカードで支払っていた立替経費をサービスで提供されるカードを利用することで、カードの利用明細から自動的に仕訳を起票することができます。また、領収書はスマホから画像データで提出でき、自動的に仕訳に添付されるため、手作業が不要になります。

[画像2: (リンク ») ]



与信審査なしですぐにはじめられるMastercard(R)ブランドの法人プリペイドカード

『奉行Edge キャッシュレスクラウド』で提供されるカードは事前にチャージするプリペイド式のため、与信審査が必要なく、すべての企業ですぐに利用を開始できます。また、Mastercard(R)ブランドのため、国内・海外問わず様々なシーンで利用することができます。

[画像3: (リンク ») ]



税理士監修の運用ガイドで誰でも迷わず導入できる

法令に沿った運用を税理士が提供するガイドで標準化しています。はじめてのキャッシュレス運用から、電子帳簿保存法対応による証憑のデジタル化まで、すべての企業で迷うことなく実現することができます。

[画像4: (リンク ») ]

※電子帳簿保存法のガイドは今後対応予定

【価格例(税抜)】
『奉行Edge キャッシュレスクラウド』年間利用料 72,000円~

※ 価格例は、従業員20名の場合となります。ご契約は、法人単位で年間契約となります。
※ ご契約は、OBCが契約窓口となり、TOMOWEL Payment Service株式会社、アクタス税理士法人と連携して各プログラムをご提供します。
※ 本料金には、『勘定奉行クラウド』や『証憑保管アセンブリ』の利用料は含まれていません。
※ 『奉行Edge キャッシュレスクラウド』は、『勘定奉行クラウド』・『勘定奉行クラウド[個別原価管理編]』・『勘定奉行クラウド[建設業編]』のいずれかのサービスと連携が必要です。

▼『奉行Edge キャッシュレスクラウド』の詳細はこちら
(リンク »)

〇TOMOWEL Payment Service株式会社について
決済ソリューション事業を行う共同印刷グループの100%子会社です。2019年11月に法人向けプリペイドカードサービス「Bizプリカ」の販売を開始し、法人企業のキャッシュレス化を通して、多くの企業の経理業務効率化を実現しています。また、法人向けプリペイドカードサービスの第一人者としてオンラインセミナーやインタビュー記事の展開など、普及に向けた活動を積極的に行っている。
(リンク »)

〇アクタス税理士法人について
全国5拠点で税務会計・人事労務を中心にITを通じたコンサルティング事業を行うアクタスグループの税理士法人です。全国で電子帳簿保存法に関するセミナーを実施し、企業のペーパーレス化を推進している。また、お客様と同じ立場に立つ当事者として経営を考えることをモットーに、企業の成長と発展に貢献している。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]