内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)の登録について

ソニー銀行株式会社

From: PR TIMES

2021-01-18 11:46



ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:住本 雄一郎/本社:東京都千代田区)は、2021年1月15日付で、消費者庁の「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」の登録事業者となりましたのでお知らせいたします。

「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」とは、企業の内部統制およびコーポレート・ガバナンスの重要な要素である内部通報制度の適切な整備・運用の促進を図るため、2019年より消費者庁が導入した制度です。事業者が自らの内部通報制度を評価して認証基準に適合していると判定した場合、指定登録機関への申請および同機関による確認を経て、指定登録機関が当該事業者を自己適合宣言登録事業者として登録し、WCMS(*)マークの使用を許諾します。
(*)「Whistleblowing Compliance Management System」の略
[画像: (リンク ») ]


当社は、当社や子会社の役員、社員、派遣社員などが、会社の決定や方針、事業活動その他の行為について、法令や社内規則などに違反している(あるいは違反のおそれがある)と考える場合、当社が指定する窓口にその旨を通報することができる社内通報制度を設けています。また、情報提供者を保護するための適切な措置を講じ、報告された情報を厳重に管理したうえで所要の対応を行っています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソニー銀行株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]