編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

視聴参加者も投票できます! 参加型イベント「アフリカ新興テック ピッチ決勝戦」

日本経済新聞社

From: PR TIMES

2021-01-19 09:00

アフリカ19か国・2700社以上から選抜されたスタートアップ企業が、ウィズコロナ時代の新ビジネスを競います

日本経済新聞社は国際協力機構(JICA)と共催で、「アフリカ新興テック ピッチ決勝戦」と題するイベントをオンラインで開催します。



[画像: (リンク ») ]


世界が注目するアフリカテックマーケット
先進国の技術革新の歩みを一気に飛び越え、まさに「リープフロッグ」を地で行くのが今のアフリカです。
公共サービスが今なお不十分なアフリカゆえに、13億人の巨大マーケットのニーズに応え、社会的課題の解決を目指すのがアフリカテックビジネスの特徴と言えるでしょう。
2019年のアフリカスタートアップへの投資額は20億ドル(約2100億円)を超えました。東南アジアでスタートアップが急成長する直前の5年前とほぼ同じ水準です。日本からの投資や事業連携への期待も高まっている今こそ、アフリカ企業に目を向けてみませんか。

起業家支援を通じて現地の雇用問題や社会的課題の解決を目指す「NINJA事業」
NINJA(Next Innovation with Japan)事業は、日本国内外の企業と連携しつつ、アフリカ・アジアでスタートアップを育成するJICAのプロジェクトです。デジタルテクノロジーを活用し、若年層の失業や医療体制の不備などの現地の社会的課題をビジネスとして解決する起業家を支援しています。起業家育成活動や現地スタートアップに関する情報発信、アクセラレーション・プログラム、エコシステムの構築支援などに取り組んでいます。今回のイベントは、この「NINJA事業」の一環として開催されます。

参加型のオンラインイベントです
本セミナーは、Zoomウェビナーを使い、ライブ配信します。視聴参加者の方からのアンケート結果、QAsに対応しながらインタラクティブに運営します。また、視聴参加者の投票で選ぶ優秀賞も用意しています。

◆詳細・参加お申し込み(先着3000名)はこちらから
(リンク »)

◆2020年11月5日に開催したアフリカのスタートアップに関するウェビナー(「世界が注目 アフリカ新興テック」)の様子はこちらからご覧いただけます。ぜひ、ご参考ください。
(リンク »)

◆このほかの日本経済新聞社のイベント情報はこちらから (リンク »)


日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の販売部数は現在約199万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」をはじめとするデジタル有料購読数は81万で、有料・無料登録を合わせた会員数は500万を上回っています。

本件に対する問い合わせ
日本経済新聞社 広報室 TEL:(03)3270-0251 (代表)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本経済新聞社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]