編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

OBC、『奉行クラウド』と『kintone』のシームレス連携を開始

株式会社オービックビジネスコンサルタント

From: PR TIMES

2021-01-19 13:46

バックオフィス業務と現場業務のデジタル化を実現

勘定奉行・奉行クラウドをはじめとする基幹業務システムを開発・販売する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社:東京都新宿区、以下「OBC」)は、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:吉松 正三、以下「JBAT」)と協業し、『奉行クラウド』とサイボウズ社の業務改善プラットフォーム『kintone』を連携し、中堅・中小企業向けに展開を開始したことをお知らせします。この展開は、全国のOBCパートナー経由で提供される『奉行クラウド kintone連携用ツール』により実現していきます。



[画像1: (リンク ») ]

激変する環境下で業務の生産性を向上するために、多くの企業で「業務のデジタル化」が進んでいます。特に、管理部門や現場部門など業務に対応できるクラウドサービスの導入が進んでおり、部門の最適化が進む一方で、それぞれのサービスの情報や業務プロセスがつながっていない状態が存在します。そのため、二重入力の発生やマスタの不整合などによる別の課題が多く発生しています。OBCの『奉行クラウド』は、22の業務領域をカバーするクラウドサービスとして主に管理部門・業務部門での採用をいただいておりますが、現場部門のフロント業務で多様なニーズに対応し導入が進んでいるクラウドサービス『kintone』との連携をツール化することで、無用な連携にかかるコストを削減し、企業全体の業務デジタル化の推進を行っていきたいと考えています。

▼連携ができない事で発生する課題
・管理部門の課題
現場部門で処理された情報を利用できず、業務担当者が二重入力する必要がある
・現場部門の課題
取引先や実績などが部門別にバラバラに管理されており、都度メンテナンスが必要
管理部門の持つ情報が共有されていないため、正確なデータがすぐに確認できない。
・システム提供者・開発者の課題
連携するための個別開発が必要となり、高額な投資が必要。
連携開発には基幹システム(奉行クラウド)と現場側のシステム(kintone)双方のノウハウが必要であり、高いスキルが求められる。

これらの課題を解消するために、『kintone』と『奉行クラウド』のAPIによる自動連携を、APIのノウハウ不要で実現できる『奉行クラウド kintone連携用ツール』の提供を開始します。

■特長

従来の5分の1のコストで連携が実現できる『奉行クラウド kintone 連携用ツール』

『奉行クラウド kintone連携用ツール』では、『kintone』と『奉行クラウド』の連携を自動化するために必要だった開発コストが、従来の5分の1以下で実現できる低コストの開発ツールです。このツールをkintoneアプリに組み込むことで『奉行クラウド』と『kintone』をシームレスな連携を短期間で実現できます。
『奉行クラウド』のデータを『kintone』で直接参照・共有でき、『kintone』で入力した内容を『奉行クラウド』に自動で書き込む等、多様なデータ連携機能を備えています。ツールの提供基盤として、JBATのクラウド連携プラットフォーム「Qanat Universe」を活用し、高いレベルのバックオフィス業務とフロント業務の融合がすべての企業で実現できます。この基盤は、OBCが『奉行クラウド』と様々なサービスとのデータ連携を目的に「奉行クラウドApp Connect」でも採用しており、信頼性の高い連携基盤として安心してご利用いただけます。

『kintone』と『奉行クラウド』をシームレスにつなげ、業務生産性を大幅に向上

『奉行クラウド kintone連携用ツール』により、『kintone』で実現するフロント業務のデジタルデータを管理部門側へシームレスにつなげることで、さまざまな業務の生産性を大幅に向上できます。

[画像2: (リンク ») ]



全国3,000社のパートナーを経由して提供

『奉行クラウド kintone連携用ツール』は、全国3,000社の『奉行クラウド』および『kintone』を展開するパートナーへ提供されるため、連携を希望されるユーザーは、これらのパートナーを通じて『kintone』と『奉行クラウド』の自動連携による業務効率化を低コストで手軽に入手すること可能です。
OBCは、業務のデジタル化を実現するため、柔軟な働き方の実現と業務生産性の向上を目指す中堅中小企業を支援してまいります。

■『奉行クラウド kintone連携用ツール』の詳細について
▼お客様サイトはこちら
(リンク »)
▼販売パートナー様サイトはこちら
(リンク »)

【サイボウズ株式会社からのエンドースメントを頂いております】

サイボウズ株式会社 執行役員 営業本部長 兼 事業戦略室長 栗山 圭太 氏

サイボウズ株式会社は株式会社オービックビジネスコンサルタントとJBアドバンスト・テクノロジー株式会社の『奉行クラウド kintone連携用ツール』提供開始を心より歓迎いたします。

今回の連携用ツールにより奉行クラウドとkintoneのデータが自動連携されることで、お客様の業務が円滑になり、新たな価値を生み出すことを期待しております。今後もさらなるパートナーシップ構築に勤しみ、お客様に最適なソリューションをご提供いたします。

■株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)について
OBCは、『勘定奉行クラウド』をはじめとする『奉行クラウド』を主力商品として、お客様のニーズに沿って業務スタイルに変化をもたらす商品をお届けしています。累計63万社を超える奉行シリーズのお客様を中心に、従来のシステムをクラウドに転換する「UP to クラウド」を推進し、深刻な労働力不足を背景として多くの企業にとって喫緊の課題となっている業務生産性を飛躍的に向上させていきます。

所在地 :東京都新宿区西新宿六丁目8番1号住友不動産新宿オークタワー29F
代表者 :代表取締役社長 和田 成史
事業内容 :ビジネスソリューションテクノロジー及びITソリューションテクノロジーの開発販売、
プロダクトに対する保守・導入指導等のサービス提供
会社HP : (リンク »)

■JBアドバンスト・テクノロジー株式会社について
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社は、JBCCホールディングス株式会社の事業会社。JBグループにおいてクラウドサービスやソフトウェア等の製品開発および先進技術の研究を担い、ハイブリッド・クラウド環境での様々なデータをつなぐ“Qanatシリーズ”をはじめ、お客様の業務のデジタル化を実現するソリューションを開発・提供しています。

所在地 :神奈川県川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア西館20階
代表者 :代表取締役社長:吉松 正三
会社HP : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]