編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

ワコムのペンタブレットとChromebookでデジタルでの学習、授業、クリエイティブ制作が簡単に

株式会社ワコム

From: PR TIMES

2021-01-26 16:17

~人気が高まるChromebookのユーザーに向け、ペンタブレットのChrome OS対応に着手。One by Wacom(R)がワコム初のWorks With Chromebook認定を取得~

株式会社ワコムは教育分野へのサポートとして、教師と生徒の双方が簡単にオンライン授業を始めることができるソリューションとサービスの拡充に努めています。その重要なステップとして、「One by Wacom(R)」がWorks With Chromebookの基準を満たしたワコム初のChromebook対応製品として認定されました。また、教師と生徒がワコムペンを最大限に活用して授業が行えるように、「ワコムペンタブレットとChromebook」に関する情報をまとめたコンテンツライブラリを開設すると同時に、教師に向けたユーザーコミュニティ「Teachers for Teachers」を創設する予定です。さらに、教育分野の幅広いご要望にお応えするため、学校管理者と設備担当者、教師と生徒が個々に利用するツールから学校や施設のための統合ソリューションまで、1つの窓口ですべてのワコム製品にアクセスできるよう準備を進めています。



[画像: (リンク ») ]

「デジタル化は教育現場にとって大きなメリットがある一方で、実現には困難も伴います。デジタルペン技術のパイオニアとして、ワコムは教師、生徒、学校管理者に信頼性が高く、持続可能で使いやすいソリューションを提供しています。ワコムのペンタブレットや液晶ペンタブレットがChrome OSに対応したことで、Chromebookをご愛用されているユーザーの皆さまにもデジタル上で自然で直感的に創作や仕事、学習指導をしていただけるようになりました」 とクリエイティブ・ビジネス・ユニットのエグゼクティブバイスプレジデント、ファイク・カラオグルは述べます。


※「One by Wacom」の詳細はこちらから:
(リンク »)

ワコム製品 と Chromebook でオンライン学習を次のレベルに

デジタルペンは教育において強力なツールとなります。教室で黒板に書くように、オンライン上で教師と生徒が双方でメモや注釈、数学の解答を書いたり、図を描いたりしながら視覚的に説明することができます。特にSTEAM教育(科学、技術、工学、芸術、数学)においては、デジタルペンが役立ちます。

「One by Wacom」とChromebookの利点を組み合わせることで、生徒と教師が持つ既存のPC環境がアップグレードされ、安心して利用できるソリューションとして学校設備や自宅などから参加するオンライン学習用途に活用いただけます。オンライン教育ツールと共に使用することで、教師と生徒がさまざまな場所や複数のデバイスからリアルタイムで簡単に相互コミュニケーションを図ったり、共同作業したりすることができます。

Chromebook は生徒、教師、学校管理者が高速で直感的に利用でき、管理しやすいコンピューターシステムを低い総所有コストで実現するシンプルでパワフルなソリューションです。
最近の Chromebook は、画面に直接書き込み可能なペン対応モデルも増えています。Chromebookの画面に直接書き込むのとは別のペン入力デバイスで書き込みたい場合は、簡単に接続できるPCアクセサリの「One by Wacom」をご利用いただけます。 ワコムはGoogleと協力してChromebookと互換性がある製品の拡充に取り組んでおり、今後ますます増えていくChromebookユーザーにペンタブレットおよび液晶ペンタブレットをお届けしていきます。

簡単にはじめられるペンタブレット

「One by Wacom」は、最新のChrome OSを搭載したChromebookにもUSB(Type-A)接続して使うことができます。箱から取り出してすぐ使用でき、ドライバーをインストールする必要もありません。Chromebookに接続した「One by Wacom」は、人間工学に基づいた製品デザインと、遅延なく描くことができる筆圧に対応した専用ペンで、ペンタブレット上に自然な描き心地でメモ書きしたり、イラストやお絵かき、スケッチ、画像の編集をすることができます。また、ペンには、電池も充電も必要ありません。軽量で手に馴染むバランスの良いペンは何時間でも快適に使用でき、紙の上に鉛筆で書いたり、ホワイトボード上にマーカーペンで書くように操作ができます。

また、「One by Wacom」とChromebookは、Chrome OS用のお絵かきアプリや、写真編集アプリでデジタル制作を始めたい方にもおすすめです。「One by Wacom」はセルシスが提供を開始したイラスト・マンガ・アニメーション制作アプリCLIP STUDIO PAINT Chromebook版にも対応しています。

※CLIP STUDIO PAINT Chromebook版はこちらから入手できます。
(リンク »)

「CLIP STUDIO PAINT Chromebook版は、CLIP STUDIO PAINTのすべての機能を搭載し、Windows、macOS、iPad、iPhone、Galaxy、Android版と同じ機能が利用できます。長年のパートナーであるワコムがWorks With Chromebook認証プログラムに参加する一方で、セルシスはすべてのデジタルクリエイターにスムーズなクリエイティブ体験を提供するために、ワコムのペンタブレット、Chromebook、CLIP STUDIO PAINTの組み合わせで動作確認を進め、サポートに取り組んでいます。Chromebook対応に共に取り組むことで 、CLIP STUDIO PAINTとワコムの提携がさらに強化されました」と株式会社セルシスの代表取締役社長、成島啓氏は述べます。

「One by Wacom」はChromebook、Windows、Macに対応します。ワコム独自のテクノロジーを専用のペンタブレット本体に採用しており、Chromebookの画面上に直接書けるUSI(Universal Styrus Initiative)規格のChromebook付属またはアクセサリー購入できるペンとは互いに干渉することなく利用することができます。「One by Wacom」はワコム直営オンラインストアで限定販売しています。(ワコムストア税込価格 ¥8,800)

※ワコムストアでのご購入はこちらから:
(リンク »)

※ワコムはUSIの初期メンバーであり、その活動を支持しています。

【ワコムについて】
株式会社ワコム(東証一部: 6727)は、デジタルペンの技術を通して、「デジタルで描(書)く」体験をお客様の様々な二ーズに合わせてお届けする、「テクノロジー・リーダーシップ・カンパニー」です。ワコムのペンタブレット製品は、全世界150以上の国と地域で、映画制作や工業デザインのスタジオ、デザイナー、マンガ家などのプロクリエイターから、趣味でイラストや写真加工を楽しまれる方まで幅広くご愛用いただいております。また、「書いて学ぶ」ことが欠かせない学校や塾など教育の現場、医療現場での電子カルテ等の記入、金融機関等での各種申込書、クレジットカードの電子サイン用にも、ワコムの製品は使用されています。さらには、オフィスや家庭で使われているデジタルペンを搭載したパソコン、タブレット、スマートフォン向けにもワコムのペン技術をOEM提供しており、多くのモバイルIT機器に搭載いただいています。 ワコムはこれからも、最先端技術との連携も視野に入れた新しいデジタルペンの体験と価値をお届けしてまいります。

※ワコム、Wacomは株式会社ワコムの商標または登録商標です。
※Google、Google Chrome、Chromebook、Works With Chromebook は、Google LLC の商標です。
※その他、本書に記載されている会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。
※本書に記載されている内容は発表時点のものです。やむをえない事情で当日の内容に変更が生じる場合があります。

<お客様からのお問い合わせ先>
ワコムインフォメーションセンター
電話:0120-056-814 (受付時間: 9:00~12:00 / 13:00~18:00、土日祝日を除く)
Eメール:tablet_info(at)wacom.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ワコムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]