編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

【オリックス】英国の資産運用会社Gravis Capital Managementの株式取得を完了

オリックス株式会社

From: PR TIMES

2021-02-01 13:17

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、2020年12月4日付プレスリリース「英国の資産運用会社Gravis Capital Managementを買収」※1でお知らせしました通り、このたび、Gravis Capital Management Ltd.(本社:イギリス・ロンドン、以下「GCM」)の発行済株式70%の取得を完了しましたのでお知らせします。

GCMは、主に英国のインフラや再生可能エネルギー、不動産などESGの観点から選別したアセットを投資対象としたファンドを運営するオルタナティブ資産運用会社です。現在、クローズドエンド型上場ファンドなど6本、資産規模合計約2.9bnポンド(約4,000億円)のファンドを運営しており、機関投資家を主な顧客としています。

GCMが運営するファンドは、再生可能エネルギーやインフラ、不動産を投資対象としていることから、オリックスグループの各事業との親和性が高く、本買収により既存ファンドのポートフォリオの拡充やファンドの新規組成など、GCMのさらなる成長の後押しが可能になります。GCMはこれまでの経営陣のもとでファンド運営事業を展開するとともに、オリックスはGCMの経営強化および事業拡大を支援します。

オリックスは、持続可能な社会の実現に向けて、今後も成長が見込める分野への投資を積極的に行い、グローバルマーケットでの事業拡大を目指してまいります。

※1 2020年12月4日付プレスリリース:英国の資産運用会社Gravis Capital Managementを買収
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]