編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

メール配信システム「Cuenote FC」においてフリークエンシー機能を提供開始

ユミルリンク株式会社

From: PR TIMES

2021-02-03 15:47

~過度なコミュニケーションを自動回避、顧客との良好な関係を維持~

阪急阪神ホールディングスグループのユミルリンク株式会社(代表取締役社長:清水 亘、本社:東京都渋谷区)は、メール配信システム「Cuenote FC」にフリークエンシー機能を追加した最新版を本日(2021年2月3日)から提供開始いたします。



 ユミルリンクが提供するメッセージングソリューション「Cuenote(キューノート)」シリーズは、独自に開発したメール配信エンジン(MTA)によりメール・SMS配信が高速・確実に実行でき、月間のメール・SMS配信数は国内最大規模となる44億通を誇ります。更にシンプルで簡単に操作できることから、各自治体や大手企業をはじめ多くの企業・団体にご利用いただいており、サービス契約数は1,800を超えます。

 今回メール配信システム「Cuenote FC」に新たに追加するフリークエンシー機能は、画面上で「期間」「通数」を指定するだけで同一顧客(メールアドレス)へのメッセージ送信数を制御する機能で、メッセージ送信数の過多に伴うオプトアウト(購読解除)や退会を低減でき、顧客との良好な関係維持に役立ちます。

 本機能は、Cuenote FC クラウドサービス(ASP・SaaS)の標準機能として提供いたします。
[画像: (リンク ») ]


【機能追加に至った背景】

 メールマーケティングがオンラインによる顧客との関係維持やプロモーション、通知などの用途で積極的に活用される中、オプトアウトや退会者の低減は重要な課題です。その対策の一つとして、適切なコミュニケーション頻度を維持することが求められます。
 一方で、顧客数増加やセグメンテーションの細分化、メッセージ送信タイミングの多様化などにより顧客毎のメッセージ送信数管理は難易度を増す傾向にあり、新たな設備投資や担当者の業務負荷増加を伴います。

【フリークエンシー機能の概要】

 本機能では、担当者が配信毎に「期間」と「通数」を指定するだけで、顧客毎の送信を制御できます。顧客に対する過多なコミュニケーションを回避し、良好な関係維持に役立ちます。


 ユミルリンクでは今後も、企業と消費者のコミュニケーションを実現するメール配信システムのプラットフォームとしてさまざまなデータを活用し、マーケティング効果を高める機能やサービスの拡充に努めてまいります。


【提供形態/販売価格】

<メール配信システム Cuenote FC>
・クラウドサービス(ASP・SaaS)
 初期費用:33,000円~(税込) 月額費用:5,500円~(税込)
・オンプレミス型(ライセンス)
 初期費用:2,475,000円~(税込) 月額費用: 50,600円~(税込)


<会社概要>

社 名 :ユミルリンク株式会社
代表取締役社長:清水 亘
資本金 :1億1,828万円
本 社 :東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー12F
設 立 :1999年7月
事業内容:クラウドサービス(ASP・SaaS)事業、ソフトウエアプロダクト事業
主要株主:アイテック阪急阪神株式会社
詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

*「Cuenote」は、ユミルリンクの商標又は登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]