編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

アドウェイズ、TetaVi社、クレッセント社と戦略的パートナーシップを提携

株式会社アドウェイズ

From: PR TIMES

2021-02-08 12:16

~「ボリュメトリックビデオ」で全く新しい高品質な映像体験を提供~

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡村 陽久、以下アドウェイズ)は、TetaVi社(本社:イスラエル、CEO:Gilad Talmon、以下TetaVi)、株式会社クレッセント(本社:東京都江東区、代表取締役:小谷 創、以下クレッセント)と「ボリュメトリックビデオ」のサービス化を図る為、パートナーシップ提携を開始いたしました。



「ボリュメトリックビデオ」は、複数のカメラで撮影した人物や空間を3D CG化する技術です。空間自体を3次元のデジタルデータへ変換しているため、視聴者は360度自由な視点から映像を視聴する事ができます。
今後、次世代通信規格5Gの普及により、高速・大容量・低遅延でのハイクオリティな映像体験が可能となり、「ボリュメトリックビデオ」の活用シーンも増えていくことが期待されています。

この度、アドウェイズは、世界でもトップレベルの「ボリュメトリックビデオ」の撮影技術を保有するイスラエルの企業TetaViへ出資いたしました。次世代のコンテンツソリューションとして取り組んでいる「ボリュメトリックビデオ」では、投資先であるTetaViが持つ独自のアルゴリズムによって実現したグリーンスクリーン背景を必要としないポータブル「Volumetric Capture System」と、戦略的パートナーシップ提携先であるクレッセントが持つ最新鋭の専用スタジオと連携し、人物などの撮影から3Dモデル化、編集までを一気通貫して制作する事が可能となります。
バーチャルコンサートや映画等のエンターテインメントを始め、イベント、スポーツ、ファッション等、様々な分野、ニーズに応じた高品質な映像制作をサポートいたします。

[画像1: (リンク ») ]


ユーザーは、最先端のキャプチャシステムから提供される高品質な360度のホログラムにより、没入感のある、全く新しいAR(拡張現実)での映像体験を専用アプリのインストールの必要なく、スマートフォンのブラウザ上でお楽しみいただけます。

■「ボリュメトリックビデオ」体験QRコード
[画像2: (リンク ») ]

(リンク »)

アドウェイズグループは、今後も市場のニーズにいち早く対応し、世界各国で効率的且つ実用的な広告マーケティングサービスを提供することで、世界中から「なにこれ すげー こんなのはじめて」と言われるよう、尽力してまいります。


■TetaVi社について (リンク »)
2016年に設立されたTetaViは、理想的なボリュメトリックビデオキャプチャの完成と普及を目指し、没入型メディア、ゲーム、バーチャルコンテンツ向けの再現度の高いホログラムの作成技術に取り組んでいます。 同社はテルアビブ、ニューヨーク、ロサンゼルス、東京にオフィスを構え、他のEMEA地域にも積極的に拡大しています。

■株式会社クレッセントについて (リンク »)
1999年に設立。TetaViの日本総代理店かつ、世界初の商用ボリューメトリクススタジオを運営。
合わせて代理店である、光学式モーションキャプチャシステムやフォトグラメトリ技術を活用して、ハイスピードコンテンツや顧客の高い要望に対応している。

□■□株式会社アドウェイズについて  (リンク »)
2001年設立。2006年に東証マザーズ、2020年に東証一部に上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドウェイズの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]