編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

中国SNS上で話題を作り、売上向上につなげる「小紅書(RED)プロモーションパッケージ」を提供開始

アライドアーキテクツ株式会社

From: PR TIMES

2021-02-09 16:47

中国展開を実施・検討中の美容系企業向けに小紅書(RED)活用の総合支援を実施

 ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO:中村壮秀、証券コード:6081)は、中国展開を実施・検討中の美容系企業向けに、小紅書(RED)上での商品・ブランドについての話題を作り売上向上につなげる新サービス「小紅書(RED)プロモーションパッケージ」の提供を開始しましたのでお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]



提供背景

 中国では近年、ライフスタイル・美容・ファッション・旅行などの情報を共有するSNS「小紅書(RED)」が人気を博しており、月間利用者数が1億人(※1)を超えています。ユーザーは女性が約8割、20代が約7割を占め、消費力・購買意欲が高いと言われているZ世代(※2)や中国都市部の女性が多いことが特徴です。Eコマース機能を兼ね備え、口コミ検索から購買までシームレスに行なうことができるため、小紅書(RED)上で閲覧数が上昇している化粧品(※3)をはじめとした女性向け商材を取り扱う企業のマーケティング活用にも注目されています。

 しかし、小紅書(RED)のトレンドを把握して、中国人の感性に合わせた画像・動画を制作したり、KOL(※4)・KOC(※5)等のインフルエンサーを起用したりするなど、日本企業が単独でプロモーション施策を実施するには多くの課題があります。

※1 出典:RED公式プレスリリース「小红书联合“国际商标协会”,共同推进“正品”保护」
※2 1995年以降に産まれた世代のことを指し、デジタルネイティブで購買意欲が高いことが特徴。
※3 出典:2020小红书年中美妆洞察报告
※4 Key Opinion Leaderの略称。中国で多大な影響力を持つインフルサーを指す。
※5 Key Opinion Customerの略称。口コミを発信する消費者を指し、ありのままの発信が信頼性を生み、他の消費者に影響を与える。

「小紅書(RED)プロモーションパッケージ」とは

 「小紅書(RED)プロモーションパッケージ」は、中国展開を実施・検討中の美容系企業向けに、企業公式アカウントの運営、KOLプロモーション・KOCプロモーションの実施を組み合わせて、小紅書(RED)上で商品・ブランドについての話題化や口コミの創出を実現し、売上向上につなげるサービスです。

 中国の消費者は商品を購入する際にSNS上の口コミを重視することから、小紅書(RED)上での話題化や口コミの質・量を重視したサポートを行ないます。
[画像2: (リンク ») ]

特長1:企業公式アカウントの開設から日々の運営までサポート
 小紅書(RED)の投稿トレンドや中国人の感性を熟知した中国人スタッフがアカウント開設、投稿内容の企画、制作、投稿作業、定期的なレポート報告まで行ないます。最新動向を把握した効果的な運営を恒常化することができます。

特長2:目的や予算に合わせて幅広いKOLを適切に起用したプロモーションの実施が可能
 当社が保有する幅広いKOLネットワークや、日本での独占販売権を保有し100万人を超えるKOL・KOCが登録されているキャスティングプラットフォーム「WEIQ」、当社の連結子会社で日本人動画クリエイターやタレントの中国進出を支援するVstar Japan株式会社との連携により、中国在住中国人・在日中国人・日本人という幅広いKOLを起用することが可能です。企業ブランドとの親和性や予算、過去のプロモーション起用実績等をもとに最適なKOLを起用し、画像投稿、動画投稿、ライブ配信など様々な施策の実施が可能です。

特長3:良質な画像・動画の口コミ創出が可能な在日や中国在住の中国人と連携したKOCプロモーションの実施が可能
 当社が独自に構築する日本最大級の在日中国人女性コミュニティ「BoJapan」や、WEIQに登録されている中国在住中国人を起用したKOCプロモーションを実施し、小紅書(RED)への良質な口コミ創出、話題化、情報拡散等が可能です。BoJapanでは、サンプリング、ライブ配信、調査、Zoomを活用した座談会、来店施策、コミュニティネットワークを活用したコンテンツ拡散など、”日本在住”というコミュニティメンバーの属性を生かした多彩なメニューから、企業の現状や課題に合わせて最適な施策を提案します。


小紅書(RED)の最新動向や企業のマーケティング活用事例を解説するセミナーを開催

 このたびの小紅書(RED)プロモーションパッケージの提供開始に伴い、小紅書(RED)の最新動向や企業のマーケティング活用事例を解説するセミナーを開催いたします。

[表: (リンク ») ]



 当社は今後も中国の市場動向に合わせた効果的なマーケティングサービスを提供し、日本企業の中国向けマーケティング施策における更なる成果向上や価値の提供に貢献してまいります。

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>
・代表者 : 代表取締役CEO 中村壮秀
・所在地 : 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
・URL : (リンク »)
・設立 : 2005年8月30日
・事業内容 : ソーシャルテクノロジーによるマーケティング支援事業

<アライドアーキテクツとは>
アライドアーキテクツは、ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援します。2005年の創業時から一貫して生活者を社会の主役と位置づけ、企業とのつながりを生み出す多様なマーケティング支援サービスを開発・提供しています。累計4000社以上への支援を経て得られた豊富な実績・知見を活用し、世界中の生活者と企業のつながりを創出しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在はアジアや欧米など世界に向けてサービスを提供しています。
* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]