編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

さまざまな在宅需要に対応する低印刷コストのプリンター。エコタンク搭載モデル『EP-M553T』新発売

エプソン販売株式会社

From: PR TIMES

2021-02-15 18:47

商品本体に使われているプラスチック約30%にリサイクル素材を使用し環境にも配慮

エプソンは、家庭用インクジェットプリンターの新商品として、本体に大容量インクタンクを搭載したエコタンク搭載モデル『EP-M553T』を、2021年2月26日(金)より発売します。



[画像1: (リンク ») ]

 エコタンク搭載モデルは、低印刷コストに加え、プリント機会の多いお客様のインク交換の手間を軽減するプリンターとして、ビジネスからホーム用途まで幅広いお客様にご好評をいただいています。在宅での仕事や学習機会が増加する昨今、気軽に自宅でプリントしたいお客様のニーズも高まっています。

 新商品は、コンパクトな本体サイズにコピーやスキャン、無線LAN機能やスマホ対応などの基本機能を搭載し、お求めやすい価格を実現したベーシックモデルです。使い切りサイズのインクボトルでA4カラー文書を約600ページ※1プリントでき、さらにA4カラー文書が約3.0円(税込)※1※2と低印刷コストを実現、ご家庭で気兼ねなくプリントいただけます。また、商品本体に使用されているプラスチックの約30%にリサイクル素材(再生プラスチック)を使用、環境にも配慮しています。
▽EP-M553Tの商品ページ: (リンク »)

■新商品の価格、発売日は、以下の通りです。
[画像2: (リンク ») ]


■『EP-M553T』の主な特長
[画像3: (リンク ») ]

1)お求めやすいインクボトルで低印刷コスト 染料4色インクを搭載し写真や文書など、ご家庭のさまざまなプリントニーズに対応します。A4カラー文書1枚で約3.0円(税込)※1※2、A4モノクロ文書で約1.3円(税込)※1※2、L判写真で約9.3円(税込)※1※2と低印刷コストを実現。ボトルは、挿すだけですぐにインク補充が開始されます。満タンになると自動で止まるので手も汚れにくく、手間もかかりません。さらに、タンクとインクボトルの注入口の形状が色ごとに異なるので、入れ間違いも起こりません。

<さまざまな在宅プリント需要に対応>
[画像4: (リンク ») ]

2)スマホ連携で簡単操作

[画像5: (リンク ») ]

スマホアプリ「Epson Smart Panel」に対応。スマホからの簡単操作で、スキャンやコピー、プリントが楽しめるほか、商品購入時には「Epson Smart Panel」からBluetooth(R)の拡張仕様Bluetooth(R) LEを使って、Wi-Fi(R)設定など初期セットアップ作業も簡単に行うことができます。


本リリース上の他者商標の帰属先は、商標について( (リンク ») )をご確認ください。
※1: 印刷コスト、印刷可能枚数(イールド枚数)の算出条件につきましては、エプソンのホームページをご覧ください。
※2: インクボトル増量サイズ使用時。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]