編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

日経コーパスを販売、フリットジャパンと協働

日本経済新聞社

From: PR TIMES

2021-02-16 18:17

分析用記事データを提供 顧客のマーケティングDXを加速

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は、日本経済新聞社が提供する日経コーパス(研究・分析用の記事データ)に関して、フリットジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:冨山亮太、以下、フリットジャパン)と委託販売契約を締結しました。
フリットジャパンは、韓国市場上場のベンチャー企業Flitto, Incの日本法人で2018年7月に設立。言語や音声などの各種データや翻訳プラットフォームの提供をしている会社です。今回の委託販売契約締結を機に、日本経済新聞社の記事データとフリットジャパンの言語関連分野におけるノウハウを融合することで、ビジネスや金融、経済におけるテキストデータを活用したソリューションとして付加価値の高いコンテンツ、サービスの開発・運営に取り組んでまいります。
<フリットジャパン>
TEL:(03)4500-1794 (代表)   E-mail: flittojapan@flitto.com



日経コーパスについて
コーパスとは実際に使用された文章を大量に集めて整理し、コンピュータで検索できるようにした言語データのことです。言語学における自然言語処理などで用いられており、近年は機械学習技術の進化を背景にテキスト解析AIや機械翻訳における機械学習用データとしての需要が拡大しております。ビジネスなどの特定分野においては、高精度の学習効果を得るために高品質かつ文脈に沿った適切な学習用データが求められています。

日経コーパスは日本経済新聞などの記事本文にキーワードや企業コードなどの情報を付与したデータです。日経コーパスを学習用データとして取り込むことでビジネスや金融、経済分野に適した学習が可能となります。ビジネス分野におけるAI開発に貢献することで、社内に蓄積されたテキストデータの有効活用など、マーケティングDXの加速を実現してまいります。

(リンク »)


日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の販売部数は現在約199万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」をはじめとするデジタル有料購読数は84万で、有料・無料登録を合わせた会員数は500万を上回っています。

フリットジャパンついて
フリットジャパンは多様なオンライン翻訳サービス提供するFlitto, Inc.(本社韓国、KOSDAK上場)の日本法人です。FlittoはWebブラウザ、アプリを通じてサービスを提供しており、世界173カ国1,050万人のユーザーと約300万人の翻訳家が登録されています。アプリを通じて言語データの作成や収集を行っており25ヶ国語以上の言語データをテキスト、音声、画像データとして提供が可能です。言語の壁を壊す事で、世界中の人が平等な機会を得る事ができる世界を目指します。

本件に対する問い合わせ
日本経済新聞社 広報室 TEL:(03)3270-0251 (代表)
[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本経済新聞社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]