編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

テラデータ、Teradata VantageをGoogle Cloud Marketplaceで提供開始

日本テラデータ株式会社

From: PR TIMES

2021-02-17 11:17

開始Google Cloudで調達プロセスを簡素化し合理化するワンストップショッピングを実現

米国カリフォルニア州サンディエゴ – クラウドデータ分析プラットフォームを提供するテラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は本日、Teradata VantageをGoogle Cloud Marketplaceで提供可能になったことを発表します。Google Cloud Marketplaceは、お客様がGoogle Cloud上で動作する機能的なソフトウェアパッケージをすばやく展開できるオンラインストアです。

Vantage on Google Cloudを使用するお客様は、Google Cloud Marketplaceを介して、お客様のGoogle Cloud契約でVantage on Google Cloudをサブスクライブできるようになりました。MarketplaceからVantage on Googleにサブスクライブすることで、お客様はGoogle Cloudへの支出コミットメントから引き落としができ、単一のチャネルを通じて調達と請求のプロセスを大幅に簡素化することができます。

テラデータのディレクター兼クラウドアドボケイトであるBrian Woodは、次のように述べています。「当社の世界レベルのエンタープライズ規模のクラウドデータ分析プラットフォームを、お客様が選んだ環境でサブスクライブして展開できる柔軟性を提供できると考えています。Google Cloudのグローバル・インフラストラクチャとその高速で信頼性の高いソフトウェア定義ネットワークの使用を希望する企業向けに、当社は、Google Cloud Marketplaceを介して、簡素化および合理化したVantage調達エクスペリエンスを提供してます。お客様は、最も複雑なデータ分析を大規模に実現するVantage on Google Cloudの素晴らしさを、シンプルで使いやすいGoogle Cloud Marketplaceのワンストップショッピング環境で体験できるのです。」

Vantage on Google CloudはAs-a-serviceとして提供されるため、企業は必要に応じて小規模で弾力的に拡張できるコンピューティングとストレージを個別に開始できます。価格設定モデルの柔軟性とVantageソフトウェア層の選択の組み合わせにより、テラデータのクラウドは、分析機能とパフォーマンスをさまざまなビジネス要件に適合させることができます。ユーザーは、データがGoogle Cloud Storage、Hadoop、オンプレミスなど、どの場所にあるかに関係なく、データを組み合わせてクエリーを実行でき、また希望のデータパイプライン、ビジネスインテリジェンス、およびお好みなビジュアライゼーションツールと統合できます。また、Vantageはどこでも同じように使えるソフトウェアであるため、オンプレミスとGoogle Cloudの間でワークロードを移行するリスクが大幅に軽減されます。

さらに、Teradata Vantage on Google Cloudはお客様に以下を提供します。
· エンタープライズセキュリティと監査コンプライアンス
· 通信データおよび保存されたデータの暗号化
· 稼働率99.9%の保証
· システム・メンテナンスとパッチ管理
· ストレージに依存しないコンピューティングリソースの簡単なスケーリング

Teradata Vantageは、最新のマルチクラウドデータ分析プラットフォームソフトウェアであり、分析、データレイク、データウェアハウスを一元化してエコシステムを簡素化できます。Vantageがあれば、企業はサイロを排除し、すべてのデータを高いコスト効率でクエリして、ビジネスの全体像を把握できます。

提供状況
Teradata Vantage on Google Cloudは現在、Google Cloud Marketplaceで利用でき、北米(米国とカナダ)、ロンドン、フランクフルト、シドニーのGoogle Cloudデータセンターでご利用いただけます。今後、利用できるリージョンが拡大される予定です。

Teradata Vantageについて
テラデータの主力製品であるデータ分析プラットフォームソフトウェア「Teradata Vantage」は、データウェアハウスとデータレイクをクラウド、オンプレミスまたはクラウド上で統合し、すべてのデータに透過的にアクセスできるようにします。エンタープライズレベルのハイパフォーマンス、高可用性、高拡張性を備え、マシンラーニングをはじめとする最新の高度なアナリティクスを行う各種言語、ツールを活用した大規模なアナリティクスを実現することで、お客様のすべてのビジネス課題に価値ある「答え」をリアルタイムで提供します。詳細はteradata.jpをご覧ください。

テラデータについて
クラウドデータ分析プラットフォームを提供するテラデータは、マルチクラウドの実現に向け、世界で最も複雑なデータの課題を大規模に解決します。私たちは、データを最大の資産に変えることで、企業価値の解放をサポートします。詳細はteradata.jpをご覧ください。

# # #
Teradataのロゴは、米国テラデータ・コーポレーションの商標です。Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションまたは関連会社の米国およびその他各国における登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]