編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

「Amazon在宅支援商品券」の取り扱いをリロクラブが”福利厚生倶楽部”にて開始いたします◆従業員のエンゲージメントを高める在宅勤務フォロー策

株式会社リロクラブ

From: PR TIMES

2021-02-18 16:46

 福利厚生アウトソーシングサービスのトップカンパニーである株式会社リロクラブ(東京都新宿区、代表取締役社長 杉山 新吾)が運営する福利厚生倶楽部は、コロナ禍における従業員フォロー策として、2月18日よりAmazonが発行する「Amazon在宅支援商品券」の取り扱いを開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]


■コロナ禍の在宅勤務に求められる従業員フォローとは
 リロクラブでは、これまでも様々な形でコロナ禍における従業員フォロー策を企業へ提供してまいりました。
 2度目の緊急事態宣言後の2021年1月に当社が福利厚生倶楽部に入会する総務人事担当者に向けて実施した「在宅勤務・在宅支援」に関するアンケートでは、7割近くの方が「在宅勤務制度の有無が今後の採用に影響してくるのではないか」と回答されています。

[画像2: (リンク ») ]


 特に、閉塞的な状況が続く中、在宅勤務に伴う費用発生は従業員に負担増となっており、企業も新たな福利厚生施策の1つとして在宅支援制度の整備に取り組み始めてきていることがうかがえました。
 同アンケートでは、どのような在宅支援をおこなっているかをたずねたところ、2位に「在宅勤務用の事務用品購入補助」が選ばれていました。
 長引く在宅勤務により、買い揃える必要のあるモノが増えていることに対しての支援のようです。
 しかしながら、企業が補助を行うにも独自の制度を整えるのは、時間を要します。そこで、リロクラブでは“精算・管理に手間を要さず”、“在宅勤務に必要なモノだけが購入できる”、“特別な設備投資をせずにすぐに始められる”在宅勤務支援の方法を模索し、この度の「Amazon在宅支援商品券」の取り扱いを開始することにたどりつきました。

[画像3: (リンク ») ]


■「Amazon在宅支援商品券」について
 「Amazon在宅支援商品券」は「Amazon種類別商品券」の一種であり、Amazonにある商品カテゴリの中から、在宅勤務・テレワークに役立つ商品のご購入にのみご利用いただけるコード型ギフト券です。
 購入可能な商品ラインナップは、在宅勤務・テレワーク中の従業員の方々が必要とされる事務用品やパソコン、モニター、ヘッドセット等のITツールや、オフィスチェア等のオフィス家具等が対象となります。
 法人でコード型ギフト券をご購入いただき、対象の従業員の方々にコード配信する形式のため、従業員個々の精算の必要性もなく、目的外の商品を誤って購入することもないので安心して管理できます。
 また、設備投資も不要なため従業員への在宅支援を検討している中小企業でも、手軽でスピーディに制度として取りいれやすいです。
 在宅勤務支援の活用の他に、コロナ禍で頑張っている従業員への支援や、削減できた残業手当の代替としてもお使いいただけ用途は多様です。
 快適な在宅勤務・テレワーク環境を整えるための従業員フォロー策としてご活用いただけます。
[画像4: (リンク ») ]


<Amazon在宅支援商品券 概要>
取扱開始日:2021年2月18日(木)
購入可能な対象者:
法人(従業員向けの福利厚生サービスなどとしてご利用可能)、福利厚生倶楽部の会員個人(ポイントサービス”クラブギフト”での交換や、カフェテリアプランのポイントとの交換も可能)など
購入可能な商品:
Amazonで取り扱いのある事務用品やパソコン・周辺機器、チェアパッドなどの商品


※ Amazon種類別商品券は対象商品の購入にのみ使用できます。
※ 本リリースはリロクラブによる提供です。 本リリースについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。リロクラブまでお願いいたします。
※ AmazonおよびそのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。


■リロクラブ・福利厚生倶楽部について

[画像5: (リンク ») ]


 リロクラブは、1993年に「福利厚生倶楽部」のサービスを開始して以来、“中小企業にも大企業並みの福利厚生を”をモットーに世界中の働く人々のくらしを福利厚生サービスで豊かにしてまいりました。企業の規模にかかわらず、コスト・パフォーマンスの高い様々なサービスを全国地域格差なく業界最多の12,600社、会員数735万人※1へ提供し、高い従業員満足度を得ている福利厚生サービスのトップブランドです。
 国内外で活動する企業や人々の日常生活や余暇活動をサポートするインフラストラクチャーとしての使命を果たすために、様々な形で人事総務・労務担当者の業務効率化を目指すとともに、従業員エンゲージメントの向上につながるソリューションをこれからも、お届けしてまいります。 コロナ禍で福利厚生サービスの運用、テレワークへの対応、ニューノーマル時代の団体施策の新たな従業員還元手法にお悩みの担当者の方は、お気軽に資料請求・ご相談ください。
※1 2020年6月1日現在


【企業概要】
■株式会社リロクラブ
□所 在 地 :<本 社>
〒160-0022 東京都新宿区新宿四丁目2番18号
TEL:03-3226-0244 FAX:03-3226-0280
(リンク »)
□設 立 : 2001年8月(事業開始:1993年)
□資 本 金 : 100百万円(株式会社リログループ100%出資)
□事 業 内 容 :
・福利厚生代行サービス事業
・会員向け各種優待・特典代行サービス事業
・シニア向け生活支援サービス事業
□代 表 者 : 代表取締役社長 杉山 新吾


▼プレスリリース【PDF】
(リンク »)


▼リロクラブ会社概要【動画】 04'07"
(リンク »)


▼RELO 総務人事タイムズ
(リンク »)
福利厚生、働き方改革、健康経営、人事・組織開発を通じて、従業員満足を追求する総務・人事・経営者のための総合情報メディア


≪本件に関するお問い合わせ≫
株式会社リロクラブ
企画広報マーケティンググループ
Email:reloclub-pr@relo.jp
広報グループ直通TEL:050-3629-6493
部門代表TEL:03-3225-1730


------------------------------------------------------
福利厚生俱楽部の会員様のサービス・利用方法のお問い合わせについては、
会員専用サイトにログイン後「よくある質問」からご確認ください。

お電話でのお問い合わせは、
福利厚生倶楽部カスタマーセンター 0120-982291(会員様専用)
平日/10:00~18:00 土日祝/10:00~17:00 ※年末年始除く
------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]