編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「なぜ今、渋沢栄一なのか」渋沢栄一研究の第一人者がマーケット・経済専門チャンネル「日経CNBC」に出演

日本経済新聞社

From: PR TIMES

2021-02-22 10:47

日本経済新聞社のグループ会社、株式会社日経CNBC(東京都千代田区大手町1-9-7)は、
2月24日(水)放送の「朝エクスプレス」に、渋沢栄一研究の第一人者で作家の守屋淳氏を
ゲストに招き、いま関心を集める渋沢栄一の思想に迫ります。



「なぜ今、渋沢栄一なのか」――作家の守屋敦氏に聞く

[画像1: (リンク ») ]


「日本資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一が注目されています。NHK大河ドラマが始まり、2024年には新しい1万円札の顔になるからだけではありません。企業の利益、私益と公益を同時に追求する思想そのものが、不透明な時代の指針として関心を集めています。

マーケット・経済専門チャンネルの日経CNBCで放送中の「朝エクスプレス」の人気コーナー「マーケット・レーダー」(午前8時25分頃~)では、渋沢研究の第一人者で『[現代語訳]論語と算盤』などの著書もある作家の守屋淳氏をゲストに招き、「なぜ今、渋沢栄一なのか」をじっくり聞きます。

動画配信サービス「日経チャンネルマーケッツ」でも視聴できます!
「日経チャンネルマーケッツ」は、日経CNBCが放送する国内外のマーケット動向を24時間リアルタイムで配信しています。マーケットの専門家や多彩なゲストが出演し、株価指標や注目の個別銘柄の動きをライブで解説。ビデオ・オン・デマンドは、投資を学べる動画が充実しています。仕事に、投資に、資産運用に役立つ情報が満載です。また、「Amazon Prime Videoチャンネル」においても「日経CNBCプラス」として配信中です。

日経チャンネルマーケッツ⇒ (リンク »)
日経CNBCプラス⇒ (リンク »)
※Amazon、Prime Videoは、 Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
[画像2: (リンク ») ]


問い合わせ先


株式会社日経CNBC
TEL:03-6262-0840(代表)
URL: (リンク »)


日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約199万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」の有料会員数に日経産業新聞や日経MJ、日経ヴェリタスの紙面ビューアー契約数、人事ウオッチ契約数を加えた「デジタル購読数」は84万で、有料・無料登録を合わせた会員数は500万を上回っています。

日経CNBCについて
日経CNBCは、日本経済新聞社と米国4大ネットワークのひとつNBCの子会社CNBCが中核になって1999(平成11)年10月に開局した24時間マーケット・経済専門チャンネルです。視聴契約は日本全国で500万世帯を超えています。

日本をはじめ、米国・ヨーロッパ・アジアの経済・マーケット情報を、迅速かつ正確に24時間ライブで提供しています。2012年にはインターネットで放送内容を配信する「日経チャンネルマーケッツ」を開設しました。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本経済新聞社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]