編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

カヤック『ぼくらの甲子園!ポケット』で「春の甲子園祭2021」キャンペーン開催!100回分の無料ガラポンも!

株式会社カヤック

From: PR TIMES

2021-02-22 14:47



株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、現在好評配信中の共闘スポーツRPG『ぼくらの甲子園!ポケット』(iOS/Android端末向け)で、「春の甲子園祭2021」キャンペーンを2月22日(月)より実施いたします。
[画像1: (リンク ») ]


【イベント概要】
■開催期間
2021年2月22日(月)12:00~2021年4月26日(月)12:59

■特別ログインボーナス
最大20日間の全員向けログインボーナスを実施!
最大2000ポケGや、30回分の無料ガラポンが回せるチケットが、ログインするだけで手に入るぞ!
また、いまだけの特別なスタンプも配布中だ!「ぼくポケ」をお休み中の方も、この機会に復帰してみよう!
[画像2: (リンク ») ]

■復帰者限定ログインボーナス
特別ログインボーナスに加えて、今復帰した人だけに、さらにログインボーナスを実施!
最大2000ポケGや、「BPメガアップカード」や「体力回復ドリンク」などの豪華アイテムをプレゼントするぞ!

■限定チャレンジ
実施期間1.:3/15(月) 12:00~3/29(月) 12:59
実施期間2.:3/30(火) 12:00~4/26(月) 12:59
イベント期間中、2回に分けて限定チャレンジを開催!
指定されたチャレンジをクリアすることで、70回分の無料ガラポンが回せるチケットなど、豪華報酬が手に入るぞ!

■★5確定10連ガラポン
特別ログインボーナスや限定チャレンジで手に入れたチケットを使用して、★5が1個確定の無料10連ガラポンが最大10回、つまり100回分まわせる!

【目玉シリーズ】
グランドスラム【改】/ツクヨミ【改】/バステト【改】/プロミネンス【改】


「ぼくらの甲子園!ポケット」は、今後もユーザの皆様に楽しんでいただけるよう、イベントの充実やアップデートを図ってまいります。


【「ぼくらの甲子園!ポケット」について】
シリーズ累計1000万ダウンロードを超す「ぼくらの甲子園!」シリーズの最新作。プレイヤーは高校球児となり、同じチームのメンバーと切磋琢磨しながら甲子園出場、そして優勝を目指します。共に試合を戦う9人(ベンチのメンバーも参戦できるので最大15人)の仲間とのチームワークを体感できるのが醍醐味です。また、カスタマイズで愛着を持ちながら育成できるキャラクターや、サイコロで楽しみながら続けられる練習モード、相手チームとの臨場感ある駆け引きの試合モードといった演出も楽しみの一つです。

【「ぼくらの甲子園!ポケット 」基本情報】
■ジャンル:共闘型スポーツRPG
■ダウンロード(Google Play/App Store): (リンク »)
■対応OS:Android 4.1、iOS8.1以上
■価格:無料(アプリ内課金あり) ※アプリのご利用にはパケット通信料が必要です。
■企画・開発:カヤック
■ゲーム公式サイト: (リンク »)

【カヤック会社概要】
面白法人カヤックは、固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。本社を鎌倉に構え、社員の9割にあたる約270名がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で、「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や地域に根ざした経営を行なっています。
社名:株式会社カヤック
URL: (リンク »)
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11-8
設立:2005年1月21日
代表取締役:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容:日本的面白コンテンツ事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社カヤックの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]