編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

スカイアーチネットワークス、サブスクリプション型MSP『SKY-OPT』を提供開始

株式会社スカイアーチネットワークス

From: PR TIMES

2021-02-22 14:47

AWSのベストプラクティスに基づき「最適化され続ける」クラウド環境を実現

株式会社スカイアーチネットワークス(東京都港区、代表取締役社長:江戸 達博、以下当社)は、この度、従来のMSPサービス(クラウド運用監視サービス)を大幅に強化した、新サービスブランド『SKY-OPT(スカイオプト)』を2021年2月より提供開始することを、お知らせいたします。



サービス開発の背景

令和2年版情報通信白書によると、クラウドサービスを一部でも利用している企業の割合は64.7%と過去5年間で20.1ポイント上昇しており、企業のクラウド導入、利活用が進んでいます(※1)。このトレンドにおいて当社は、早期からマネージドサービス提供企業として、またアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)のアドバンストコンサルティングパートナーとして、500社を超える企業にクラウド技術を導入し、国内のデジタルシフトを牽引して参りました。

『SKY-OPT』は今後もさらに増加すると予想されるクラウド導入の企業に対し、当社の長年の経験とノウハウをAWSが提供する「AWS Well-Architected Framework」に基づいて再構築したサービスを提供し、スピード感を持ったお客様のビジネス成長を支える目的で開発いたしました。

昨今のDX(デジタルトランスフォーメーション)やITリソースの最適化、セキュリティ対策といったニーズの高まりにも『SKY-OPT』は対応いたします。
※1  (リンク »)


『SKY-OPT』のサービスについて

<サービス構成>
『SKY-OPT』は、以下4種類のサービス群から構成されています。


[画像: (リンク ») ]

<サービス概要>
AWSの設計原則・ベストプラクティスである「AWS Well-Architected Framework」に基づき、次の内容を順次提供いたします。
[表: (リンク ») ]



<『SKY-OPT』を利用いただくメリット>
お客様にとってのベストプラクティスを提案、スピード感を持った事業成長を実現
そもそもクラウド技術、またそのサービスの1つであるAWSも、日々めまぐるしく進化を続けています。この技術進歩に自社のみの人材で対応するのは、IT人材不足と言われる中、容易ではありません。そこでAWSに精通した、AWSパートナーが大きな役割を果たします。
当社はクラウド黎明期からIT環境の管理・運用に携わっており、様々な業種・業界において豊富な経験を有しており、現在ではAWSアドバンストコンサルティングパートナーとしてAWS導入・運用を支援しています。
お客様はAWSのベストプラクティスに基づく『SKY-OPT』を通して、自社の状況に合わせた最適なITサービスと活用プランを選ぶことができ、学習コストならびに導入までのリードタイムの削減、スピード感を持った事業成長が期待できます。

中長期的にTCO(Total Cost of Ownership)を最適化

オンプレミスからクラウドに初めてシステムを移行した際、クラウドのメリットを理解しないまま単純移行に着手し、クラウド活用ができていないばかりかシステムリスクを抱えたり、あるいは余分なコストによりIT投資の効果を期待通りに得られずにいる企業も少なくありません。
『SKY-OPT』は必要に応じて必要なサービスプランをお選びいただけます。お客様は自社の状況に合わせた最適なITサービスと活用プランを受けつつ、コストの最適化も可能です。

<『SKY-OPT』の技術概要>
サービス名「OPT」という言葉には、「最適化する(Optimize)、選択する(Option)」という意味が込められています。『SKY-OPT』はAWSの設計原則・ベストプラクティスである「AWS Well-Architected Framework」に基づく、クラウド環境の継続的な最適化を目的とするレビューを、『SKY-OPT』ブランドの各サービスをご契約されるすべてのお客様に標準機能として提供いたします。

お客様一社一社に最適なプランを提供する『SKY-OPT』は、当社コーポレートスローガンである“あなたの側で、あなた以上に考える。”をコンセプトに設計された、新型サブスクリプションMSP(クラウド運用監視)サービスです。


AWS Well-Architected Frameworkについて

「AWS Well-Architected Framework」は、クラウド上でワークロードを設計および実行するための概念と設計原則、ベストプラクティスを集約したフレームワークです。このフレームワークは5 つの柱(オペレーショナルエクセレンス、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化)に基づいて、アーキテクチャを評価し、より最適な設計を実装するための一貫したアプローチを提供しています。

『SKY-OPT』を通じて、当社は「AWS Well-Architected Framework」の普及を全面的に推進して参ります。

参照:
(リンク »)


今後の展望について

『SKY-OPT』は初年度販売数40社を想定、今後5年をかけて販売数30倍程度を目指します。サービスの内容は今後2年間をかけて順次バージョンアップし、ガバナンス機能等のさらなる強化を順次進める計画です。

当社では日夜進化し続けるAWSの技術研究を続け、新たなメニューやサービスの開発を行い、お客様の事業成長に貢献してまいります。


エンドースメントのご紹介

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社は、株式会社スカイアーチネットワークス様の『SKY-OPT』の発表を歓迎します。本サービスを通じて、多くのお客様のAWS Well-Architected Framework活用によるビジネス推進に寄与できることを期待しております。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
執行役員
パートナー アライアンス統括本部
統括本部長
渡邉 宗行


株式会社スカイアーチネットワークスについて

株式会社スカイアーチネットワークスは、独立系マネージドサービスプロバイダーです。2001年の創業以来、企業向けサーバ監視運用を中心にお客様のインフラ環境の保守に携わり、2010年代からはパブリッククラウドに事業領域を移しながらもこれまでに国内累計5,000サーバ,10,000OSの保守を行ってきました。
2014年以降はAWSのコンサルティングパートナーとして実績を積み、2020年7月にはAWSのパートナーとしては国内で初めて、AWS MSPプログラムVer.4.1の認定を取得しています。
主要顧客はメディアエンタメ系、キャリア系、大手SIや、スタートアップなど幅広く、最近ではAWSのPaaSを用いた設計や、注目を浴びているIoT、サーバーレス、Alexaスキル開発等のインテグレーションにも実績があります。
※2020年12月現在513社、運用実績1万OS以上


株式会社スカイアーチネットワークス 会社概要
設立  :2001年7月12日
代表者 :代表取締役 江戸達博
資本金 :1億円
URL   : (リンク »)
事業内容:
システム運用マネジメント業務
セキュリティマネジメント業務


※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。※アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Elastic Compute Cloud、Amazon EC2[NK1] は米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です

[NK1]“Amazon EC2”を追記
※Amazon Elastic Compute Cloudだけでなく、Amazon EC2の記載もお願いいたします。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]