編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

AIによる自動生成コンテンツ「パーソナライズ特集」購入率比103%向上のため、対象となる全ユーザーに開放しました!

株式会社エニグモ

From: PR TIMES

2021-02-22 17:47

(リンク »)

株式会社エニグモ(代表取締役最高経営責任者:須田将啓 本社:東京都港区、東証第一部:証券コード3665)が運営する、スペシャルティ・マーケットプレイス『BUYMA(バイマ)』は、ユーザーひとりひとりにマッチした推薦データとアルゴリズムを活用したコンテンツ、「今月のあなただけのランキング」を対象となる全ユーザーへ開放しました。




[画像1: (リンク ») ]


●パーソナライズ特集とは?
BUYMA独自のアルゴリズムを用いてユーザーの行動履歴から次の行動を予測し、マッチ度の高いブランド×カテゴリを算出。ユーザーひとりひとりの好みあったカテゴリ×ブランドを推薦し「今月のあなただけのランキング」という、ランキング形式の特集コンテンツが自動生成されます。

特集内には対象者だけが使えるクーポンも用意しており、”あなただけのために選んだアイテムを、あなただけのクーポンを利用して購入することができる”をコンセプトに、魅力的なコンテンツづくりを目指しました。
[画像2: (リンク ») ]


●研究・開発の背景~現状の課題と目的~
BUYMAの会員登録者数が800万人を突破し、ユーザーの好みはもちろん、BUYMAが取り揃える商品ラインナップまでもが多様化する中で「ユーザーひとりひとりのニーズにあった商品をパーソナライゼーションしてご提案するコンテンツをお届けしたい」という長年の展望がございました。

昨年より新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止を目的に呼びかけられたステイホームの広がりによってファッション業界はデジタルの進化がより加速していくこととなり、BUYMAとしてもユーザーコミュニケーションや販売方法の多様性を目指すことが、昨今のニーズに対する需要の高まりとして急務と考えておりました。
目指したのは、万人に同じコンテンツを提供するのではなく、ユーザーの好みにあった、そしてまだ見ぬブランドや商品との素敵な出会いをBUYMAを通じてしていただくことです。

●なぜパーソナライゼーションが良いのか?
ユーザーひとりひとりの潜在的なニーズに気づかせ、良い購入体験の機会を増やすこと。
また、ユーザーが本当に関心のある情報が、関心のない商品や情報に埋もれることを防ぐこと。
BUYMAの膨大なデータを活用し、特に購入・お気に入り・商品詳細閲覧などのユーザーの行動データから、上記を満たす理想のカテゴリ×ブランドを独自のアルゴリズムにより、ご提案しています。

特に、既に御覧いただいたカテゴリ×ブランドだけではなく、御覧いただけなかったカテゴリ×ブランドも含めて関心度を算出してランキング化し、新たな発見を届けることを目指してアルゴリズムの開発を進めて参りました。また、季節の移り変わりやトレンドの変化に伴うBUYMA内におけるユーザーの行動変容にも対応しております。

A/Bテストにて改善に取り組み、特集閲覧(treatment)グループにおいて購入率の比103%向上が見られたため、この度、対象となる全ユーザーへと開放することとなりました。

●参考データ
下記の図はユーザーのカテゴリの関心度を集計したデータの一例となります。このように、ユーザーの嗜好や関心は多岐に渡りますが、さらにブランドへの関心度も加味したデータを分析し、ユーザー同士の行動データの比較によってカテゴリ×ブランド関心度の予測を行います。
[画像3: (リンク ») ]


●ユーザーの声
「パーソナライズ特集」精度向上のためユーザーアンケートを実施致しました。そのお声を一部抜粋してご紹介致します。
・ランキング形式でおすすめ商品を教えてくれるのが良いと思った。
・面白かったから毎週やって欲しい!
・1.2.3位は無難すぎて10.9.8の方が興味をひいた。
・AI診断楽しいです。精度が上がっていくことを期待します。
・普段自分が見ないブランドの商品が知れて良かったです。

●取り組みと今後の展望
「パーソナライズ特集」では今後も画一的なコンテンツ展開ではなく、ユーザーのニーズや好みにマッチするのは当然のこと、潜在的な好みまでも顕在化させ、これからユーザーが購入したいと思うような、まだ見ぬ素敵な商品との出会いを創出することができるよう、引き続きユーザーからのフィードバックをもとにロジックの精度向上、改善を進めて参ります。
BUYMAではデータやテクノロジーの積極的な活用に取り組んでいます。
今後もAI技術を用いた推薦・パーソナライゼーション技術をコンテンツやプロダクトに取り入れ、ユーザー満足度の高いサービスを目指して、研究・開発に努めて参ります。

※本コンテンツは毎月A/Bテスト実施しながらチューニングや改善を実施しております。対象者につきましては弊社独自のロジックでセグメントしております為、ロジック詳細についてのお問い合わせにはお応えしかねますので、予めご了承くださいませ。

【BUYMA(バイマ) 】 (リンク »)
BUYMAは、世界163カ国に在住する16.4万人以上のパーソナルショッパー(出品者)から世界中の魅力的な商品をお得に購入できるこれまでにない新しいスペシャルティ・マーケットプレイスです。会員数は821万人を突破、取扱ブランド数は1.4万を超え、日本未上陸ブランド、国内完売アイテムをはじめとした世界中のファッショントレンドアイテムからコスメ、インテリア雑貨まで幅広く揃っています。

※iPhone版のアプリ(無料)はこちらからダウンロード
(リンク »)
※Android版のアプリ(無料)はこちらからダウンロード
(リンク »)

【BUYMAで活躍するパーソナルショッパーとは】
会員数821万人を超える海外通販サイト「BUYMA」内で活躍する、買い物をサポートする日本人スペシャリストを指します。自分のセンスや感性を活かし最新のトレンド情報をキャッチし、お客様の嗜好に合わせてスタイリングやアイテムを紹介するなど、より一層ショッピングを楽しめるようホスピタリティ溢れるサービスを提供しております。

【STYLE HAUS(スタイルハウス)】 (リンク »)
"世界中のリアルなトレンドがわかるファッションメディア“

【受賞歴】
■2012年12月
「2012 Red Herring Top 100 Global(2012年レッドヘリンググローバルトップ100社)」を受賞
■2015年7月
米国経済誌「Forbes Asia」の「アジアの売上10億ドル以下の優良企業200社リスト(Forbes Asia's 200 Best Under A Billion)」に選出
■2016年6月
『カンヌライオンズ2016』デザイン部門でプロモーションビデオ「A Kind Drone ~親切なドローン~」がシルバー受賞
その他多数受賞

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エニグモの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]