編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

たった2枚の写真でロボットに作業指示「Quick Factory」を開発

KiQ Robotics株式会社

From: PR TIMES

2021-02-23 13:16

~専門エンジニアのいらないロボットパッケージ~

九工大&北九州高専発ロボットスタートアップ、キックロボティクス株式会社(本社:福岡県北九州市小倉北区、代表取締役:滝本隆)は、たった2枚の写真を撮影・登録するだけでロボットに作業指示ができる「Quick Factory(クイックファクトリー)」を開発しました。



[画像1: (リンク ») ]

Quick Factoryは、作業前と作業後の写真をシステムに登録するだけで自動化を実現します。例えば、「箱詰め作業」をロボットにさせる場合、箱詰め前と箱詰め後の写真を登録するだけで、その途中経過に必要なロボット動作のプログラムを自動生成します。これまで生産現場でロボットを活躍させるためには、専門のエンジニアによるプログラミングと現場での細やかな調整が不可欠でした。

Quick Factoryの特徴


誰でも簡単に導入できる
多様なシーンで使える
すぐ始められるオールインワン


写真の登録だけでプログラミングが完了。Quick Factoryは、準備に最低でも3日程度かかっていた時間を15分に短縮可能です。直感的に利用できるアプリで誰でも簡単に利用できます。ハンド・ビジョン・エンジン・アプリがセットになっているので、Quick Factoryだけでロボット導入が始められます。忙しい作業現場に合わせてロボットを配置換えして使用する、夜間は違う場所で使用する、など様々なシーンでの活用が実現します。


[画像2: (リンク ») ]

Quick Factoryの技術
Quick Factoryは、人の手のように様々な対象を把持できる「Hand(ハンド)」、作業空間・対象物を認識する「Vision(ビジョン)」、システムを統合制御する「Engine(エンジン)」、そして直感的な作業登録ができる「App(アプリ)」で構成されています。ロボットアームの種類は問いません。

製造業向けパッケージの提供開始
製品化の第一弾として、ロボットセンター小倉(有限会社ICS SAKABE(福岡県北九州市小倉北区))と共同で、製造業に特化したパッケージシステムの発売を開始します。価格は500万円~。初年度20台の販売を目指しています。
[動画: (リンク ») ]



会社概要
KiQ Robotics株式会社(キックロボティクス)
本社所在地:福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1 AIMビル6F
代表取締役CEO:滝本隆(北九州工業高等専門学校特命教授)
取締役COO:西田健(九州工業大学特任教授)
設立:2019年4月25日
「誰でも簡単に使える産業用ロボットを世界に」のビジョンのもと、産業用ロボットの民主化を目指しています。つらい単純作業から人々を解放し、創造的な仕事に取り組む人々の幸せに貢献します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]