編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

新型コロナ時代のアジア企業の成長戦略を議論「Innovative Asia」、オンライン開催

日本経済新聞社

From: PR TIMES

2021-03-09 09:00

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)は3月16日、新型コロナ時代のアジア企業の成長戦略を議論する日経フォーラム「Innovative Asia」をシンガポールで開きます。フォーラムの模様はオンラインでも配信します。



[画像: (リンク ») ]

講演はシンガポールのチャン・チュンシン貿易産業相やシンガポール経済開発庁のリム・コックキアン副次官、東南アジア配車最大手グラブの金融部門トップであるルーベン・ライ氏などアジアのキーパーソンが登壇予定です。

そのほか、研華(アドバンテック)のチェイニー・ホー共同創設者兼取締役や中国電子商取引大手、ピンドゥオドゥオのエグゼクティブディレクターであるシンイ・リム氏、インフィニオンテクノロジーズのチュア・チーション・アジア太平洋地域社長兼マネージングディレクターなど、テクノロジーの活用でアジアの金融やグローバル・バリューチェーンの再構築を推進する講師が多数登壇予定です。

■概要
タイトル: 日経フォーラム「Innovative Asia」
日時:ライブ配信 2021年3月16日(火)日本時間午後4時~午後7時30分
アーカイブ配信 2021年3月24日(水)日本時間午後1時より配信開始
協賛:三井住友銀行、アビームコンサルティング
受講料:無料、事前登録制
言語:英語
申込締切:ライブ配信 2021年3月16日(火)、アーカイブ配信 2021年5月31日(月)

詳細は下記よりご覧ください
(リンク »)

お問い合わせはこちらから。
NIKKEI FORUM "INNOVATIVE ASIA" 2021 事務局E-mail: nikkei-webinar@event-office.jp


日本経済新聞社について
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。主力媒体である「日本経済新聞」の販売部数は現在約199万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」をはじめとするデジタル有料購読数は84万で、有料・無料登録を合わせた会員数は500万を上回っています。

本件に対する問い合わせ
日本経済新聞社 広報室 TEL:(03)3270-0251 (代表)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本経済新聞社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]