編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

楽天クラッチ募金、「災害対策支援募金」への寄付受付を開始

楽天株式会社

From: PR TIMES

2021-03-09 11:03

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、インターネット募金「楽天クラッチ募金」において、「災害対策支援募金」への寄付受付を開始しました。

 「楽天クラッチ募金」は、東日本大震災発生後に日本国内外を問わず支援の輪が広がる中、インターネットで寄付をしたいという多くの声を受けて、2011年より開始した取り組みです。これまでに国内外の災害支援を中心に募金活動を行い、多くの方々から多大なるご支援を賜りました。その結果、現在までの募金総額は12億円以上となっています。

 近年、国内外で頻発する地震や台風などの自然災害により、各地で甚大な被害が発生しており、自然災害に対する平時からの取り組みがますます重要となっています。このような状況を受け、東日本大震災から10年の節目を迎える本年3月より、新たな災害に備え、大規模災害発生時に被災地に対する迅速な支援を行うことを目的とした「災害対策支援募金」への寄付受付を開始する運びとなりました。

 寄付者は、「楽天ポイント」、「楽天カード」およびVisa・Mastercardブランドの各種クレジットカード、「楽天銀行」指定口座への現金振り込みから、ご利用しやすい決済方法を選び、寄付いただくことができます。

 すべての寄付金は、特定非営利活動法人「ジャパン・プラットフォーム」を通じ、国内外の災害時の初期対応や緊急支援活動に広く役立てていただく予定です。なお、受付期間は2021年3月8日(月)より8月31日(火)までを予定しています。(注)

 楽天グループは今後も、インターネットを通じた社会貢献を目指し、募金をはじめとした様々な支援活動に取り組んでまいります。

(注)今後の状況により、受付期間を延長する可能性がございます。


■概要
1)URL: (リンク »)
2)募金受付期間: 2021年3月8日(月)~2021年8月31日(火)
3)募金方法:
1.楽天ポイントによる募金
「楽天ポイント」1ポイントを1円として寄付を受け付け、1ポイントからご利用いただけます。
2.クレジットカードによる募金
「楽天カード」およびVisa・Mastercardブランドの各種クレジットカードにて100円から寄付を受け付けます。
3.「楽天銀行」指定口座への現金振込による募金
楽天銀行口座を利用して、24時間寄付することが可能です。また、楽天銀行口座をお持ちでないお客様も、指定口座へ直接寄付金をお振り込みいただけます。1円から寄付を受け付けます。
銀行名 : 楽天銀行
支店名 : 本店
支店番号: 101
口座種別: 普通預金口座
口座番号: 9001616
口座名義: 楽天銀行株式会社 楽天クラッチ募金 災害対策支援募金口
口座名義カナ: ラクテンギンコウ(カ) ラクテンクラツチボキン サイガイタイサクシエンボキングチ または クラツチボキンサイガイタイサクシエン

※クラッチ募金については、領収書の発行はいたしません。また、寄付金控除の対象にはなりません。
※お客様の楽天銀行口座からの寄付に振込手数料はかかりません。
※楽天銀行法人ビジネス口座・個人ビジネス口座から支店名、口座番号を入力してのお振込は手数料がかかります。詳しくは各手数料一覧ページでご確認ください。
法人ビジネス口座: (リンク »)
個人ビジネス口座: (リンク »)
※楽天銀行口座以外からのお振り込みは、各金融機関が設定する振込手数料がかかります。
※記載されている会社名・製品名・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

■特定非営利活動法人「ジャパン・プラットフォーム」について
ジャパン・プラットフォーム(JPF)はNGO・経済界・政府等が対等なパートナーシップのもとに連携し、2000年に発足した日本発の緊急人道支援組織です。国内外の自然災害の被災者や紛争による難民などに、迅速かつ効果的に支援を届けています。

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]