編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ASUKABOOKオンラインセミナー「浅田政志氏+花井達氏 対談」開催レポート 

株式会社アスカネット

From: PR TIMES

2021-03-23 13:00

浅田流・花井流 記念写真 ~流派を超えて~



[画像1: (リンク ») ]


プロフォトグラファー向けフォトブックサービス「ASUKABOOK(アスカブック)」を展開する株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長 松尾雄司、以下アスカネット)は、 2021年3月9日(火)に写真家の浅田政志氏と花井達氏をお招きし、プロフォトグラファー向けセミナー「ASUKABOOKセミナー」を開催いたしました。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

今回のオンラインセミナーには、写真集『浅田家』の浅田 政志氏と、写真集『祝!結婚した』の花井 達氏にお越しいただきました。「記念写真」でありながら、ありきたりの記念写真ではない家族写真と結婚写真。浅田流、そして花井流の「記念写真」の極意や、写真の持つチカラについてなど、貴重なお話を伺いました。

登壇者プロフィール:

[画像4: (リンク ») ]

浅田 政志氏
写真集『浅田家』で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞。
2020年に公開した映画「浅田家!」のモデルであり、10年ぶりの作品集となる『浅田撮影局 まんねん』『浅田撮影局 せんねん』を発表。


[画像5: (リンク ») ]

花井 達 氏
写真集『祝!結婚した』を刊行、各メディアで話題を集め発売後約1ヶ月で重版。
新郎新婦以外に目を向けることで見えてくる、今までにない新しい瞬間を独自のユーモラスな視点で撮影する。


自己紹介

前半はお二人それぞれのお話を、後半は対談形式でお二人の魅力をお届けしました。
浅田さんの自己紹介では、浅田流の原点が自身の年賀状の家族写真だったことや、学生時代の課題である「一枚の写真で自分を表現する」をきっかけに「一生に一枚しか写真が撮れないなら何を撮るか」を考え、家族写真を撮り始めたことをお話いただきました。また、家族写真を撮る際は、毎回場所や構図、衣装を決めるセットアップ写真で撮っているそうです。
続いて、花井さんの自己紹介では、約12年間の撮影作品の中から、それぞれの家族の営みが写し出された写真や、一生懸命祝おうとする人たちの気持ちにあふれた写真をご紹介いただきました。花井さんが結婚式の撮影中、どのような思いで何を撮影しているかを、お支度シーンからおひらきまでの120枚程度の画像を時系列で見せていただきました。


それぞれの極意

浅田流の極意は『「記念日を作る記念写真」撮影をする日そのものが記念日になる』、花井流の極意は『「誰かの気持ちに乗り移ってみる」撮影をすること』とお答えいただきました。
お二人による対談では、浅田さん、花井さんの出会いの話から、浅田さんの最新作品『浅田撮影局 まんねん』、『浅田撮影局 せんねん』にまつわるエピソードや、花井さんの結婚式に対する「写真師」としてのおさえないといけない部分と、「写真家」としてご家族の気持ちを大切にする部分を伺いました。特に、「アルバムまで作って一つの作品、手にとれるカタチにして写真となる」という言葉が印象的でした。

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]




質疑応答

ー浅田さんにとってセットアップ写真の1番の魅力はなんですか?
「みんなで一緒に写真を作り上げた時間や思い出が写真に残ることです。家族全員で何かをする機会が少なくなった現代だからこそ、“一緒に体験する”経験を喜んでもらえていると感じています。」

ー花井さんにとって自然体の写真の1番の魅力はなんですか?
「写真は“ 未来のために撮る”という部分もあると思います。結婚式という“家族のはじまり”の瞬間を楽しい思い出として未来に残せることが1番の魅力ではないでしょうか。」

時間が足りないくらいたくさんのご質問があり、1枚の写真をみんなで作り上げる体験、時間も写真の魅力に含まれているというお話や、写真をカタチにする意味など、素敵な写真と共にたくさんのお話を伺うことができました。


最後に

お二人にそれぞれ作成をいただいたASUKABOOKを紹介いただきました。
花井さんは半透明の巻表紙と本体の表紙とのコラボレーションが特徴的な「ボードmist(ボードミスト)」という写真集、浅田さんは自立式のパネルスタンドでそのまま飾れる「pasta(パスタ)」という商品を作成。どちらもお二人の人柄や個性が出た素敵な作品でした。


【ASUKABOOKとは】
ASUKABOOKとは、業務用途として販売することを目的とされたプロフォトグラファー様向け写真集です。厳しいプロフォトグラファーのこだわりと要求に応え続けてきた結果、常に時代の先端を反映した商品の開発、高品質の印刷、製本技術の確かさを誇ります。
「プロの作品を一冊だけでも、市販の写真集のクオリティで」をテーマに生まれたのが「アスカブック」。長年のノウハウとリソースを投入した専用ソフトを使って、世界が認める写真集が作れるのも大きな魅力です。 <詳しくはこちら (リンク ») >

[画像8: (リンク ») ]


【ASUKABOOKセミナーとは】
顧客であるプロフォトグラファー様に向けた無料セミナーを20年近く開催。
多い年には、全国13カ所で写真集の展示と、先端を走るプロフォトグラファーによる講演を実施。
毎回100名近いご参加をいただいている。2020年からはリアルでのセミナーが制限されたため、オンラインセミナーによる開催に切り替え、多い回では800名を超えるお申し込みをいただく。

株式会社アスカネット 概要
会社名 :株式会社アスカネット ( (リンク ») )
所在地 :〒731-0138 広島県広島市安佐南区祇園3-28-14
設立  :1995年7月6日
資本金 :4.9 億円
代表者 :代表取締役社長 松尾 雄司(まつお ゆうじ)
事業内容:
 パーソナルパブリッシングサービス事業(インターネット経由写真集製作)
 メモリアルデザインサービス事業(遺影写真デジタル加工)
エアリアルイメージング事業(空中映像用ディバイス)
※ 本リリースに記載されている社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]