編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

ビジネスチャット 「elgana」 のご利用60万ID突破

西日本電信電話株式会社

From: PR TIMES

2021-03-24 16:17

~お客さまの課題解決に貢献するセキュアな相互コミュニケーション~

NTT西日本グループでは「ソーシャルICTパイオニア」として、社会を取り巻く環境変化がもたらす様々な課題を、ICTの力で解決すべく取り組んでおります。
誰もが安心してご利用いただけるコミュニケーションツールとして、株式会社エヌ・ティ・ティ・ネオメイト(以下、NTTネオメイト)が2020年4月に提供を開始したビジネスチャット 「elgana(エルガナ)」※1 のご利用が、開始一年足らずで60万IDを突破し、約62万IDに達しました(2021年3月23日時点)。
今後とも、「elgana」の特徴である「安心」を前提とした上で、お客さまの声をいただきながら、使い心地や機能を改善・拡充し、お客さまの円滑なコミュニケーションをご支援するとともに、様々なサービスとの連携を進めることで、お客さまの生産性向上やイノベーション創発をご支援して参ります。
※1 「elgana」は商標出願中です。



1. 「elgana」 の特徴
 ビジネスチャット 「elgana」 は、ビジネスの現場でご利用いただけるコミュニケーションツールとして、以下のような「安心」をお客さまにご提供しております。

(1) 国内データセンターでの運用
  サーバーを国内に設置していることに加え、サーバー管理もNTTグループ内(国内)の専用端末から
  限られた者のみが操作可能
(2) プライベートチャットとの棲み分けで誤送信のリスク回避
  ビジネスやクローズドなコミュニティー専用のため、部外者への誤送信の心配が不要
  (お客さま(企業・各種団体等)の管理者が登録したユーザーのみがコミュニケーション可能)
(3) クラウド上での運用による端末紛失時情報漏洩防止
  端末にデータが蓄積されないため、万一の紛失・盗難時も情報漏洩を防止

2. 「elgana」 ご導入のお客さまおよびご活用事例
 ビジネスに適したセキュリティーを備えた 「elgana」 は、建設業、卸/小売業、情報通信業・マスコミから自治体に至るまで、業種を問わず幅広いお客さまにご導入いただいており※2、『テレワーク環境下でも社内でスムーズにコミュニケーションをはかりたい』 『写真や動画をリアルタイムに共有したい』 『登録ユーザーをシステム管理者がしっかり把握したい』 『有事の際の安否連絡の手段が欲しい』 等のビジネスシーンでご活用いただいております。
 また、ビジネス以外でも様々なシーンでご活用いただいており、一例として、PTA活動でのご活用が挙げられます※3。今まで面識のなかった方々が、一定期間コミュニティーを形成するPTA活動においては、『資料を印刷して紙で配布する必要がある』 『プライベートチャットやメールアドレスを教えたくない』 等、円滑なコミュニケーションを図る上での様々な課題があります。「elgana」 をご利用いただくことにより、プライベートチャットやメールアドレスを知らなくても、ファイルの一斉送信が可能。既読人数の確認だけでなく、登録メンバーごとの未読/既読が一目で確認できることで、未読の方への個別連絡等の対応が可能です。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

3. 「elgana」サービス詳細
 「elgana」サービスサイト( (リンク ») )にて、機能や活用シーン、導入事例等のサービス詳細ならびに動画コンテンツ等を公開しております。また、2021年4月26日からの三日間、東京ビッグサイトで開催予定の国内最大級ITイベント「Japan IT Week春」にも出展いたしますので、ぜひご来場の上、ご体験いただければと存じます。


【商品・サービスに関するお問い合わせ先】
NTTネオメイト
ITビジネス本部 elganaプロジェクト
(Mail)elgana-info-ml@west.ntt.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]