編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

楽天グループの公式キャラクター「お買いものパンダ」とコラボレーションした宿泊施設「Rakuten STAY 福岡薬院」がオープン

楽天株式会社

From: PR TIMES

2021-03-25 13:01

- 「お買いものパンダルーム」に泊まると限定アメニティがもらえる -

 楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 宗克、以下「楽天LIFULL STAY」)は、福岡県福岡市中央区に「Rakuten STAY 福岡薬院」をオープンします。同施設は、全22部屋のうち8部屋が、楽天グループの公式キャラクターである「お買いものパンダ」とコラボレーションした「お買いものパンダルーム」となっています。楽天LIFULL STAYが運営する日本最大級の宿泊・民泊予約サイト「Vacation STAY」や提携する国内外の宿泊予約サイトにて、本日3月25日(木)より予約受け付けを開始し、4月3日(土)より宿泊受け入れを予定しています。



[画像1: (リンク ») ]


「Rakuten STAY 福岡薬院」特設ページ: (リンク »)

 「お買いものパンダ」たちと一緒に旅行している気分に浸れる「お買いものパンダルーム」には、ベッドルームをはじめ各部屋の壁面や天井に、コーヒーやスイーツを楽しんだり、お部屋でのんびりくつろいだりしている様々な「お買いものパンダ」と「小パンダ」が描かれています。「お買いものパンダ」と「小パンダ」の特大サイズのぬいぐるみも置かれ、宿泊者は一緒に撮影できます。さらに本プランには「お買いものパンダ」デザインをあしらった歯ブラシやコップ、ハンカチなどが入った限定のアメニティポーチセットが付いており、滞在の思い出として持ち帰ることも可能です。設備の使用方法を記載したハウスマニュアルなどのすみずみまでキャラクターが描かれ、宿泊者は「お買いものパンダ」の世界観を満喫することができます。「Rakuten STAY」は今後も、「お買いものパンダ」とコラボレーションした宿泊施設を他のエリアへ展開していく予定です。

[画像2: (リンク ») ]


 通常ルームにはバンクベッド(2段ベッド)を導入しており、4名から最大8名まで宿泊できます。施設内には楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんステイIoT」と「スマートロック」を導入しており、エントランスに設置したタブレット端末経由で無人チェックイン・チェックアウトを行ったり、電気錠システムを使って部屋の入退室ができるなど、コロナ下でも人との接触を抑えて滞在することができます。また宿泊者が安心して滞在できるよう、タブレット端末からは24時間対応のコールセンターへいつでも連絡ができるようになっています。
 「Rakuten STAY 福岡薬院」の周辺にはおしゃれなカフェやレストラン、雑貨店などが立ち並び、福岡市街の幅広い魅力を堪能できる立地です。
 
[画像3: (リンク ») ]


■「Rakuten STAY 福岡薬院」について
特設ページ: (リンク »)
所在地: 福岡県福岡市中央区白金2丁目6番地4
アクセス: 西日本鉄道天神大牟田線・福岡市地下鉄七隈線薬院駅から徒歩12分
西日本鉄道天神大牟田線西鉄平尾駅から徒歩8分
西日本旅客鉄道博多駅から徒歩25分、車8分
部屋数: 22部屋(うちパンダルーム8部屋、通常ルーム14部屋)
主な施設・設備詳細: 天井照明プロジェクター、冷蔵庫、洗濯機、無料Wi-Fi
定員と延床面積、宿泊料金(1部屋1泊):
「お買いものパンダルーム」ツイン  2名、約25平米、20,000円~(税込)
「お買いものパンダルーム」トリプル 3名、約35平米、20,000円~(税込)
通常ルームバンクベッドトリプル   4名、約25平米、10,000円~(税込)
通常ルームファミリー        8名、約35平米、10,000円~(税込)
※価格は時期、宿泊予約サイト等により変動します。
※チェックイン: 午後3時/チェックアウト: 午前10時
予約方法:「Vacation STAY」や「楽天トラベル」をはじめ、国内外の宿泊予約サイトより予約可能
予約受付開始日: 2021年3月25日(木)
宿泊受入開始予定日: 2021年4月3日(土)
運用代行: 楽天LIFULL STAY株式会社
※楽天トラベルのWebマガジン「Rakuten Travel Guide」でも、「お買いものパンダルーム」に関する情報を発信しています。今後も、関連記事を公開予定です。
(リンク »)

■「Rakuten STAY」について
「Rakuten STAY」は、民泊や簡易宿所の運営を希望する法人・個人の不動産オーナーに対して、楽天が「Rakuten STAY」ブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYが、導入のコンサルティングから施工、清掃などの運用まで、委託会社の協力を得て一括して運用代行を行うサービスです。利用者は「Rakuten STAY」を導入した施設に宿泊すれば、どこでも一貫したコンセプトに基づいた設備やアメニティグッズ、付帯サービスを利用することができます。民泊を利用したことがないお客様も安心して民泊や簡易宿泊所を利用できる環境を整えることで、宿泊・民泊市場全体の拡大を目指しています。2021年3月25日時点で、全国に27施設(「Rakuten STAY 福岡薬院」含む)を展開しています。
「Rakuten STAY」: (リンク »)

■楽天LIFULL STAY株式会社
所在地: 東京都千代田区丸の内三丁目4番1号
代表者: 代表取締役 太田 宗克
事業内容: 宿泊・民泊予約サイト事業、宿泊施設・民泊施設運用代行事業など
設立年月: 2017年3月
ウェブサイト: (リンク »)

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]