編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

G街区およびI街区の名称募集(ニュースリリース)

大和ハウス工業株式会社

From: PR TIMES

2021-03-29 16:47

■「新さっぽろ駅」周辺地区での大規模複合開発プロジェクト

 大和ハウス工業株式会社北海道支社(事業所:札幌市、支社長:渡辺靖彦)は、大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作)と、医療法人新さっぽろ脳神経外科病院(所在地:札幌市、理事長:中川俊男)、医療法人新札幌整形外科病院(所在地:札幌市、理事長:吉本尚)、社会医療法人交雄会メディカル記念塔病院(所在地:札幌市、理事長:三井慎也)、学校法人札幌学院大学(所在地:江別市、理事長:井上俊彌)、学校法人滋慶学園札幌看護医療専門学校(所在地:東京都江戸川区、理事長:浮舟邦彦)の6者とともに、札幌市厚別区の「市営住宅下野幌団地」跡地などにおいて「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」として共同開発を進めていますが、このたび、G街区およびI街区の名称を募集します。



■名称募集の概要
1.募集の目的
 「新さっぽろ駅周辺地区」に誕生する新しい街の名称を広く札幌市の皆さまなどから公募。厚別区はもとより、多くの方に未来永劫親しまれる街を目指します。

2.街の概要

[画像1: (リンク ») ]

街区名:G街区
所在地:札幌市厚別区厚別中央一条5丁目1番1号、5号
敷地面積:約16,400平方メートル
街区に建設する主な施設:学校法人札幌学院大学、学校法人滋慶学園札幌看護医療専門学校
概要:東エリアに文系総合大学である「学校法人札幌学院大学」、西エリアに「学校法人滋慶学園札幌看護医療専門学校」が竣工。学校法人札幌学院大学内に設置される社会連携センター、図書館、カフェテリア等は市民に開放された施設として運用されます。両校は、学術交流協定を締結しており、地域を結ぶ「産学連携」においても推進していきます。
[画像2: (リンク ») ]


街区名:I街区
所在地:札幌市厚別区厚別中央一条6丁目493-12他(地番)
敷地面積:約39,200平方メートル
街区に建設する主な施設:分譲マンション、ホテル、商業施設、共用駐車場、医療施設4棟
概要:分譲マンションやホテル、商業施設、医療施設が集積。屋内空中歩廊「アクティブリンク」により、季節や天候に左右されない歩行動線を確保します。医療施設(メディカルD)には、低炭素で災害に強い街を目指す「エネルギーセンター」を設置し、I街区全体に電気と熱を集中供給する予定です。

3.名称の募集について
 皆様からより多くのアイデアをお寄せいただけるよう、下記の方法により募集します。よい名称がございましたら奮ってご応募ください。

(1)応募方法
名称募集の専用サイトの応募フォームからご応募ください。
専用サイトURL: (リンク »)
※お客さまの個人情報は厳正に管理いたします。

(2)募集期間
2021年3月29日(月)から2021年6月30日(水)まで

(3)応募資格
札幌市在住の方および札幌市内の企業・学校に通勤・通学されている方

(4)応募規定
1.応募作品はオリジナル・未発表のものに限ります。
2.応募作品に関する著作権を含む一切の権利は、応募時点で事務局に帰属するものとします。
3.応募者、応募作品に規定違反が判明した場合、名称決定後であっても受賞を取り消し、賞品を返還していただくことがあります。

(5)選考基準
わかりやすい、長すぎない、親しみやすい、近隣に現存する名前と同一でない、新しいシンボルにふさわしい、未来への期待感を感じる等

(6)入選発表
応募締め切り後、厳正なる審査の上、専用サイトで発表します。(2021年7月頃を予定)

(7)入選賞品
G街区・I街区の各入選者に、3万円の商品券を贈呈します。また、各街区看板などを設置する際に入選者の名前を表記します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]