編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

楽天、従業員の整った業務環境づくりを支援する社内向けプログラム「Cleaning and Tidying Up with KonMari(R)」を開始

楽天株式会社

From: PR TIMES

2021-03-29 17:47

- 楽天における掃除の習慣と「こんまり(R)メソッド」を融合したプログラムで、出社・在宅勤務を問わず従業員のつながりや企業文化を強化 -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、日本発の片づけコンサルタントとしてグローバルに活躍する近藤 麻理恵さんが提唱する独自の片づけ法「こんまり(R)メソッド」と、楽天が創業以来継続している、従業員自らオフィスの掃除をする習慣を融合した社内向けプログラム「Cleaning and Tidying Up with KonMari(R)」(以下、本プログラム)を、本日より開始しました。



 本プログラムでは、まず本日より9週間にわたり、毎週月曜日に楽天の全従業員が参加する全体朝礼の「朝会」(現在はオンラインにて実施)のうち3分間を本プログラムにあて、「こんまり(R)メソッド」に基づいた片づけが人生に与える影響について、「こんまり(R)︎流片づけコンサルタント」によるレクチャーを通じて実践を推奨します。その後は、月に1回の頻度で動画レッスンでの本プログラムの実施を継続するとともに、より深く学びと実践を深めたい従業員向けにも特別プログラムを用意する予定です。
[画像1: (リンク ») ]

 初回となった本日の「朝会」では約30分間の時間を設け、近藤 麻理恵さんもオンラインで登場し、「片づけをするときに一番初めにやってもらいたいのは、『自分が一体どういう職場で、どういった働き方をすることが理想なのか?』、『それを通じて自分をどう変えていきたいのか?』を考えることです。自分が持つモノ一つひとつに向き合い、『これがあることによって自分の仕事や働き方がときめくかどうか』、『仕事を前向きにしてくれているか、もしくは邪魔をしているか』を問いかけることで、残すべきときめくモノ、そしてその定位置が決まっていきます。片づけを通じて皆さんの頭の中、そして心の中の雑音が減り、変化していく過程をぜひ楽しんでほしいと思います」と従業員に直接語りかけました。また、KonMari Media, Inc(本社:米国ロサンゼルス、以下「KonMari Media社」)の共同創設者であり、同社のCEOである川原 卓巳氏からも、「このプログラムが、リモートの環境下においても楽天の企業文化を従業員の皆さん同士で共有し続けることに貢献し、楽天が持つ意思決定の力と決めたことをやり抜く力のさらなる向上につながれば嬉しいです」と期待の言葉が寄せられました。
 また、三木谷からも「楽天は、独自の企業文化、そして強い責任感とチームワークを持った従業員一人ひとりの力によって成り立っています。その企業文化を共有し維持していくためには、それを体現する意識とプラクティス(実践)が何より重要です。現在の皆さんの仕事がたとえバーチャル(オンライン)でも、その裏にある働く環境が引き続き整理整頓されていることが、サービスのクオリティを維持する上でも大切であると考えています。このプロセスを通じて、皆さんが整った環境で業務に前向きに取り組むことができるよう願っています」といったコメントがありました。
[画像2: (リンク ») ]

 楽天は創業以来、毎週月曜日に従業員自らオフィスの掃除をする習慣を継続していますが、これは情報が飛び交う時代において自らを見つめ直し、基本に立ち戻る瞬間を大切にするという企業文化に基づいています。一方で、新型コロナウイルス感染防止対策のために昨年から多くの従業員が在宅勤務をする中で、従業員同士のつながりや、従来オフィスで実践していた掃除という企業文化をどのように維持していくかが課題となっていました。そこで今回、楽天において「Joy Ambassador」(ジョイ・アンバサダー)(注)も務める近藤 麻理恵さんと、関連するコンテンツ事業を米国で手掛けるKonMari Media社の協力のもと、本プログラムを開始することとなりました。

 なお、全従業員への展開に先駆けて、昨年10月に楽天の米国支社であるRakuten USA, Inc.の従業員約260名、そして昨年4月に日本本社の従業員約120名を対象に実施したトライアルでは、「モノを探す時間が減り、業務のスピードが上がった」、「仕事においても重要なモノと重要ではないモノの線引きがよりうまくできるようになった」など、物理的な効果だけではなく、心理的な効果も含めた反響が多く寄せられていました。

 楽天は、今後も従業員が一丸となって、「世界中の人々が夢を持って幸せに生きられる社会を創る」という企業ミッションに向けて前進していくために、新しい生活様式(ニューノーマル)においても従業員のウェルビーイングの維持と向上を目指して、今後も様々な施策を検討・実践してまいります。

(注)楽天において創業以来続く掃除の習慣を監修し、推進する役割を担う役職です。

■ 楽天と近藤 麻理恵さんの取り組み
楽天は、KonMari Media社の“片づけを通して自分の内面を見つめ直す”という本質を追求する姿勢に深く共感し、2019年8月に同社とパートナーシップを締結しており、今回の取り組みもその一環です。当時の発表内容やこれまでの両社の取り組みは、以下をご参照ください。

「楽天、近藤 麻理恵さんのプロデュースを手掛ける KonMari Media, Inc.とパートナーシップを締結」
(リンク »)

「【サイトオープンのお知らせ】『KonMari TOKIMEKI LIFEー片づけの先にある、ときめく暮らしー』」
(リンク »)

「楽天LIFULL STAY、楽天グループの様々なサービスを体感できる宿泊施設『Rakuten STAY VILLA富士山中湖』をオープン」
(同施設内で、近藤 麻理恵さんの監修のもと、KonMari Media Japan株式会社がプロデュースに参画した棟を開設)
(リンク »)

■ 近藤 麻理恵さんについて
5歳から『ESSE』などの主婦雑誌を愛読。中学生のときに本格的に片づけの研究をスタート。大学在学中の19歳で片づけコンサルティング業務を開始し、独自の片づけ法「こんまり(R)メソッド」を編み出す。2010年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』は世界40カ国以上で翻訳され、シリーズ累計1,200万部を超える世界的大ベストセラーに。2015年に米『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出。2019年よりNetflixにて公開された『KonMari~人生がときめく片づけの魔法~』はエミー賞2部門にノミネートされ、同年で最も人気のあったノンフィクション番組1位となる。現在はロサンゼルス在住で2人の娘を育てつつ、「片づけ×ときめく生活」をテーマに発信をしている。
公式HP: (リンク »)

■ 「こんまり(R)メソッド」について
「こんまり(R)メソッド」は、近藤 麻理恵さんが提唱した片づけ法です。片づけに対して、精神性を持たせるなど新しいアプローチをとり、日本だけではなく世界中で注目を集めています。特徴の一つは、片づけ中に、モノを「捨てる」のではなく、「選んで残す」こと。そして、必要性や機能性で選ぶのではなく、自分の感情である「ときめき」で選ぶこと。そうした片づけの過程を通じて、仕事、人間関係など人生全般にまさに変化が起こるライフチェンジングメソッドとして、世界中で感動と共感を得ています。

■ KonMari Media Japan株式会社の企業さま向け研修事業について
KonMari Media Japan株式会社は、「こんまり(R)︎流オフィスの片づけ研修」や「こんまり(R)︎メソッドビジネスセミナー」といった、企業さま向けの研修事業を行っております。対象・実施背景に応じて、1時間の講演から複数日程での研修までフレキシブルに対応しております。
▼企業研修に関するお問い合わせはこちら
event@konmari.com
また、定期的に個人向けにも「こんまり(R)︎メソッドビジネスセミナー」を開催しております。
▼次回開催4月6日(火)の詳細はこちら
(リンク »)
2021年3月からは、『こんまり メソッドビジネススクール』を開講いたしました。本スクールは、企業や組織における課題並びに問題解決を「こんまり(R)︎メソッド」を用いて行う、プロフェッショナル講師、そしてコーチを育成するスクールです。スクール生限定のコミュニティー参加を通じて、自らの業務効率化・生産性向上はもちろんのこと、周囲の人や企業・組織の生産性向上のサポートができるようになるプロフェッショナルコーチ兼講師になることを目指します。
▼スクール詳細はこちら
(リンク »)

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]