編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ロッテの新たな食育活動がスタート!子どもたちの創造的思考力を育てる出張授業「ロッテ イノベーションチャレンジ~未来のおかし開発室~」を開始。

株式会社ロッテ

From: PR TIMES

2021-03-30 10:47

株式会社ロッテは、食育活動の新たな取り組みとして、小学校高学年(5、6年生)を対象にした出張授業プログラム「ロッテ イノベーションチャレンジ~未来のおかし開発室~」をスタートいたします。このプログラムは、「人々の生活を豊かにする新たな価値を生み出すこと」をテーマに、おかしやアイスクリームを題材にして、子どもたちの課題解決や願いの実現を体験できる内容となっております。また、子どもたちの1.創造的思考力を育成し、2.体験を通して学べ(キャリア教育)、3.イノベーションの考え方を知り探究につなげられる、ロッテ独自のプログラムです。 2020年度に改訂された「新学習指導要領」に対応した教育支援プログラムとして、総合的な学習の時間や特別活動(学級活動)などの教科に取り入れていただける形式となっております。



[画像1: (リンク ») ]




株式会社ロッテ
(リンク »)


●ロッテの食育についての取り組み

当社はESG経営推進の一つとして、食育活動に注力しております。食は健康の源と考え、正しい食に関する知識や理解を深める活動に取り組んでおります。

当社ならではの取り組みとして、1.おかしのおいしさ・製造方法の驚きなど「食の楽しさ」、2.キシリトールやカカオ、乳酸菌など素材の「食と健康」、3.咀しゃくや食べ方による「噛むこと/食べることの機能」4.原料や表示内容を通じた「食の安全・安心」、5.社会や環境に対する「サステナビリティへの貢献」があります。

こうした取り組みを、工場見学や食育セミナー、小学校への教材提供などを通じて、2019年度はおよそ6万人もの方々にご参加いただきました。2023年には10万人以上、2028年には15万人以上にすることを目標にしております。

食育活動を充実するため、今回「ロッテ イノベーションチャレンジ」を開始いたします。身近なおかしやアイスクリームで食と健康の大切さ、食の重要性や楽しさを、子どもたちが主体的に学ぶことができるよう取り組んでまいります。


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]




●対象
【対面型授業】全国の小学校5~6年生のクラス単位
※1クラスから申し込み可能
※対象の都道府県内でもお伺いできない場合があります。
※お申し込みの人数・日程、また一部エリアによっては、調整が必要となる場合や、お申し込みをお受けできない場合があります。

●申込方法
ホームページ( (リンク ») )よりお申し込みください。
※実施ご確定後、宅配便にて教材を送付します。
※事前のお打ち合わせを1回程度実施します。

●申込期間 
未定 

●お申し込みに関する学校からの問い合わせ先
株式会社ロッテ 教育支援事務局(株式会社キャリアリンク内)
TEL 06-7777-4111 受付時間 9:30~17:30 月~金(祝日を除く)


●プログラムの考え方・進め方

みんなを笑顔にするおかしづくりのヒミツ、それは今あるものの特徴と全く違うものを「かけ算」で考える「ロッテノベーション」という考え方。みんなの願いをかなえるために新しいアイデアを生み出す考え方です。この考え方をもとに、児童自身が困りごとを解決したり、願いをかなえるための新しいアイデア創出にチャレンジできるプログラムです。

[画像4: (リンク ») ]




(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ロッテの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]