編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

UUV(水中無人機)の高度化へ日仏共同研究事業で契約

三菱重工業株式会社

From: PR TIMES

2021-03-30 17:11

次世代の機雷探知技術を開発

◆ 人工知能による探知・類別支援機能の精度向上や、UUV内のリアルタイム信号処理を目指す
◆ 水中の状況に左右されることなく船舶の航行に危害を与える埋没・沈底機雷を探知・類別可能に



[画像: (リンク ») ]

三菱重工業は、日仏防衛関係当局の合意に基づき、日仏共同研究事業である「次世代機雷探知技術の研究試作」の契約を防衛省と締結しました。

本研究試作では、三菱重工の水中無人機(UUV※1)である自律型水中航走式機雷探知機OZZ-5に搭載されている低周波合成開口ソーナー(LF-SAS※2)とフランス企業タレス社の高周波合成開口ソーナー(HF-SAS※3)の情報を統合し、探知・類別支援機能の精度向上と合成開口処理のリアルタイム運用を実現することを目指します。

この共同研究事業は、「防衛装備品の分野に関する共同プロジェクトの枠組みで協力を強化する」という日仏協力のロードマップに基づいて行われるものであり、2024年まで国内で検証を続けた後、フランスでの試験に移る予定です。

三菱重工は、日仏共同の技術開発を通じて高性能かつ高品質な製品を迅速に供給するとともに、政府からの指導に従い、救難、輸送、警戒、監視および掃海の分野で国際協力の一翼を担っていきます。

※1 UUV=Unmanned Underwater Vehicle
※2 LF-SAS=Low Frequency Synthetic Aperture Sonar
※3 HF-SAS=High Frequency Synthetic Aperture Sonar

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]