編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「バーチャルハマスタ」第3弾、開催!

KDDI株式会社

From: PR TIMES

2021-03-31 18:47

持続可能なスポーツ・エンターテインメントのイベントモデルを目指す

株式会社横浜DeNAベイスターズ(本社:横浜市中区、代表取締役社長:岡村 信悟、以下 横浜DeNAベイスターズ)とKDDI株式会社(本社:東京都千代田、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)は、2021年3月30日に本拠地・横浜スタジアムで行われた本拠地開幕戦を対象に「バーチャルハマスタ」第3弾を開催しました。今回は、主に「エリア拡張」、「現地スタジアムのオープニンングセレモニーとの連動演出」、「ファン参加型コンテンツ」を提供。今後もバーチャルハマスタの取り組みを通じ、リアルとバーチャルを連動させた新しいスポーツ観戦を提供し、どのような状況下でも持続可能なスポーツ・エンターテインメントを創出します。



■ファンおなじみのエリアがバーチャルハマスタに新登場!ゲストも驚きのクオリティに大興奮
「バーチャルハマスタ」第3弾では、従来のエリアに加え、横浜公園ライト外周エリアを追加し、横浜公園内の「水の広場」「DREAM GATE」「BALLPARK BURGER &9」など、ファンおなじみのスポットが新登場しました。試合開始前には、ゲストや球団OBが新エリア内のステージでトークライブを実施。新エリアのリアルに近いヴィジュアルに驚きの声があがりました。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


■2021年シーズン新・応援演出「YOKOHAMA CLAP」をバーチャル空間ならではの演出で体験
横浜スタジアムの現地で行われるオープニングセレモニーの演出と連動し、バーチャルハマスタ内のスタジアムでもバーチャル専用の演出で再現。ダンサーのアバターや球団マスコットのDB.スターマンがバーチャル空間に登場し、参加されたファンは、スタジアムの映像と同じタイミングでクラップアクションをして新しい応援演出である「YOKOHAMA CLAP」を楽しみました。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


■イニング間にはファン参加型コンテンツを開催!次世代型スポーツエンターテイメントを体感
試合中のイニング間では、ゲストや球団OBとのクイズコーナー、スタージェット(風船)を飛ばす演出など、バーチャル空間ならではのコンテンツをお楽しみいただきました。参加されたファンのアバターの中には、バーチャルスタジアム内に登場したゲストのアバターと記念撮影をしている姿も見受けられ、それぞれの楽しみ方でバーチャルハマスタを満喫していました。
[画像6: (リンク ») ]


<「バーチャルハマスタ」概要>


[画像7: (リンク ») ]

バーチャル空間上にもうひとつの「横浜スタジアム」を構築し、ファンの皆さまはご自宅からスマートフォンやパソコン、VRデバイスを使って「バーチャルハマスタ」に来場できます。また、オリジナルのアバターを使って「バーチャルハマスタ」内を自由に動き回りながら、多くのファンと一緒に応援とコミュニケーションを行い球場の雰囲気を楽しめる次世代型のスポーツ観戦です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]