編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

[April Dream] 4月1日を夢の日に。1100社超が「夢」の発信に参加表明

株式会社PR TIMES

From: PR TIMES

2021-04-01 04:16

4月1日、企業の夢がプレスリリースで、個人の夢がSNSで順次発信されます。



[画像1: (リンク ») ]

4月1日。日本中のウソつきよ、ヒーローになろう!

今日、April Foolに夢を発信するヒーローになってみませんか。
ウソでみんなを驚かせるんじゃなく、夢でみんなを驚かせて、
小さな希望を作ってみませんか。
ちょっと不安に包まれそうな今だけど。だからこそ。
夢を声に出して、文字にしてみる。
その夢に勇気をもらう人がいるかもしれない。
その夢で明るい顔がひとつ増えるかもしれない。
今日、生まれたたくさんの夢で、
たくさんの叶えたい未来をつくっていこう。
もう、ウソをついてしまった人でも大丈夫。
さぁ、今すぐ夢を!
男の人も、女の人も、子どもも、
おじいちゃんも、おばあちゃんも、みーんな。
ヒーローになってください!

April Dream 4月1日を夢の日に。


 プレスリリース配信サービス「PR TIMES」等を運営する株式会社PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922、以下 PR TIMES)は、4月1日に企業・団体・個人が「夢」を発信するApril Dreamプロジェクトを、本日2021年4月1日(木)に実施いたします。
(リンク »)


1100社、500名を超える夢を発信するヒーローたち

 4月1日をウソをつくエイプリルフールから、大風呂敷を広げて夢を語る日にしようと、PR TIMESが提唱する新たな発信文化として、2021年2月25日に、今年のApril Dreamを実施することを発表しました。参加呼び掛け以降、多くの企業・団体・個人の皆さまにご関心をお寄せいただき、プレスリリース発信のエントリーは1100件を超え、個人のSNS発信の事前申し込みは500名を超えています。

 そして、本日4月1日にPR TIMESサイト内「#AprilDream」ハッシュタグ、および「April Dream」特設サイトにて、各社の夢がプレスリリースで順次発信されます。なお、April Dream対象プレスリリースは配信費を無料とします。※当日参加も可能です。参加方法は後述します。

 また、本日4月1日限定で、特設サイトにて誰もが夢を発信できる「夢ジェネレーター」を公開し、皆さまの夢を集めて掲載いたします。夢を発信するヒーローが増えれば増えるほど、そのエネルギーは世の中をワクワクさせ、希望で溢れる未来を作っていけると私たちは信じています。2021年4月1日、あなたの夢、April Dreamを発信してヒーローになりませんか?ご参加をお待ちしております。

 また、Dreamパートナーとして、夢の発信をともに応援する6社の仲間が集まり、子どもたちが夢を発信するイベント開催や、Dreamソングを集めたプレイリスト公開など取り組みを行いました。

 ヒーローたちの夢は、本日4月1日に順次発信されます。一年で夢が一番発信されるこの日を、ぜひワクワクしながら、お楽しみいただければ幸いです。

 発信予定のApril Dreamの中から、ごく一部ではありますが、夢をお寄せいただいた企業・団体の皆さまとその夢を以下にご紹介させていただきます。

世界初「感動発電装置」を導入!お客様の感動エネルギーを動力に全店舗運営します。
株式会社トリドールホールディングス
(リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


性別・年齢・国籍・経歴により人生の選択肢を制限されない世界を創ります
ライク株式会社
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]


映画館のデリバリーサービスを開始します。
株式会社ラコル
(リンク »)
[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]



日本初海中レストラン「萬坊」が40年ぶりのフルリニューアルオープン。360°の海中展望席を披露。
株式会社 萬坊
(リンク »)
[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]




4月1日、今年はウソではなく夢を発信しませんか

 April Dreamは、4月1日に企業や個人が叶えたい夢を発信いただくプロジェクトです。

 企業・団体・自治体はいつもの公式発表と同じように「PR TIMES」のプレスリリースで、個人の方は普段から自身の考えを発信しているSNSで、自分たちのことを日頃から見てくれている方々へ向けて、4月1日に「夢」を発信するヒーローを募っています。

 4月1日は、夢の日です。新学年、新年度が始まるこの日に、心に秘められた夢を発信してみませんか。

特設サイト: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)

◆企業・団体の参加方法(4月1日当日に夢のプレスリリースを配信)
April DreamのプレスリリースをPR TIMES上でご配信いただきます。通常のプレスリリース同様、企業向け管理画面より、設定をお願いします。その際、下記3つの条件を満たしたものをApril Dream対象プレスリリースとして、配信費を無料とします。
1. リード文に下記文章を記載(下線部分はそれぞれに合わせて変更可能)
[当社]は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは[企業名・団体名]の April Dream です。
2. 本文末に下記文章を記載
April Dreamは、4 月 1 日に単に笑えるネタではなく、実際に企業が叶えようとする夢を発信いただくPR TIMES によるプロジェクトです。
3. 配信設定キーワードに「#AprilDream」を入れる(プレスリリース新規登録画面下部の【キーワード】より)

◆個人の方の参加方法(4月1日当日にSNSで自分の夢を発信)
SNSでハッシュタグ「#AprilDream」をつけて、あなたの夢を発信しませんか。April Dream特設サイトでは、自分の夢をのせて画像を作成できる「夢ジェネレーター」を本日限定で公開しています。ジェネレーターで作成した夢の画像は、ご自身のSNSへ投稿いただけます。また、ご参加いただいた皆さまの夢の画像は、特設サイトに集めて掲載します。


4月1日、新しい一歩を踏み出す方へ。プレゼント企画「夢への入社」「夢への入学」

 4月1日に夢を発信する方の中で、2021年4月に学校へ入学する新入生と、企業へ入社・転職する社会人に向けた特別企画です。学校に入学することは同時に自分の夢への一歩を踏み出すことであり、企業へ就職することは同時に思い描いた夢を叶える場へと入っていくことでもあります。

 新入生の方は夢を発信する際に「#夢への入学」、社会人の方は「#夢への入社」のハッシュタグをつけてTwitter投稿していただいた方に、April Dreamグッズをプレゼントします。
※発信された方へ後日事務局より、DMにてご連絡します。

[画像8: (リンク ») ]

【April Dreamグッズについて】
・April DreamのデザインをあしらったApril Dream Tシャツ
・「#夢への入学」に参加の方には夢の教科書
・「#夢への入社」に参加の方には夢十則
をプレゼントします。

夢は「好き」の中にある!!(「夢の教科書)より)
誰もが、夢には現役!!(「夢十則」より)
私たちは、夢について考え続けています。夢には、平等や可能性、学びがあります。その気付いたことを夢の教科書、夢十則としてお伝えします。


April Dreamプロジェクトメンバーのコメント

クリエイティブディレクター/コピーライター:武藤 雄一 氏(武藤事務所株式会社)

[画像9: (リンク ») ]

ウソを、ユメへ。
文字にしたら、たった2文字。それを変えるだけで、未来が変わるかもしれない。そう考えると、ゾクゾクしてしまいます。クルマという概念が排気から、エコに変わったように。消費という概念が、捨てないで循環していくに変わり始めたように、4月1日も、ウソをつく日から、夢を発信する日に変わっていくかもしれない。「これって、こうなんじゃない」というひとつの考え方の流れが生まれ、そこに「そうだね」と賛成してくれる人が増えてきたら、新しい常識が生まれるかもしれない。April Foolという考えの底にある、チャーミングさや夢物語をさらに高くジャンプするApril Dreamという、コミュニケーション活動。この夢のような発明に、参加できている奇跡に、深く感謝します。


アートディレクター/ デザイナー:白井 陽平 氏(株式会社サン・アド)

[画像10: (リンク ») ]

「April Dream」良いと思いました。まるで前からそうであったような言葉の響き。こんな時世だからこそ、前向きに。素直に。朗らかに。ちょっとだけ大きな声で「ウソはよくない。夢がいい。」と言ってみる。チャーミングで素敵なコミュニケーションに仕上がりました。(湯村さんありがとうございます!)皆んなが、夢とはいかないまでも、何をやりたかったのか、今一度考えてみる。そんな始まりの一日になると良いなと思います。



イラストレーター:湯村輝彦 a.k.a テリー・ジョンスン 氏(グラフィックデザイナー・イラストレーター・漫画家)

[画像11: (リンク ») ]

新聞にズドーン!!
と私の分身『夢野 凡太郎』を描かせてもらった(C)テリーです。
どんなちっぽけでもいいからポケットの中にそっと仕舞っておきたい夢を持っていると、誰でもみんな毎日を楽しく元気に生きていけるような気がします。


April Dreamプロジェクト担当:三浦 和樹(株式会社PR TIMES)

[画像12: (リンク ») ]

誰かの小さな希望をつくる。ヒーローとして勇気を与える夢。
自ら語った夢に鼓舞される。自分を奮い立たせるための夢。
実は誰にも言いたくない。恥ずかしくてこっそり呟く夢。
当社が提唱するエイプリルドリームの日に発信される夢は大小浅深さまざまですが、どれにも共通しているのは、あたたかく前向きな感情を生み出す力をもっていること。その感情に後押しされ、発信した個人・法人が夢を叶えるための行動を重ねる。その行動や成果に刺激を受けて、新たな行動者が増える。この好循環の起点になるようにと、私も夢見ながら本プロジェクトを進めました。「PR TIMES」を運営する当社がこの発信文化を提唱することは、仕事でいう「天職」なのかもしれません。このプロジェクトを担当できていることを誇りに思います。

April Dreamプロジェクト担当:長澤 史佳(株式会社PR TIMES)

[画像13: (リンク ») ]

小学校の卒業式、体育館の壇上で「将来はネイリストになりたいです」と発表したのを今でも覚えています。でも、そこから年を重ねるにつれて、夢について考えることは少なくなりました。
正直、大人になった今の方が、夢を考えるのは難しいと思います。でも、夢は自由です。夢を否定する権利は、誰にもありません。勇気をもって夢を発信することで、その夢が「世界中の誰かの夢のきっかけ」になるかもしれないから。4月1日、エイプリルドリームの日が、たくさんの夢ときっかけを生む日になることを願っています。


株式会社PR TIMESについて


[画像14: (リンク ») ]

PR TIMES(ピーアールタイムズ)は、「行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ」をミッションに掲げ、企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐインターネットサービス「PR TIMES」を2007年4月より運営しています。報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信するとともに、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載し、生活者にも閲覧・シェアされています。利用企業数は2021年2月に5万社を突破、国内上場企業44%超に利用いただいています。情報収集のため会員登録いただくメディア記者2万人超、サイトアクセス数は月間5000万PVを突破、配信プレスリリース件数は月間2万件を超えています。全国紙WEBサイト等含むパートナーメディア201媒体にコンテンツを掲載しています。

クライアントとメディアのパートナーとして広報PR支援を行うPRパートナー事業や、ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」の運営、動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」の提供、タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」やクラウド情報整理ツール「Tayori」の運営、スタートアップメディア「BRIDGE」等のメディア運営も行っています。

[画像15: (リンク ») ]

【株式会社PR TIMES会社概要】
ミッション: 行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ
会社名  : 株式会社PR TIMES  
       (東証一部 証券コード:3922)
所在地  : 東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル3F
設立   : 2005年12月
代表取締役: 山口 拓己
事業内容 :- プレスリリース配信サービス「PR TIMES」( (リンク ») )の運営
      - ストーリー配信サービス「PR TIMES STORY」( (リンク ») )の運営
      - 広報・PRの効果測定サービス「Webクリッピング」( (リンク ») )の運営
      - クライアントとメディアのパートナーとして広報・PR支援の実施
      - 動画PRサービス「PR TIMES TV」「PR TIMES LIVE」( (リンク ») )の運営
      - クラウド情報整理ツール「Tayori」( (リンク ») )の運営
      - タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」( (リンク ») )の運営
      - スタートアップメディア「BRIDGE」( (リンク ») )の運営、等
URL    :  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社PR TIMESの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]