編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

【オリックス】太陽光発電システムの第三者所有(PPA)モデル 国内最大級(2.2MW)、広島の老舗メーカー工場に導入

オリックス株式会社

From: PR TIMES

2021-04-05 16:17

カイハラ産業の三和工場、CO2排出量と電力料金を同時に削減

オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)とカイハラ産業株式会社(本社:広島県福山市、社長:貝原 護)、は、このたび、1施設あたりで国内最大級の発電出力(約2.2MW)となる太陽光発電システムの第三者所有モデル(以下「PPAモデル」)を導入しますのでお知らせします。カイハラ産業の三和工場(広島県神石郡)にて設置工事を進め、2021年6月の稼働開始を予定しています。



PPAモデルとは、第三者が電力需要家の敷地や屋根などを借り受けて太陽光発電システムを設置し、発電した電力を需要家に供給する事業モデルです。オリックスは、三和工場の屋根に約2.2MWの太陽光発電システムを設置・運営し、太陽光によって発電された電力をカイハラ産業に供給します。
カイハラ産業は、本取組により使用電力の一部を再生可能エネルギーに切り替えることで、三和工場で使用する電力のCO2排出量を約12%削減します。また、本件の大規模な太陽光発電システムの導入では、オリックスのスケールメリットを生かした設備調達力により、本PPAモデルで調達する電力料金単価を、これまでの三和工場における電力料金単価より約25%低減できる見込みです。

カイハラ産業は、1893年創業の国内最大のデニム生地メーカーで、原綿の紡績・染色から加工までの全工程を手掛けています。工場の使用燃料を重油からLPガスへ切り替えるなど、これまでのCO2排出量の削減取組に加えて、昨今の脱炭素化に向けたグローバルなサプライヤーからの要請にも対応を進めています。
オリックスは、国内外で太陽光、風力、地熱などの再生可能エネルギー発電事業を積極的に推進しています。国内の太陽光発電においては、約1,000MW (土地置き約100カ所、屋根置き約500カ所)を所有・運営しています。PPAモデルの導入実績では、2020年8月に、岐阜県と静岡県のスーパーマーケットにおいて第一号案件の稼働を開始※しており、今後も全国でPPAモデルの導入を推進します。

※2020年8月7日付プレスリリース:BCP機能付き太陽光発電システムの第三者所有モデル第一号案件、静岡・岐阜の商業施設で稼働開始
(リンク »)

■設備概要
[表: (リンク ») ]



■カイハラ産業 三和工場

[画像: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オリックス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]