編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

ベライゾン、Associate British Portsとヨーロッパ初のプライベート5G契約を締結

ベライゾンジャパン合同会社

From: PR TIMES

2021-04-08 12:16

プライベート5Gテクノロジーが、未来のIoTおよび機械学習アプリケーションの展開に向けた基盤を構築し、より効率的なオペレーションを実現



[画像1: (リンク ») ]

Verizon Business (日本法人:ベライゾンジャパン合同会社、東京都千代田区、代表執行役員社長 職務執行者:山崎隆太、以下「ベライゾン」)は本日、サウサンプトン港におけるプライベート5Gの展開に向けて、Associated British Ports(ABP)とのパートナーシップを発表しました。ノキアとのパートナーシップを通じて提供されるベライゾンのプライベート5Gプラットフォームは、英国(UK)で最も忙しい港の1つであるサウサンプトン港において、セキュアで低遅延のプライベートネットワーク接続を提供します。

[画像2: (リンク ») ]


ABPは、サウサンプトン港を含む21の港によって構成されるネットワークを運営しています。サウサンプトン港は、毎年英国の輸出の400億ポンドを担う英国随一の港として機能し、同国の企業や製造業者のサプライチェーンにおいて、重要な役割を果たしています。また、英国において自動車およびクルーズ向けの最大の港として、約90万台の自動車を取り扱い、年間数百万人のクルーズ客を迎え入れています。この新しい契約により、サウサンプトン港は、プライベート5Gネットワークを備えた英国メインランドにおける最初の港となります。

ベライゾンビジネスのCEOであるTami Erwin(タミー・アーウィン)は次のようにコメントしています。
「ベライゾンのプライベート5Gは、エッジコンピューティングインフラストラクチャに完全に特化した基盤であり、施設内における超低遅延、より高いレベルのセキュリティを実現すると共に、パートナーに向けたより踏み込んだカスタマイズを可能にします。ABPなどの企業は、新しいビジネス機会を活用するため、サービスを驚異的なスピードで進化させるというプレッシャーに直面しています。ベライゾンはノキアとともに、ABPがプライベート5Gのメリットを直ちに享受できるよう支援しています。また、最も重要なのは、サウサンプトン港が新しいテクノロジーアプリケーションとリアルタイムアナリティクスを最大限に活用し、次世代のサービスのデジタル変革を実現できるように準備することです」

ベライゾンのプライベート5Gプラットフォームは、サウサンプトン港のイーストドックならびにウェストドック内の特定エリア全体で、高い信頼性とセキュアなプライベートワイヤレスデータネットワークをABPに提供します。これにより、データ通信は一つのネットワークに統合され、これまでの複雑さを軽減しながら、港湾内通信の信頼性およびセキュリティを向上させます。

このプライベート5G展開は、貧弱なWi-Fi接続によってもたらされるオンサイトデータ通信の損失という、差し迫った問題を解決するだけでなく、優れた信頼性、スループット、セキュリティ、ならびに超低遅延を実現するプライベート5Gの高度な機能によって、リアルタイムアナリティクス、IoT、機械学習などの新しいテクノロジーが利用できるようになります。これは、資産追跡、自律誘導車両、ワークフロー管理、予知保全、およびの安全監視を含む、近い将来登場する可能性が高い新しいサービスの進歩を推進するものです。

ABPのCEOであるHenrik L.Pedersen氏は、次のように述べています。
「私たちの顧客のニーズを満たすために、柔軟で回復力に優れたテクノロジープラットフォームを構築することは、当社の戦略の中核であり、そしてお客様に対してプライベート5Gネットワークを提供する英国で最初のポートオペレータになれたことは、ABPにとって素晴らしいマイルストーンです。このプロジェクトを可能にしてくれたパートナーに感謝します。このプロジェクトによって、サウサンプトン港には、海事業界のデジタル革命の最前線に立つために必要となる最先端のインフラストラクチャが装備されます。

ベライゾンは、2020年10月にヨーロッパとアジア太平洋に拠点を置くグローバル企業に向けて、インターナショナルプライベート5Gプラットフォームを発表しました。現在、ノキアとのパートナーシップを通じて提供されているこのソリューションにより、企業・組織は業界水準に特化したプライベート5Gネットワーク機能を自社施設内に展開できます。このネットワークは、高帯域、低遅延、超高速のプライベートワイヤレス接続と、ローカルエッジコンピューティングを提供するアプリケーションプラットフォームであるNokia Digital Automation Cloud上で運用されます。

ノキアのベライゾンビジネスグループのシニアバイスプレジデントであるBrian Fitzgerald(ブライアンフィッツジェラルド)氏は、次のように述べています。
「5Gの機会は、周波数が開放され世界中の企業施設内においてプライベート5Gネットワークが運用開始されるというように第四次産業革命とともに現実のものとなります。私たちは、前例のないレベルのサポートを提供することで、プライベート5Gの成功を促進し、また彼らの顧客が必要とする最高レベルの品質、回復力、セキュリティを提供することで、戦略的パートナーであるベライゾンがABPなどの企業顧客と共に5Gの提供地域をグローバルに拡大できるよう支援していきます。」

ベライゾンの5Gリーダーシップの詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]