編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

光回線の常時監視と瞬時に経路を切り替える機能を持つ光スイッチの新機種の一般販売を開始します

NTTアドバンステクノロジ株式会社

From: PR TIMES

2021-04-13 15:17

~ コンパクトタイプインテリジェントスイッチ「CSW2」 ~

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、インテリジェント光スイッチシリーズの新機種「CSW2」の一般販売を2021年5月に開始します。
インテリジェント光スイッチシリーズは、光回線を常時監視し、光パワーの低下を検知すると瞬時に経路を切り替える機能を持ち、ネットワークの冗長性とサービスの信頼性を大幅に向上することで、光ファイバネットワークが“いつでもつながっている”ことを実現します。
この度一般販売を開始する「CSW2」は、従来機種の「CSW」のコンパクトで軽量かつ低価格という特長を踏襲しつつ、上位機種のみ対応していた電源冗長(ホットスワップ)やシリアルコンソールインターフェイスを追加し、より活用の場面が増えました。
なお、本製品は、4月14日(水)から16日(金)までの間、幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2021」に出展します。(ブースNo.:4N19)



[画像1: (リンク ») ]

■背景
インテリジェント光スイッチは、システムやネットワーク回線のトラブル発生時、経路を物理的かつ自動的に切り替える光セレクターで、光回線切替装置(自動切替型光パッチパネル)ともいいます。NTT-ATのインテリジェント光スイッチは約15,000回線以上を出荷、数万ポート以上の光ファイバ通信設備を収容し、通信キャリア、IX事業者はもちろんのこと、ISP事業者、IDC事業者、CATV事業者、MSO事業者等の事業活動をサポートしています。
 今回販売開始する「CSW2」の元となった「CSW」は、光スイッチ搭載数を1chに限定し、複数の光スイッチ数を必要としない経路の冗長用や小規模ネットワークでの使用などに向け、低価格を実現しています。
 
■光スイッチのメリット
1.ネットワーク断時間の大幅な低減
ネットワーク障害をパワーの低下により検出し、瞬時(10msec以下)に自動的に経路切替を実行(10msec以下)するため、ネットワークの断時間の大幅な低減が可能です。
2.遠隔での監視と制御が可能
検出レベル-40dBm~+10dBmの範囲において光パワーを常時モニタリングします。WebユーザーインターフェースやSNMP、CLI(TELNET/SSH)等で、監視による自動切替だけではなく、遠隔による手動での切り替えも可能です。
3.ヒューマンエラー等のリスク低減が可能
光ファイバコネクタの差し間違いや、コネクタ端面汚れなどのヒューマンエラーによるネットワーク断絶を回避。装置や回線のトラブル発生時は瞬時に切り替えが完了します。

■活用例

[画像2: (リンク ») ]


<参考>
インテリジェント光スイッチシリーズ
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]