編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

テレビ業界向けネットワーク型タリー伝送システム「AirTally」を共同開発

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2021-04-15 15:17

~中継先に視覚的なタリーを低遅延で送れるIoTシステムを定額制で提供~

ラトックシステム株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:近藤 正和、以下「ラトックシステム」)と朝日放送テレビ株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:山本 晋也、以下「ABCテレビ」)は、ネットワーク型タリー伝送システム「AirTally(エアタリー)」を共同開発、サブスクリプションで提供開始することを発表します。



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

タリーは番組の出演者やカメラマンに、どのカメラを選択しているのかを知らせるランプです。AirTally(エアタリー)は、視覚的なタリーを中継車や本社から中継先へ低遅延で返すIoTシステムです。親機と子機からなり、タリー接点出力をLTE-M(セルラー)回線経由で伝送し、現場でLEDを点灯します。

[画像4: (リンク ») ]

ネットワーク型タリー伝送システム「AirTally」
(リンク »)

各デバイスにはGPS機能を搭載。ワイヤレスカメラや中継車の位置情報を、Google Map上で確認可能です。子機は182g、67x35x100mmとカメラに装着可能なコンパクト軽量設計。長短2種類のタリーLEDを用意しています。
[画像5: (リンク ») ]

本システムは、報道番組での選挙中継、バラエティ番組内でのマラソン中継、ゴルフ中継、プロ野球中継など、ABCテレビの中継番組で運用実績があります。

AirTallyは、2021年4月中旬よりBtoB向けウェブサイト「IoT SELECTION connected with SORACOM」より、通信料、クラウド料込みのサブスクリプションで提供します。

提供開始:2021年4月15日
価格:月額費用10,978円(税抜価格9,980円)(通信費・クラウド費込)


■背景
カメラマンにとってタリー、送り返し映像、インカム音声などは、OA状況や番組進行、内容変更や撮影指示などを把握する上で、非常に重要です。スタジオでの撮影は、生放送、収録ともに設備環境が充実しています。

一方、一般的な中継におけるワイヤレスカメラ運用では、現場が映像を掴まれているかを視覚的に知るための「タリー」はなく、電話やOA音声と混ぜたピコピコ音など、すべて音声で伝達してきました。中継コンテンツの品質を向上させるために、現場への視覚的なタリーを低遅延で返すことは長年の課題でした。

ABCテレビは、本システムの前身となるタリー伝送システムをRaspberry Piと3G回線で自社開発、2018年に日本民間放送連盟賞「優秀」を受賞しました。受賞後より業界から商品化の要望が多く寄せられるようになり、この度の商品化に至りました。

■関連URL
AirTallyサービス情報ページ(ラトックIoTソリューション)
(リンク »)

AirTallyご注文ページ(IoT SELECTION connected with SORACOM)
(リンク »)

※「AirTally」は朝日放送テレビ株式会社およびラトックシステム株式会社の共同登録商標です。

▼ お客様からのお問い合わせ
ラトックシステム株式会社 システムソリューション事業部
Mail: (リンク »)
TEL: 06-6633-5768(代)

▼ 報道関係の方からのお問い合わせ
ラトックシステム 広報(担当:大塚)
Mail: (リンク »)
TEL:06-6633-6744

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]