編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

デジタル技術を駆使したニューノーマルな世界へ ひろしまサンドボックス「D-EGGS PROJECT」最終審査を通過した30件の採択アイデア決定!

株式会社サムライインキュベート

From: PR TIMES

2021-04-21 12:00

~サムライインキュベートが事業アイデアを具現化する伴走支援中~  (リンク »)

 株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原健太郎、以下「当社」)は、広島県主催「ひろしまサンドボックス」の一環として行うデジタル技術を活用して、コロナ禍における課題解決を図る実証実験「D-EGGS PROJECT」にて事業創出の伴走支援をしています。その「D-EGGS PROJECT」において、391件の応募アイデアの中から最終採択となる30件のアイデアを決定しましたので、お知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]



 「D-EGGS PROJECT」は、「Make!New Normal」をテーマに掲げて募集を開始※1し、391件の応募アイデアの中から100件のアイデアを一次選定していました※2。その後、主に「新規性」「将来性」「実現性」「適合性」「公的性」の5つの観点を中心に、広島県での実証実験で生み出されるシナジー(相乗効果)や県内外の方々からの動画いいね数8,046をパブリック評価として考慮し、最終審査結果としてこの度30件のアイデアを採択いたしました。全11のカテゴリを網羅し、ポイントごとのイノベーションではなく、広島県民のライフシーン全体でニューノーマルな世界観を実証できる選定結果となりました。

[画像2: (リンク ») ]

 今後、採択者は広島県の様々なフィールドにおいて実証実験を進め、当社は社会実装を視野に入れて実現していくための支援を進めてまいります。
 最終採択30件は以下の通りです。

■最終採択30件一覧(順不同・通過の順位とは無関係)


[画像3: (リンク ») ]

※採択者に関する個別取材等をご希望される場合は、別途事務局までご連絡ください。

 当社は、今後10年かけて実行するビジョン「SAMURAI VISION 2030」※3の一つとして、様々な形の共創を支援することで事業創出を行い、世界で課題を抱える人々の課題解決を目指しています。当社がこれまで培ってきた0→1での事業創出や具現化するノウハウを活かし、「D-EGGS PROJECT」においても社会課題や地域課題を解決する事業創出を目指して、支援を進めてまいります。


注釈:
※1:2020年11月26日付 広島県商工労働局 イノベーション推進チーム プレスリリース参照
(リンク »)
※2:2021年2月9日付 当社プレスリリース参照
(リンク »)
※3:2021年3月15日付 当社プレスリリース参照
(リンク »)


■今後のスケジュール(予定)
・2次審査期間    / 令和3年 2月 9日~4月中旬
  内パブリック評価 / 令和3年 3月10日~3月31日
・最終審査発表    / 令和3年 4月21日
・実証実験期間    / 令和3年 4月 下旬~10月中旬
・成果発表会     / 令和3年10月 中旬

■会社概要
社名:株式会社サムライインキュベート
住所:東京都港区六本木1-3-50
設立:2008年3月14日
代表:代表取締役 榊原 健太郎
URL: (リンク »)

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]