編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

【テレワーク支援】ワークフローシステムを2ヶ月間無料で提供開始

インフォテック株式会社

From: PR TIMES

2021-04-22 11:17

「Create!Webフロー Cloud」2ヶ月間無料トライアル

インフォテック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:山田智次)は、在宅勤務やテレワークを推進する企業を支援するために、クラウド版ワークフローシステム「Create!Webフロー Cloud」の2ヶ月間無料トライアルを提供します。




テレワーク支援「Create!Webフロー Cloud」2ヶ月間無料トライアル


[画像: (リンク ») ]


Create!Webフロー Cloudは、紙による申請・決裁業務をそのまま電子化できる、ワークフローシステムのクラウド版です。テレワークの導入により電子化・ペーパーレス化の課題が急浮上し、初めてワークフローシステムを検討するお客様でも、十分に検証いただくため、通常1ヶ月間のトライアル期間を2ヶ月間に延長します。

■提供メニュー
Create!Webフロー Cloudのすべての機能(基本機能+構築・管理機能)を提供します。
・ご利用をサポートするチュートリアルを用意しました。
・Web会議による機能説明や操作方法のデモンストレーションを随時実施しています。

また、通常はご契約ユーザー様向けの「ワークフロー構築相談会」を、ご希望に応じてこのトライアル期間中にも実施します。ワークフロー構築相談会では、お客様の具体的な業務に合わせたワークフロー構築手順のレクチャーなど、弊社サポートエンジニアがお客様の課題解決をサポートします。
なおこちらは、導入を前提とされたお客様向けの導入支援メニューとなります。

■提供期間
・お申し込み受付期間:2021年4月26日(月) ~ 2021年6月30日(水)
・トライアル期間:ご利用開始日より2ヶ月間

■対象
テレワーク推進やペーパーレスによる業務効率化など、ワークフローに関係する課題をお持ちのすべての企業・団体のお客様が対象です。

■お申し込み方法
お申し込みにつきましては、下記ページの入力フォームより承ります。
<Create!Webフロー Cloud トライアルお申し込み>
(リンク »)

Create!Webフロー Cloud のサービス内容につきましては、下記ページでご確認ください。
<Create!Webフロー Cloud>
(リンク »)



ワークフローシステム「Create!Webフロー」について

Create!Webフローは、紙による申請・決裁業務を そのまま電子化するためのワークフローシステムです。
2004年4月に発売して以来、様々な業種業態のお客様にご利用いただいております。

昨今では、テレワークを推進される企業様より、押印をともなう紙の申請書・稟議書の電子化やWebで承認業務を完結する目的で導入いただくことが増えてまいりました。お客様からは「自宅や外出先などからも利用できるため、書類の提出や押印のために出社する必要がなくなった」とのお声をいただいております。

Create!Webフローは、時間や場所に囚われない働き方を支援します。

<Create!Webフロー 製品サイト>
(リンク »)

<Create!Webフロー 紹介動画>
[動画: (リンク ») ]



■この内容に対するお問い合わせ
インフォテック株式会社 Create!Webフロー担当
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25
<お問い合わせフォーム>
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]