編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

AMD Ryzen(TM) Embedded V2000を搭載したCOM Express Type6モジュール製品「SOM-6872」を発表

アドバンテック株式会社

From: PR TIMES

2021-04-23 16:47



[画像1: (リンク ») ]

産業用コンピュータの分野において世界トップシェアのアドバンテック株式会社(Advantech Co., Ltd. 本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、以下アドバンテック)は、AMD Ryzen(TM) Embedded V2000を搭載したCOM Express Type6モジュール製品「SOM-6872」を発表しました。

このコンパクトでパワフルな「SOM-6872」は、8 xコア・16 xスレッド、ターボブースト(最大4.25 GHz)、4台の同時画面表示(4K)をサポートしており、また組込みのI/Oインターフェイスで、グラフィックカードを使わなくても高性能なグラフィックパフォーマンスを実現できます。このソリューションは、デジタルサイネージ、医療用イメージング、マシンビジョン、ゲーム、およびその他のグラフィックを多く用いるアプリケーションに最適なモジュール製品です。

COM Expressコンパクトモジュールで、圧倒的なパフォーマンス性能を実現
パワフルな性能を維持しながら消費電力を抑えかつコンパクトにすることは、設計者にとって重要なタスクです。この中でもSOM-6872は、強力かつコンパクト、それでいてエネルギー効率の高いソリューションに対する要件を同時にクリアしたモジュール製品です。サイズが僅か95 x 95 mm・10~25W&35~54WのSKUから選択することができ、COM Express Basicモデルと比較すると「24%」もの小型化に成功しました。こうしたコンパクトなサイズであるにも関わらず、PASSMARK Performance Test V10.1 21716という驚異的なCPU性能を保持しています。この数値は、前世代CPUの87%アップしていることを示しており、サーバーグレードで用いられるCPUパフォーマンスに匹敵する数値です。また、こうしたCPUパフォーマンスだけでなく、USB 3.2 Gen 2、PCIe Gen 3、GbE、SATA 3、4Kディスプレイへの接続インターフェイス(DP ++・HDMI・VGA・LVDS)に対応しています。さらに、オンボードTPMと64GB ECC /非ECCメモリで、セキュリティと信頼性をサポートしています。このように、 SOM-6872を用いて、コストをかけず設計を変更でき、優れた性能と省スペースで組込むことができます。

ミドルからハイエンド向けのシステムにも組込みが可能
AMDの7nmテクノロジーとZen2アーキテクチャで、V2000 SoCは、ワットあたりのパフォーマンスを2倍向上させることができます。 V2000 10~25W SKUはモバイルCPUの中で45Wレベル、35~54WのSKUは、デスクトップCPUの中で95Wレベルのパフォーマンスを記録しています。

54W TDPを用いたSOM-6872であると、アドバンテック独自のサーマルソリューションであるQuadro Flow Cooling System(QFCS)を使用して、スロットルなしで100%のパフォーマンスを維持できます。また、TDPはお好みの範囲から選択することができるので(10~25W & 35~54W)、ミドルからハイエンド向けのシステムにも組込むことが可能です。

また、アドバンテックは、受注から生産までの全てのご要望にお応えするデザイン・イン・サービスの経験から、産業デバイスのプロフェッショナルが最適な「設計リファレンス」「幅広い評価キャリアボード」をご提供いたします。

アドバンテック独自の管理ソフトウェアで安全・安心サポート
SOM-6872は、アドバンテック独自の管理ソフトウェアであるiManagerに対応しており、I/Oインターフェイス制御・監視を常時リアルタイムで行うことができます。また、WISE-DeviceOnにも対応しており、システム状態のリモート監視・無線でのプログラム更新・システム誤動作の予防を実行できます。さらに、BIOSストレージ保護・セキュアブート・BIOS電源管理機能をサポートしています。

主な特長

[画像2: (リンク ») ]

・COM Express R3.0 Type 6モジュール製品
・AMD Embedded Ryzen 7nm SoC – V2000 APU
・最大64GBのデュアルチャネルDDR4 SODIMMをサポート(ECCと非ECCともに対応)
・高速I / O:2x USB 3.2 Gen2、1x PCIe x8 Gen3、8x PCIe x1 Gen3、2x SATA3.0
・4台同時画面表示(DP ++、HDMI、VGA、LVDS)
・iManager、組み込みソフトウェアAPI、およびWISE-DeviceOnをサポート

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドバンテック株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]