編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

三菱重工交通・建設エンジニアリングと成田国際空港が共同開発契約を締結~世界初、ICT・IoT技術を活用した完全無人自動運転・旅客搭乗橋の実装目指す~

三菱重工業株式会社

From: PR TIMES

2021-04-26 14:47

◆ 自動化により、作業の高度化・効率化を図るとともに、労働力不足に起因する課題の解決に貢献
◆ 4月20日から自動運転機能の実運用を開始、2025年9月に完全無人自動運転の実用化を目指す



[画像1: (リンク ») ]

三菱重工グループの三菱重工交通・建設エンジニアリング株式会社(社長:磯田 厚志、本社:横浜市西区)は、日本最大の国際拠点空港である成田国際空港株式会社(本社:千葉県成田市)との間で、ICT・IoT技術を活用した世界初の完全無人自動運転による旅客搭乗橋(ターミナルビルと航空機を接続する旅客サービス設備)の実装に向けた共同開発契約を締結しました。無人での旅客搭乗橋装着を可能とすることで、空港ターミナルビルにおけるグランドハンドリング作業の高度化・効率化を図るとともに、労働力不足に起因する課題の解決に貢献します。

プロジェクトの第一弾として4月20日から、同空港第2旅客ターミナルの67番搭乗口において、安全で高効率かつ高精度に旅客搭乗橋を装着する自動運転機能の実運用を開始しました。カメラ映像を画像解析することで航空機ドアを認識、操作パネルのレバーを前に倒すだけの操作で、旅客搭乗橋の移動から飛行機へ搭乗橋を装着する手前までを自動運転します。

プロジェクトは今後、タブレットなどの操作パネルによる遠隔操作や2基以上の旅客搭乗橋を機体に同時装着するなどといった、自動運転の機能向上に寄与する技術を順次開発し、最終的には「人の手を介さず航空機に装着可能な世界初の完全無人自動運転旅客搭乗橋」の実現を目指す計画です。この自動運転技術は、広島県三原市にある広島空港の旅客搭乗橋5基へ採用されることが決まっており、引き続き各空港へ納入予定です。

三菱重工交通・建設エンジニアリングは、世界初の完全無人自動運転旅客搭乗橋開発を通じて、空港内作業の高効率化・高精度化を実現するとともに乗客の安全性と快適性を提供し、交通インフラの円滑な運行に引き続き貢献していきます。
[画像2: (リンク ») ]

■三菱重工業株式会社
ウェブサイト: (リンク »)
オンラインマガジン「SPECTRA」(日本語): (リンク »)
公式Twitter:@MHI_GroupJP

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]