編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ラトックシステムと第一工業、協業で酒造の品温管理支援を強化

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2021-05-14 16:47

~「もろみ日誌」と連携して品温管理機器をIoT化~

ラトックシステム株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:近藤 正和、以下「ラトックシステム」)は、第一工業(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社長:井上 敦司、以下「第一工業」)と協業し、酒造現場向けIoTシステム「もろみ日誌」を品温管理機器と連携、品温を自動調節しながら遠隔監視もできるシステムとして展開を強化します。



[画像1: (リンク ») ]


■協業の概要および目的

日本酒の酒造現場では負担を軽減するため、もろみの品温を自動管理できる制御タンクなどの導入が進んでいます。一方、きめ細かな品温管理が必要なため、並行して品温確認と設定調整をおこなっているケースが多くあります。そんな中、遠隔から温度管理ができるIoT化へのニーズが高まっています。

この度、酒蔵向け品温管理機器の開発で実績のある第一工業と、酒造向けIoTシステムの開発をおこなうラトックシステムの2社協業により、品温管理機器とIoTシステムの連携を実現します。離れた場所からスマートフォンで、品温管理機器で計測している温度の確認と異常時の通知を受信。パソコンでは蓄積データの事績管理がおこなえます。さらに、スマートフォンから品温管理機器の設定温度の変更にも対応予定です。
[画像2: (リンク ») ]

第一工業社製の品温管理機器「デジタル式電磁弁サーモセット」をIoT化した本システムは、6月1日(火)から4 日間、愛知スカイエキスポ (愛知県国際展示場)にておこなわれるFOOMA JAPAN 2021にデモにて参考展示を予定しています。ラトックブース(D-145)と第一工業ブース(B-252)の両方でご覧いただけます。

■利用イメージ

品温管理機器は、ゲートウェイを経由してLTE-M通信でクラウドに接続します。もろみ日誌のセンサーを用いたシステムとクラウドは共通で、混在が可能です。すでにデジタル式電磁弁サーモセット(SVS-R25A4)を導入済みの場合は、変換ユニットを組み込み改造することで遠隔監視システムに対応可能です。
[画像3: (リンク ») ]


■今後の展開

今後は品温連携機能を強化。温度の確認だけでなく、品温管理機器の設定温度の変更も遠隔から可能とします。また、自社開発の強みを活かし、酒造に関わるさまざまな機器やシステムと、ハードウェア変換やクラウド連携、アプリへの取り込みによる連携を図っていきます。
[画像4: (リンク ») ]

■ラトックシステムについて
設立:1983年10月13日
代表取締役社長:近藤 正和
所在地:大阪府大阪市浪速区敷津東1-6-14
URL: (リンク ») (法人様向けサイト)
事業内容 :創業1983年。パソコン・スマートフォン関連のハードウェア、ファームウェア、アプリをワンストップで開発、販売しています。IoTデバイス開発とAWSクラウド連携によるシステムづくりを強みとし、自社システムのほか、お客様システムへの組み込み需要にも応えています。

■第一工業について
設立:1958年3月1日
代表取締役社長:井上 敦司
所在地:兵庫県姫路市保城474
URL: (リンク »)
事業内容 :創業以来60余年、冷水+1℃の冷水機を主とした、冷凍機応用製品の設計製作・販売施工を行っております。酒造メーカ様へは冷水機のみならず、冷熱源機器・品温管理機器を幅広くご愛顧頂いております。食の安全安心への取組み、IoTサービスを取入れた製品を充実することで、酒造業界のさらなる発展に寄与すると考えております。

■FOOMA JAPAN 2021(国際食品工業展)出展について
「FOOMA JAPAN」(主催:一般社団法人日本食品機械工業会)は、食品機械の最先端テクノロジー・製品・サービスなどを展示するアジア最大級「食の技術」の総合トレードショーです。当社ブースでは、食品の品質管理・衛生管理に欠かせない、温度の記録や確認などをIoT化する2つのサービスをご紹介します。

名称:FOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展)
会期:2021年6月1日(火)~4日(金)の4日間 10:00~17:00
会場:愛知スカイエキスポ (Aichi Sky Expo 愛知県国際展示場)
入場料:1,000円(税込)※公式WEBサイトでの来場事前登録で無料
公式サイト: (リンク »)
当社ブース:D-145

■関連URL
もろみ日誌
(リンク »)

■お客様からのお問い合わせ先
ラトックシステム 東京支店 コーポレート・ソリューショングループ
Mail: (リンク »)
TEL:03-5847-7600

■報道関係者からのお問い合わせ
ラトックシステム 広報(担当:大塚)
Mail: (リンク »)
TEL:06-6633-6744

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]