編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ラトックシステム、FOOMA JAPAN 2021に出展

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2021-05-14 16:47

食品・酒造に特化したIoT温度管理システムを展示

ラトックシステム株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:近藤 正和、以下「ラトックシステム」)は、6月1日(火)から6月4日(金)までの4 日間、愛知スカイエキスポ (愛知県国際展示場)で開催される 「FOOMA JAPAN 2021(国際食品工業展)」に出展します。



[画像1: (リンク ») ]



「FOOMA JAPAN」(主催:一般社団法人日本食品機械工業会)は、食品機械の最先端テクノロジー・製品・サービスなどを展示するアジア最大級「食の技術」の総合トレードショーで、今回が44回目の開催です。当社は、労働力不足・省人化を解決する自動化の最先端「エンジニアリング・ロボット・IoT分野」企業として初出展、食品工場および酒蔵向け温度管理システムを展示します。

ご来場の際は、ぜひ弊社ブースD-145へお立寄りいただきますようお願いいたします。

■出展製品・サービス

展示会場では、食品の品質管理・衛生管理に欠かせない、温度の記録や確認などをIoT化する2つのサービスをご紹介します。ブース内には、5月に新登場のWi-Fi CO2センサーもデモ展示します。

[画像2: (リンク ») ]

(1)HACCP対応温度管理システム「ハサレポ」
   ~プレハブ冷蔵庫もおまかせ!食品保管温度をいつでも確認、記録
    (リンク »)

ハサレポは食品保管場所の温度管理に特化したシステムで、センサーで自動収集したデータはいつでも確認可能、温度異常時には警報を通知します。会場ではプレハブ冷蔵庫の2か所同時計測での使用例や、カット野菜洗浄時などの水温計測をご紹介します。

[画像3: (リンク ») ]

(2)酒造品温モニタリングシステム「もろみ日誌」
   ~品温管理機器との連携にも対応!品温を自動管理しながら確認、記録
    (リンク »)

酒造3工程(もろみ、酒母、麹)の品温を確認、記録。パソコンとスマホを使った事績管理や帳票出力ができる、酒造現場のためのシステムです。当社製品温センサーに加えて、第一工業社製の品温管理機器(デジタル式電磁弁サーモセット)とのコラボ製品を展示予定です。

関連リリース:ラトックシステムと第一工業、協業で酒造の品温管理支援を強化
(リンク »)

[画像4: (リンク ») ]

(3)Wi-Fi CO2センサー
   ~CO2濃度から密を把握して換気、施設内の感染防止対策に~
    (リンク »)

高精度CO2センサーで密を見える化、計測値はクラウドに蓄積されます。店舗や事務所の計測データを一元管理。月額無料アプリ「エアミル2 W」で計測値やグラフを確認できるほか、お客様システムへの組み込みのご相談にも応じます。

■FOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展) 開催概要
名称: FOOMA JAPAN 2021 (国際食品工業展)
会期 : 2021年6月1日(火)~4日(金)の4日間 10:00~17:00
会場 : 愛知スカイエキスポ (Aichi Sky Expo 愛知県国際展示場)全館使用
(中部国際空港(セントレア)に直結、徒歩5分)
入場料 : 1,000円(税込)※公式WEBサイトでの来場事前登録で無料
主催 : 一般社団法人 日本食品機械工業会
公式サイト : (リンク »)
当社ブース : D-145

▼ お客様からのお問い合わせ
 ラトックシステム 東京支店
 コーポレート・ソリューショングループ
 Mail: (リンク »)
 TEL:03-5847-7600(代)

▼ 報道関係の方からのお問い合わせ
 ラトックシステム 広報(担当:大塚)
 Mail: (リンク »)
 TEL:06-6633-6744

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]